スクリーンリーダー用ショートカット

 

「生涯学習フェスティバル2016」が開催されました

最終更新日:2016年8月30日(火)ページID:016980印刷する

※このページは、前橋市が各地区に設置している地域担当専門員が、地域の行事に参加をした内容をまとめ、作成したものです。
 なお、地域担当専門員は、地域の主体的な活動を支援する役割を果たし、また、地域と行政のパイプ役を果たす事を目的に設置されています。

生涯学習の祭典で日頃の活動成果を披露 

 8月27日(土)、28日(日)の両日、「生涯学習フェスティバル2016」が前橋プラザ元気21の「にぎわいホール」(1階)と中央公民館ホール及びホワイエ(3階)を会場に開催されました。
 本市の生涯学習奨励員制度は、昭和61年度に県下の市町村に先駆けて発足して、平成28年度で30周年を迎えた長い歴史と実績があります。
 これまでも、それぞれの地域に根ざした生涯学習活動を奨励することで、住みよい「まちづくり」を進めてきました。
 地域の課題を地域住民自らが解決していくことや自分達のまちは自分達で良くしていこうという「まちづくり」が重要となっておりますが、各町の生涯学習奨励員さんが、それぞれの地域で生涯学習の推進や実践を行うとともに、地区の地域づくり、自治会の事業や行事に積極的に参加し、精力的に活動されています。
 

 「生涯学習フェスティバル2016」の内容としては、1階の「にぎわいホール」では各自体会で発行している広報紙の展示が行われました。その内容を見ますと各地域で展開されている事業や行事は幅広く、生涯学習奨励員の皆さんが工夫しながら生涯学習を実践されていることが伝わってきます。
 その他、同じフロアでテーマ展示「わがまち紹介」、紙芝居や絵本の読み聞かせ、昔遊び・リサイクル工作ひろば、そして、台湾で数々の業績を残した郷土(旧富士見村出身)の偉人である「羽鳥重郎・羽鳥又男」を紹介するコーナーなどが設けられました。
 3階ホールでは、「市民のステージ」が行われ、ホワイエでは「秋元公歴史まつり」コーナーでの甲冑の着用と記念撮影、市民活動支援センターコーナーでは「バルーンアート」づくりを行うほか、専門学校・各種学校を紹介するコーナーなどを設けました。
 なお、「市民のステージ」では、琴や大正琴の演奏、コーラス、ゴスペルの歌唱、そして、フラダンス、日本舞踊など、46の出演団体が日頃の練習の成果をステージ上で披露されていました。         

                                   地域担当専門員:松村

市長挨拶
山本市長挨拶
教育次長挨拶
塩崎指導担当次長挨拶
大井会長挨拶
大井前奨連会長挨拶
チンドンクラブ
チンドン倶楽部の登場です
ころとん
「ころとん」も応援に来ました
フラダンス
市民ステージの最初はフラダンス
コーラス
コーラス
太極拳
太極拳の演技
踊り
「人生夢太鼓」(踊り)
琴演奏
お琴の演奏
オカリナ演奏
オカリナの演奏
広報紙まつり
「広報紙まつり」に人だかり
わがまち紹介
「わがまち紹介」コーナー
羽鳥コーナー
羽鳥重郎、又男コーナー
昔遊び
子供で賑う昔遊びコーナー
紙芝居
夢中で紙芝居を見ています
甲冑で記念撮影
甲冑を着けて記念撮影
バルーンアート
バルーンアート(Mサポ)
専門学校コーナー
専門学校コーナー
国立赤城
缶バッジづくり(国立赤城)
スマホの学校
スマホの学校

お問い合わせ先

生活課 

  • 電話:027-898-6236
  • ファクス:027-243-3522

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)