スクリーンリーダー用ショートカット

 

旧富士見村の概要(村の木、花、鳥)

最終更新日:2011年9月30日(金)ページID:003747印刷する

旧富士見村の木、花、鳥について掲載しています。

村の木(くろまつ)

郷土の偉人船津伝次平翁が、江戸時代末期に赤城山南ろくに植えた「くろまつ」の林は、長年にわたって富士見村に大きな恵みを与え、また、災害から守ってきた。その力強い樹形と緑は村民の理想である。

村の花(れんげつつじ)

「れんげつつじ」は、つつじ科17種ほどの中の1種で、本村では古くから馬つつじとも言われ、赤城山山頂付近に群生している。6月、山肌を淡朱色(たんしゆしよく)に染める花のかれんさは多くの人々に親しまれている。

村の鳥(きじ)

「きじ」は、富士見村の山野に広く生息していて、昔からよく知られた鳥である。その姿は、高い気品とすばらしい活動力にあふれ、日本の鳥としても代表的で、国鳥にも指定されている。

お問い合わせ先

富士見支所 

  • 電話:027-288-2211
  • ファクス:027-288-2214

〒371-0192 群馬県前橋市富士見町田島240(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)