スクリーンリーダー用ショートカット

 

旧宮城村の概要(位置・地勢・面積)

最終更新日:2011年10月4日(火)ページID:002863印刷する

旧宮城村の概要(位置・地勢・面積)について掲載しています。

群馬県のほぼ中央部に位置し、県都前橋市の中心部から約10キロメートルの距離にある自然豊かな村。北と西は富士見村、南は大胡町、東は粕川村に接していました。
村の面積は48.15平方キロメートルで、東西5.5キロメートル、南北18.0キロメートルと南北に細長い地形。村域は赤城山の南麓にあり、関東平野を眺望する傾斜地で、標高400メートルを付近を境に、北側は急傾斜地で山林が多く、南側はなだらかな傾斜地で農地や宅地が広がります。
赤城山頂付近を水源とする荒砥川、大穴川が村内を流れ、また、粕川が隣接する粕川村との境界でした。

お問い合わせ先

宮城支所 

  • 電話:027-283-2131
  • ファクス:027-283-2358

〒371-0294 群馬県前橋市鼻毛石町1507番地4(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)