スクリーンリーダー用ショートカット

 

旧粕川村の概要(歴史)

最終更新日:2011年9月30日(金)ページID:002891印刷する

旧粕川村の歴史について掲載しています。

粕川村は、赤城山南面のほぼ中央部に位置し、雄大な赤城山を背景にその山頂にある火口湖「小沼」を源流とする一級河川「粕川」が中央部を流れる緑豊かな自然環境に恵まれていました。はるか古代には赤城の神の信仰を集め、中世には戦国武将の攻防地となり、近世には市が開かれる宿場町としても栄えました。村内には、駒止め池と逆梅、膳の素肌攻め、桜の馬場など多くの伝説の場所があります。
明治22年(1889年)、江戸時代の14カ村を合併して粕川村が誕生。以来115年の歴史の上で着実に繁栄してきました。近年では、北関東自動車道が伊勢崎ICまで開通したことよって首都圏及び近県からのアクセスも充実。企業の進出により工業化が進んで就業構造も変わり、準農村地帯から都市近郊型農村へと移り変わってきています。
そして、平成16年12月5日に、大胡町・宮城村とともに前橋市へ合併しました。

お問い合わせ先

粕川支所 

  • 電話:027-285-4111
  • ファクス:027-285-5227

〒371-0217 群馬県前橋市粕川町西田面216番地1(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)