スクリーンリーダー用ショートカット

 

城東町四丁目の「ふれあいの部屋」が開催されました

最終更新日:2016年8月30日(火)ページID:016977印刷する

※このページは、前橋市が各地区に設置している地域担当専門員が、地域の行事に参加をした内容をまとめ、作成したものです。
 なお、地域担当専門員は、地域の主体的な活動を支援する役割を果たし、また、地域と行政のパイプ役を果たす事を目的に設置されています。

音楽でサロンは笑顔がいっぱい

 8月26日(金)、城東町四丁目会館において「城東町四丁目ふれあいの部屋(サロン)」が開かれました。
 城東町四丁目のサロンは、基本的に毎月最終金曜日に開催されていて、生涯学習奨励員と民生委員さんが中心になって運営されています。
 今年はこれまで、健康に関する出前講座の受講をしたり、広告紙を活用した編み篭づくりやカードゲームなどを行っています。
 普段外出する機会の少ないお年寄りを中心に地域の交流を図るため、17~18年前から実施しているそうです。
 本日は、生涯学習奨励員の茂木さんの司会進行により開会され、参加者は、担い手さんも含めて、男性2名、女性22名の計24名でした。 

 今回、前橋市の出前講座を利用して「音楽会」を行いましたが、この「出前講座」は、市民の市政に関する関心を高め、理解を深めることによってまちづくりを推進することを目的に、平成11年1月からスタートした制度で、市職員が市民等の団体の主催する集会等に出向き、市政の説明や専門知識を「講座」という形で提供するものです。人気も高く、年々実績数を伸ばし、昨年度は300件近い講座を実施しています。
 そして、制度の更なる充実と市職員が各人の特技を活かした活躍の場を広げられるよう、昨年度から職員講師による出前講座もメニューに加えました。
 その中で、最も高い人気を得ているのが、今回出演いただいた3人の方々です。
 吉井さん(トランペット)、宇多さん(クラリネット)、上原さん(サックス)が、それぞれの楽器の紹介を行い、その後、資料に基づき「流行歌で綴る昭和史」を解説し、参加者は懐かしい昔話につられて、自分達の「あの頃」を話し合っていました。
 また、楽器演奏では、歌詞カードを見ながら参加者全員で大きな声を出して合唱し、皆さんの笑顔が部屋全体にあふれていました。
                       
                                  地域担当専門員:松村

講師紹介
講師の紹介
楽器紹介
楽器(クラリネット)の紹介
演奏開始
演奏が開始されました
演奏舞台から
演奏の様子(舞台側から)
大声で歌う参加者
皆な大きな声で合唱
演者と参加者
演奏者と参加者が一体に
東京ブギウギ
東京ブギウギ(ヘイ!!)
トランペットとサックス
トランペットとサックス
記念撮影
参加者と講師で記念撮影

お問い合わせ先

生活課 

  • 電話:027-898-6236
  • ファクス:027-243-3522

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)