スクリーンリーダー用ショートカット

 

第66回「前橋七夕まつり」(2016)が開催

最終更新日:2017年7月19日(水)ページID:016747印刷する

※このページは、前橋市が各地区に設置している地域担当専門員が、地域の行事に参加をした内容をまとめ、作成したものです。
 なお、地域担当専門員は、地域の主体的な活動を支援する役割を果たし、また、地域と行政のパイプ役を果たす事を目的に設置されています。

 七夕まつりに大勢の人が訪れました

  7月7日(木)から10日(日)までの4日間、第66回「前橋七夕まつり」が中心商店街をメイン会場に開催されました。
 前橋市の三大まつり(七夕まつり、前橋まつり、初市まつり)の1つで、夏を代表する風物詩でもあります。

 千代田通りと銀座通りでは、市内の幼稚園や保育園の園児の手作りによる七夕飾りが、また、オリオン通りには、福祉施設等が作成した飾りが展示され、さらに弁天通には、中学校の美術部の作品も展示されていました。
 そして、中央通りでは、それぞれの店が工夫した七夕飾りが競い合います。
 立川町大通りでは、週末に車両の通行を禁止して自衛隊の車両や白バイ、パトカー、消防車両や地震体験車が並びました。普段あまり見ることのない乗り物に子ども達も大喜びで試乗したり、記念写真を撮ったりしていました。
 「ゆかた」をキーワードにしたイベントも行われていて、無料の着付けサービスやゆかた姿で買物や飲食をすると、お得なサービスが受けられます。
 地域づくり関連団体としては、天川地区地域づくり協議会、南橘地区の子育てグループ、市民活動支援センター(Mサポ)が飾りコンクールに参加し、天川地区地域づくり協議会は、朝日新聞社賞を、南橘の「すくすく子育て教室」は、前橋市商店街総連合会長賞をそれぞれ受賞しました。 

 梅雨の影響で、土曜日には一時雨が降りましたが、日曜日には抜けるような青空となり、多くの人が街なかを訪れ、前に進むのも大変な混雑ぶりでした。
 そして、約650もの多くの七夕飾りで街なかは彩られ、訪れた人達の目を楽しませてくれました。                    

                          地域担当専門員:松村

準備の様子(中央通り)
準備の様子(中央通り)
飾り付け終了
飾付けが終了し、審査
千代田通り
大勢の人出(千代田通り)
銀座通り
賑わう様子(銀座通り)
中央通り
豪華な飾り物(中央通り)
中央通りのゴジラ
ゴジラが空を飛んでます
弁天通り
弁天通り南側入り口
南橘
笑顔のひまわり畑(南橘)
天川
朝日新聞社賞受賞(天川)
パトカー
パトカー試乗(立川町大通り)
自衛隊
自衛隊の車両(立川町大通り)
消防
地震体験車に行列が

お問い合わせ先

生活課 

  • 電話:027-898-6236
  • ファクス:027-243-3522

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)