スクリーンリーダー用ショートカット

 

【協働事業を募集します】平成30年度 市民提案型パートナーシップ事業

最終更新日:2018年7月24日(火)ページID:019756印刷する

市民と行政が一緒に取り組む「まえばし市民提案型パートナーシップ事業」の事業提案を募集します。
この事業は市民と行政とのパートナーシップづくりを促し、多様な主体により様々な市民サービスが提供される豊かな地域社会と、誰もが安心していきいきと暮らせるまちをつくることを目的としています。

まえばし市民提案型パートナーシップ事業とは?

市民の皆さんから提案された事業を、あらかじめ設置した「審査委員会」により審査・採択し、市民と行政が対等な立場で、それぞれ役割を担って実施するというものです。
市からの事業負担金額は、1事業あたり上限80万円/年で事業の実施は平成31年4月以降となります。

詳しくは募集要項をご覧ください。 

募集する事業のテーマ

1.自由テーマ 
市民の皆さんが日頃から課題だと感じていることを解決するための事業や、前橋に役立つと思う事業を、市と協働で実施する形で自由に提案してください。

2.規定テーマ
市からあらかじめテーマを提示し、これに関する事業提案を募集するものです。規定テーマは下記のとおりです。 なお、規定テーマに応募の場合、事前に市担当課へご相談ください。

No

規定テーマとその概要

市担当課

1 ◇関係人口創出事業

 

未来の芽創造課(シティプロモーション係)
電話:898-6513

観光以上定住未満という、1度きりの観光来訪ではなく、様々な想いを持って何度もその地を訪れるようになる人たちのことを「関係人口」と言います。

本格的な人口減少社会を迎える中で、その獲得が地域活性化や地域に変化を生み出す人材の獲得に期待できるとして注目されています。

新しい視点で本市における関係人口を増加させる事業提案を募集します。

2 ◇社会全体で子育てを応援する風土づくり

 

未来の芽創造課

(渉外係)

電話:898-6427

昨年7月に野村総合研究所が発表した「成長可能性都市ランキング」では、本市は「子育てしながら働ける環境がある」全国第2位にランキングされました。

その一方で、各種統計調査では、こうした本市の良いところや魅力が「市民に十分認知されていない」ことが明らかになっています。

子育てをテーマに本市の暮らしやすさを可視化する取り組みなど、「社会全体で子育てを応援する風土づくり」に寄与することを目的とした事業を募集します。
3 ◇まちなかリノベーション事業

  建築指導課

(建築安全係)
電話:898-6753

本市では、まちなかの遊休不動産が増え続け、行政だけでは解決できない事態となっています。本格的なストック重視型社会を迎え、持続可能な社会への転換を進めるため、民間のノウハウを生かした既存建築物の安全安心対策を踏まえたリノベーションの事業提案を募集します。
例:中心市街地に住みたくなる仕組みづくり、民間主導の行政参加型まちづくり
4 ◇まちなか不動産情報集約事業  

市街地整備課

(CCRC・計画推進室)
電話:898-6946

本市では住宅転用促進事業などでまちなかの遊休不動産を活用した事業を行っていますが、対象とする不動産を持たない事業検討者からの相談も多く、需要に応じた不動産情報を提供して事業を推進したいと考えています。
行政に来客する相談者と不動産を引き合わせるための、中立的な立場の不動産ネットワークやシステムが構築されること、また、不動産流通のベースに乗っていない潜在的な不動産資源の掘り起こしが進むような提案を募集します。

募集期間 

7月23日(月)から10月4日(木)まで

提案できる団体の要件

次に掲げる事項を全て満たすことを要件とします。

  1. 営利を目的とせず、公益的な活動を行う団体であること(NPO法人、市民活動団体、ボランティア団体、自治会、地域づくり協議会等)
  2. 団体の運営に関する規約や会則等があり、会計処理が適切に行われていること
  3. 提案した事業に係る実施体制が整っていること(人数は問いません。)
  4. 宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体及び暴力団や暴力団員の統制下にある団体でないこと

提案方法

事業提案書など次の提案に必要な書類を揃えて前橋市生活課地域づくり係まで郵送か直接お申し込みください。
※メールでの提出は受付できませんのでご注意ください。

  1. まえばし市民提案型パートナーシップ事業提案書 事業提案書(ワード形式:35KB)
  2. 団体の規約または会則など
  3. 役員・会員名簿
  4. その他団体の活動内容等がわかる資料(※ない場合は提出不要です) 

Mサポセミナー「協働入門」講座の開催

パートナーシップ事業において、重要な要素となる「協働」のあり方について、過去のパートナーシップ事業の実績を交えながら、基礎的なことを分かりやすく講演します。
日時:8月23日(木)午後7時から
場所:中央公民館 505学習室(前橋プラザ元気21 5F 住所:前橋市本町二丁目12-1)
講師:群馬大学 社会情報学科 准教授 小竹 裕人 さん
主催:前橋市市民活動支援センター(Mサポ)
(電話027-210-2196・FAX027‐237-0810・メール21@maebashi-shiminkatsudo.jp
申込:8月20日までに前橋市市民活動支援センターへ氏名・住所・電話番号をお伝えください。
「協働入門」チラシはこちら

事前説明会の実施

事業の内容や提出書類の作成方法等について次のとおり説明会を行います。事前申込は不要です。内容は同じですので、いずれかにお気軽にご参加ください。
日時:1回目 8月23日(木)午後7時から(Mサポセミナー「協働入門」と合同開催)
   2回目 9月4日(火)午後2時から
   3回目 9月4日(火)午後7時から
場所:1回目 前橋市中央公民館 505学習室(前橋プラザ元気21 5F 住所:前橋市本町二丁目12-1)
   2回目以降 前橋市中央公民館 501学習室

よりよい提案にするために・・・まずはお気軽にご相談を     

「 こんなことがしてみたいけど、実際に提案できるだろうか?」、「やりたいことはあるけど、手を組んでくれる課があるだろうか?」そんな疑問に前もって対応し、事業提案がよりよいものになるよう、「提案意向確認票」を受け付けますので、ご利用ください。
提案後は、パートナーとなる課との協議が必要になりますが、それまでは生活課地域づくり係にご連絡ください。提案書類の作成方法や事業内容、事業費などの積算に関するご相談も受け付けます。

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

生活課 地域づくり係

  • 電話:027-898-6510
  • ファクス:027-243-3522

群馬県前橋市大手町二丁目12-1(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)