スクリーンリーダー用ショートカット

 

中央小学校第59回卒業式(2015)

最終更新日:2016年3月25日(金)ページID:016219印刷する

※このページは、前橋市が各地区に設置している地域担当専門員が、地域の行事に参加をした内容をまとめ、作成したものです。
 なお、地域担当専門員は、地域の主体的な活動を支援する役割を果たし、また、地域と行政のパイプ役を果たす事を目的に設置されています。

中央小学校で最後の卒業式です

 3月24日(木)、中央小学校として最後となる「中央小学校第59回卒業式」が挙行されました。
 中央小学校は、昭和32年4月1日に開校して以来59年、地域の方々の温かい応援をいただきながら発展してきており、これまで多くの卒業生を送り出し、本日29名の卒業生を加えて通算6,029名の子ども達が巣立っていきました。
 「校庭の「くすの木」のように変化する時代をたくましく生き抜く児童を育てる」という基本的な教育目標のもと、職員とPTAの方々が力を合わせて「心ゆたかな子」、「進んで学ぶ子」、「たくましい子」を育んできました。
 そして、4月1日に桃井小学校と統合することから、より良き未来を見据え「希望」と「共生」をキーワードにして地域の方々の多くの支援をいただきながら、子ども達は力を合わせて今日まで学習や活動に取り組んで来ました。
 卒業証書授与では、卒業生1人ひとりが、6年間の思い出や感謝の言葉を、さらに中学生になってからの抱負や将来の希望をしっかりと述べていました。
 続いて、校長先生の式辞、教育委員会告辞、市長(代理)、PTA会長等からの祝辞をいただき、「別れの言葉」では卒業生の呼びかけに対して在校生の5、4年生も力強く応えていました。
 大きな声を出しながら、楽しかったことや頑張ったことが思い出されて、涙を拭く子もいました。それを見守る保護者、先生、地域の方々にも目頭を押える方がいらっしゃいました。
 そんな温かで厳かな雰囲気のなか、卒業生は希望に胸をふくらませながら会場を退場し、卒業式が無事に終了しました。

 中央小学校は、4月から桃井小学校と統合することで、中央小学校としての卒業式はこれが最後となりましたが、桃井小学校の新校舎が完成するまでの2年間は、この中央小学校の校舎を使用しますので、これまで通りこの場所で子ども達の明るい笑顔が見られます。               

                          地域担当専門員:松村

入場
緊張の面持ちで卒業生が入場
卒業証書授与
卒業証書の授与
校長式辞
武居校長先生の式辞
教委告辞
佐藤教育長教育委員会告辞
市長代理祝辞
糸市長代理の祝辞
PTA会長祝辞
渡邉PTA会長の祝辞
別れの言葉
卒業生全員で「別れの言葉」
保護者代表謝辞
保護者代表の謝辞
退場
希望を胸に旅立ちます

お問い合わせ先

生活課 

  • 電話:027-898-6236
  • ファクス:027-243-3522

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)