スクリーンリーダー用ショートカット

 

天川原町一丁目《平成27年度総合防災訓練・子供達の芋掘り体験》

最終更新日:2016年8月5日(金)ページID:015557印刷する

※このページは、前橋市が各地区に設置している地域担当専門員が、地域の行事に参加をした内容をまとめ、作成したものです。
 なお、地域担当専門員は、地域の主体的な活動を支援する役割を果たし、また地域と行政のパイプ役を果たす事を目的に設置されています。

天川原町一丁目《平成27年度総合防災訓練・子供達の芋掘り体験》   

 10月18日(日)天川原町一丁目自治会では、天川原町中央公園で自主防災会による総合防災訓練を行いました。
 また防災訓練に先立ち、10月10日(土)天川原町中央公園の一角で栽培されているサツマ芋を収穫しました。サツマ芋は防災訓練で炊き出し訓練用として活用されます。        
                                           地域担当専門員・武藤

【関連情報リンク】
天川地区地域づくり協議会

10月10日(土)子供達の芋掘り体験

 サツマ芋は、6月に子供達の手によって植え付けられ、公園愛護会の皆さんや自治会の役員さんが草取りやつる返しなど手入れを行い、今日の収穫となりました。
 今年は夏の長雨の影響が心配されましたが、つるの下には紅色の大きな芋が現われ、子供達の芋ほりにも力が入ります。
 大きく育った芋は地中にどっしりと根付き、びくともしません。
 役員さんがイモの周りをスコップで掘りやっと収穫となりました。
 収穫された芋は、10月18日に行う総合防災訓練の炊き出し用として使われるほか、収穫に参加した子供達に振舞われました。       

6月苗の植え付け

6月に苗の植え付けをしました

勢いの良い葉です

葉の下には大きなサツマ芋があるかな

芋掘りの開始です

葉を刈り取り一斉に堀始めました

大きな芋が現われた

大きな芋が現われました

大収穫です

大収穫です

だいぶ採れました

取り残しが無いよう

 10月18日(日)総合防災訓練                                                                                                   

 天川原町一丁目自主防災会(堀 正純 会長)は、平成21年5月に設立され毎年1回防災訓練を実施しています。 
 今年も、災害時の集合場所である天川原中央公園で実施されました。
 訓練は前橋中央消防署、前橋市危機管理室の職員が講師となり、消火器による初期消火、バケツリレー消火、ブルーシートを活用した簡易担架の作り方、搬送の方法などを体験しました。 
 また、非常時の炊き出し訓練としてサツマ芋をふかし、参加者に配られました。 
 堀会長は、「年1回の防災訓練だが、毎年行い、いざという時のために、地域の防災意識を高めていきたい。」と抱負を語っていました。
 

簡易担架の作り方

危機管理室による簡易担架の説明

簡易担架を作っています

参加者で作成してみます

運搬です

簡易担架で搬送の訓練

芋の炊き出し

炊き出し訓練・サツマイモを蒸かしています

バケツリレー消火

力を合わせ・バケツリレー消火

消火器による消火

消火器による初期消火

お問い合わせ先

生活課 

  • 電話:027-898-6236
  • ファクス:027-243-3522

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)