スクリーンリーダー用ショートカット

 

天川地区地域づくり協議会 平成24年度の活動紹介

最終更新日:2015年8月5日(水)ページID:003837印刷する

天川地区地域づくり推進協議会の活動です

写真で振り返る24年度の活動

  • 2月13日   天川小学校1年生「むかし遊び」体験学習サポート・天小体育館・木の部屋
    メンコ初めての体験     竹馬
    メンコやあや取り、ゴムとび、竹馬など地域のおじいちゃんおばあちゃんが先生。
     
  • 1月13日  少年の日事業「どんど焼」・天小校庭
    齋藤会長火入れ     赤々と燃える達磨
    恒例の伝統行事、地域の協力で今年も盛大に行われました。
     
  • 12月8日   第1回芸能歌謡大会が開催・生涯学習センター
    開会前の打ち合わせ     町の有志男性カルテット
    新規の事業、歌も旨い、衣装もいい、雰囲気もプロ級。
     
  • 12月2日   少年の日事業「上毛かるた大会」・生涯学習センター
    ハーイ大きな声で     あちこちで熱戦
    礼に始まり、礼に終わる子供達も元気にハーイ。 
     
  • 12月2日 しめ縄づくり・和凧づくり生涯学習センター
    まずはわらをこう持って     子供達もしめ縄に挑戦
    藁の準備が大変、正月に備えてしめ縄づくり・和凧作り。
     
  • 11月10日 秋の健康フェアー「第4回グランドゴルフ大会」・天小校庭 
    ここはロングホール少し強めに     女性の部1,2,3位
    天候に恵まれての大会、子供も大人も楽しみました。
     
  • 10月27日 でんきくん「ほっとほっとコンサート」・生涯学習センター
    リーダーの菊池さん     全員参加  
    恒例となった地域挙げてのコンサート、懐かしいフォークが聞けました。      
     
  • 10月14日 第50回天川地区市民運動会・天小校庭
    地域発展レース     綱引き
    50回を記念する市民運動会、いつも以上に熱が入りました。
     
  • 9月15日「あそび隊」が講師となり天川小学校地区の土曜ひろば天小体育館
    「あそび隊」隊長     狙って狙って
    協議会の会員が講師となり、割り箸鉄砲をつくり的当ての競技。
     
  • 7月23日   25年2月に天川地区「地域自慢の写真展」を開催します。
                   天川地区の方 「参加作品大募集」(PDF形式:86KB) 
     
  • 7月14日   少年の日事業「マスのつかみ取り大会」・天小校庭・体育館
    つかまえたー     焼けた.熱いねー
    今年のマスは元気いっぱい、逃げる逃げる。
                
  • 6月7日     協議会総会が開催されました。

  • 6月2日     初夏の健康フェアー*ウォーキング大会地域内散策コース・天小体育館
    トラも参加     二子山まえ
    今年のウォーキングにはトラも参加、いい汗をかきました。 



     

天川地区地域づくり協議会方針

「地域連携事業部会」、「健康部会」、「福祉部会」の3つの部会の活動により、天川地区住民の交流をより深めるとともに地域づくり通信「ほっと2あまがわ」を発行し様々な情報を提供することにより、安全で安心して暮らせる地域づくりを進めます。
 
活動キーワード
『ほっと2あまがわ』(読み方 ほっとほっとあまがわ)
  ほっとライン(hot line) 人と人が信頼でつながる
  ほっと一息、ほっとする 安心できる、心優しいまち

ほっとほっと天川第1号(PDF形式:237KB)
ほっとほっと天川第2号(PDF形式:484KB)
ほっとほっと天川23年第1号(PDF形式:826KB)
ほっとほっと天川23年第2号(PDF形式:316KB)

平成24年度の活動内容

 平成24年6月7日(木)24年度の総会が開催されました。
    24年度事業はマップ隊による写真展パワーアップを計画、新たな事業として自治会連合会との連携事業により地域の輪をさらに広げる取り組みを進めます。
    ほっとほっとコーナーも活躍します。

平成24年度地域づくり協議会事業計画(PDF形式:75KB)

(1)健康部会 

  •   スポーツを通して住民一人ひとりの健康増進や疾病予防対策を進める中で住民同士の交流を図る。 
     

    2月24日(日)スマイルボーリング大会が開催されました。
       2月24日(日)天川小学校の体育館で天川地区体育協会・天川地区地域づくり協議会共催のスマイルボーリング大会が開催されました。
     参加者は小学生から高齢の方まで参加でき1チーム5名の構成、全町で16チームが参加しました。初めての子供にはベテランが投げ方を教えるなど、世代を超えた交流が図られる大会となりました。
       
       競技は投球位置からゲートを通過させ、チームで10本のピンをできるだけ少ない投球で倒すゲームで、幅広い年齢層が楽しめる競技となっています。
       参加の皆さん、思い思いの投球ホームで挑戦、ゲートに当てたり、途中で曲がったり、中にはストライクを出す人もおり、一投、一投大変な声援が送られていました。
       熱戦の結果、第一天川チームが優勝を飾りました。
       競技終了後には、食生活改善推進員手作りの暖かいトン汁が用意されており、美味い、美味いと大好評、参加の皆さん楽しい1日を過ごしました。
     
       どうだストライクか     構えはしっかり
       いったかー     暖かいトン汁

    11月10日(土)秋の健康フェアー「第4回グランドゴルフ大会」が開催されました。
       11月10日(土)天川小学校の校庭で、天川地区体育協会・天川地区地域づくり協議会共催のグランドゴルフ大会が開催されました。
     今回で第4回目となる大会は、秋の健康フェアーとして健康の増進や世代間交流を図ることを目的に、体育協会、地域づくり協議会が連携して取り組み、各町より腕自慢140名が参加した大きな大会となりました。
     競技は、個人戦で参加者が6名づつ24チームに別れ、24ホールを戦います。
       コースはロングとショートが設定してあり変化に富んだコースとなっており、ショートでは積極的に攻めホールインワンを狙うなど熱戦が繰り広げられました。
     最高スコアーは57打、平均で2.4打でした。ホールインワンを複数だす方もおり、レベルの高い大会となりました。

       全員そろい開会式です     1ホール目調子はどうか     ボールの行方は
         好天に恵まれプレー開始です、熱戦が始まりました
       何打ですか     朝日が眩しいです     ここはロングホール少し強めに
         ホールを狙い一心にクラブを振る、入れーーー 2打、3打、4打?
       全員見守っています     女性の部1,2,3位     男性の部1,2,3位     
         女子の部---左から2位の石原さん、優勝の渡辺さん、3位の高瀬さん
         男子の部---左から2位の岩佐さん、優勝の大田さん、3位の牛島さん

    ■  6月2日(土)初夏の健康フェアー*ウォーキング大会*が開催されました。 

       天川地区体育協会、天川地区地域づくり協議会では、健康増進と住民の交流を図るため、天川小学校で初夏の健康フェアー*ウォーキング大会*を開催、当日は晴天に恵まれ、70名を越える参加者がありました。
       コースは天川小学校を中心に約3.5km、いちょう並木、コブシ並木、かえで並木など新緑の香りが漂う中、5箇所のチェックポイントを経て約50分のウォーキングを楽しみました。コースの要所要所には防犯委員さんが立ち、安全の確保とチェックポイントでのチェックなど大活躍でした。
       ウォーキング終了後、市の保健師さん社会福祉協議会よる、呼気中一酸化炭素濃度測定(数値が喫煙状況を反映)・血圧・体脂肪・筋肉量測定による健康チェックが行われ、参加した皆さん、改めて健康管理を意識した生活が必要と実感していました。
      
    参考:開催のお知らせ(回覧)(PDF形式:145KB)

      スタートです    ここが先頭です    最初のチェックポイント
          さあースタートです            ここが先頭           パンダも活躍
      家族でウォーク    二子山まえ    八幡神社チェックポイント
            家族でウォーク               二子山前です       文二八幡神社ご利益は
      トラも参加    ニコチンの影響は    まだまだ若い
           トラも参加                  一酸化炭素濃度は?      体脂肪・筋肉量    

(2)地域連携事業部会 

  • 現在ある地域連携の事業を支援し、子どもから高齢者までの交流を深めたり、諸団体同士の連携を深め、現在の活動をさらに充実させていく。 


    ■  2月16・17日(土・日)ホットホットあまがわ写真展が開催されました。
      2月16・17日(土・日)、県生涯学習センター展示コーナーにおいて天川地区地域づくり協議会主催のホットホットあまがわ写真展が開催され、250人を超える来場者がありました。
       写真展は今回が2回目、7月より準備を始め夏の行事から冬の雪景色まで季節を越えた79点の応募があり、展示コーナー全面に展示され見ごたえのある写真展となりました。
      
       作品は、お祭りやこどもの行事、地区の行事、町内の風景、史跡など、時々の瞬間を切り取った力作ばかり、普段気がつかない風景や微笑ましい人物描写が来場者の足を止めていました。
       来場者の中には写真展の様子を見て、来年は是非出品したいと関係者を喜ばせていました。

      準備が整い開演です     見に来て頂いています
      しばしの歓談     受付です 

    2月13日天川小学校1年生「むかし遊び」体験学習のサポート。  
       天川小学校1年生と地域の人達が一緒に遊ぶ、むかし遊びの体験学習が行われました。
       これは、天川小学校の生活科の授業で「あそびの名人になろう」という題材で、お手玉・おはじき・あやとり・こま 回し・メンコ・だるま落とし・竹うま、など、今では遊ぶ機会が少なくなったむかしの遊びを地域の人達と一緒に体験する授業です。
      
       この体験学習を天川地区地域づくり協議会がサポート、むかし遊びの名人50名余が参加、子供達に遊びを紹介したり、一緒に遊んだりと2時間余り楽しい時間を過ごしました。
       子供達も、むかしからの遊びに興味を持ち、人と人とのふれあいの温かさを心に刻んだ体験学習となりました。

    サポーターの皆さん     メンコ初めての体験
          サポーターの皆さんとあいさつ                               初めてのメンコ
    ゴムとび     竹馬
                  ゴムとび                                                    竹うま、結構難しい 

    1月13日(日)少年の日事業「どんど焼」が開催されました。
      1月13日(日)、天川小学校の校庭で、少年の日事業「どんど焼」が開催されました。
    「どんど焼」は天川地区「少年の日」地域連携事業運営委員会・天川地区地域づくり協議会の共催で、民生・児童委員連絡協議会等の関係団体の協力を得て開催され、多くの方が参加する地域の伝統行事となっています。
       
       当日は、早朝より役員さん方が穴掘りから竹の切り出しと、汗をかきかき大活躍、立派な竹のやぐらが完成しました。周辺では第五中学校生徒のボランティアが特製のかまどでトン汁、甘酒作りのお手伝いです。 
       火入れは9時30分、子供から高齢の方まで多くの方が参加、平成25年の無病息災と五穀豊穣を願い、齋藤協議会長が火入れ、達磨が赤々と燃え上がりました。
       
      参加者は、どんど焼きの火にあたったり、残り火で、マシュマロやお餅を焼いて食べるなど日本の伝承行事を存分に楽しんでいました。
      また、ほっとほっとコーナーでは恒例のチャイが振舞われ、昔遊びのコーナーは子供達の歓声で溢れていました。

    赤々と燃える達磨     赤々と燃える達磨
     無病息災・五穀豊穣を願い、だるまが赤々と力強い炎を放ち燃えています
        やぐらの準備     竹のやぐら完成     五中生徒のボランティア
        準備完了     齋藤会長火入れ     残り火で暖を取る
        昔遊び     トン汁甘酒の振舞い     後片付け


    12月8日(土)第1回天川地区 芸能歌謡大会が開催されました。
       12月8日(土)、県生涯学習センター多目的ホールにおいて天川地区自治会連合会・天川地区地域づくり協議会共催の「第1回天川地区 芸能歌謡大会」が開催されました。
       この大会は今年度の総会で、市民運動会等の運動系の催しに加え地域全体で参加できる文化活動を新規事業として企画し、運動会と文化活動で地域の2大事業となるよう取り組んだらどうかと提案され、自治会連合会、地域づくり協議会が検討を重ね第1回の開催に至りました。
       
       出演者は各町5組で、7名の女性グループや男性4名のグループ、夫婦のデュエット、ソロと全体で40組が出演、応援にも180名ほどが来場しました。
       出演の皆さんは驚くほど芸達者な方達、ステージ衣装にも工夫を凝らし、声も良し音程も良し、歌うポーズも素敵に決め、会場から大きな声援と拍手が鳴り響きました。
       芸能歌謡大会を通じ、地域の豊富な人材の発掘や参加者の交流が深められ大変盛り上がった大会となり、参加者からは第2回、第3回と今後も続けて開催して欲しいとの声が聞こえてきました。
       会場全景     出演者全員     開会前の打ち合わせ
       いよいよ開会です     連合会長デュエット     元気な歌い方です 
       ご夫婦のデュエット     町の有志男性カルテット     歌、歌い方味があります 
       女性ソロ声量があります     女性ソロしっとりと     男性ソロ決まっています
       女性ソロ聞かせます     敢闘賞の皆さん     自治会長賞の皆さん  


    12月2日(日)しめ縄づくり・和凧づくりが開催されました。 

       12月2日(日)県生涯学習センター体育館で、伝統行事のしめ縄づくりと子供達による和凧づくりが行われました。
     しめ縄づくりは、地元の農家の方が講師となり子供達や参加者に手ほどき、中々わらをよることができず皆さん四苦八苦、コツを掴むまで時間がかかりましたが最後には立派なしめ縄が出来上がり、これで良い年が迎えられると出来ばえにほっとしていました。
        材料も講師が秋に刈り取った稲わらを使用、この時期までわらを青いまま残しておくのは、農家の方のご苦労あってのもの。刈り取りの時期を見極めたり、保管方法を工夫したりと青い状態のまま保存しておくのは大変なことだそうです。

     和凧作りは、子供達が挑戦しました。材料は竹ヒゴと和紙、竹ヒゴを縫い糸で固定して、和紙を糊付けする作業です、竹ヒゴの組み立ては交差する部分のバランスが難しく皆てこずっていました。
       骨組みが完成すると仕上げは和紙の貼り付け、細い竹との接着のため何度もやり直しやっと完成しました。苦労した分出来上がったときの喜びもひとしおで、早く大空に舞い上がらせたいと心を躍らせていました。

       しめ縄の説明     まずはわらをこう持って     皆ようく見て
        しめ縄作り、講師は大田さん他3名、講師より作り方の説明と実演
       子供達もしめ縄に挑戦     大人も挑戦     和凧これがモデルです
        作り始めましたが、中々難しい皆四苦八苦                     和凧これが見本です
       多くの皆さんが挑戦しています     ここ難しいね     出来上がり飛ぶよね
        凧作りも、難しい、出来上がったら大空に飛ぶかな----
     

    10月27日(土)でんきくん、「ほっとほっとコンサート」が開催されました。
       
    第4回「ほっとほっとコンサート」が生涯学習センター多目的ホールで開催されました。
       でんきくんは6人によるアマチュアバンド、アコースティックギターで「なごり雪」、「遠くで汽笛を聞きながら」など、70年代のフォークを魅力的に聴かせてくれます。音はプロ級、ギターの他に沖縄の三線(さんしん)も奏で幅広い音楽を楽しませてくれました。
       
       オープニングは読み聞かせのグループ「わたげの会」とのコラボレーション、リーダー菊池さん作詞作曲の主題歌をバックに人形劇「ねずみのよめいり」が披露されました。
       3曲目からはステージに、天川地区のコーラスグループ「コール文京」の皆さんが合流、来場者全員での合唱となり本コンサートのテーマ「音楽で心ひとつに」のとおり、音楽を通じて参加者全員が心の豊かさや安らぎ、哀愁を共有できたひとときになったものと思います。

    リーダーの菊池さん     人形劇ねずみの嫁入り     わたげの会の皆様
    オープニング、リーダー菊池さんとコラボ、わたげの会「ねずみのよめいり」
    コンサートオープニング     コール文京の皆様と     ステージ全景
    70年代のフォークソング、コール文京も参加、来場者全員による合唱
    全員参加     もっと大きく手を振って     ラストステージ
    さーーー大きく手を振って、ラストソングですよー

    9月15日(土)「あそび隊」が講師となり天川小学校地区の土曜ひろばが開催されました。
     天川小学校地区土曜ひろば運営委員会主催の「土曜ひろば」が天川小学校体育館と木の部屋で開催されました。土曜ひろば運営委員会は地域のボランティアで組織され、天川小学校地区の小学生を対象に年間を通じスポーツや料理、読み聞かせなどの活動をしています。今回は平成24年度、第3回目のひろばで、「わりばし鉄砲作り」と「植物と香りの教室」でした。 
       体育館では「わりばし鉄砲作り」が行われ、保護者を含め30名ほどが参加しました。
      
       地域づくり協議会では、「あそび隊」の隊員が「わりばし鉄砲作り」の講師となり活躍、事前に作り方の講習会を開き準備万端で臨みました。子供達は教えてもらいながら短時間でわりばし鉄砲を作り上げ、出来ばえも上々で強く遠くに飛ぶ鉄砲が完成、直径5センチから10センチほどの的をめがけ、真剣なまなざしで輪ゴムを飛ばし、当たると大きな歓声をあげていました。
       「あそび隊」の隊員は、子供達とコミュニケーションを図り、自身の子供のころを思い出しながら楽しい時間を過ごした様子でした。

       講師の紹介    さー始めまーす    ここは強く巻いて
         子供達は、手際もよく短時間で「わりばし鉄砲」を完成させました。
       「あそび隊」隊長    お父さんと    ここは難しいぞー 
          あそび隊もお父さんも昔を思い出し鉄砲作りに真剣「こうすれば遠くに飛ぶぞー」
        いっせいにバッシ!    的まで2m真剣に    狙って狙って
         さぁー狙って狙って、直径5センチから10センチの的を狙って バシッ!

    7月14日(土)少年の日事業「マスのつかみ取り大会」が開催されました。
      
    大会は天川地区「少年の日」地域連携事業運営委員会・天川地区地域づくり協議会の共催で体育協会、民生・児童委員連絡協議会等関係団体の協力を得て開催、対象となる幼児から小学生、また、役員等の関係者を含め約800人の参加があり大会を盛り上げました。
      「少年の日」事業は、昭和58年に群馬県が県民運動として、毎月第1土曜日を「少年の日」と定め、この運動を進める事業が実施されました。天川地区では当初よりこの「少年の日」事業に取り組み、29年後の現在では地域の中心的な事業となっています。
       用意したマスは175kg、幼児から始まった「つかみ取り」だが、簡易水槽に放たれたマスは元気がよく、子供達が追い回すがなかなか捕まらない、そのうち水でびっしょり、でも楽しそうな風景でした。
       捕まえたマスはその場で塩焼きにし新鮮なマスを「うまいうまい」と堪能していました。また、体育館では独楽回しやお手玉、折り紙、「わたげの会」の絵本の読み聞かせ、校庭ではジャンボシャボン玉、グランドゴルフ、ドッジボールなど、地域の方達が子供達の活動をサポート、子供も大人も大いに楽しんだ大会となりました。

    はやいなー    捕まんない    つかまえたー
    マスのつかみ取りが始まりました、マスが元気よくなかなか捕まらない
    焼けた.熱いねー    大きなシャボン玉    輪投げ

    お手玉    独楽.はじめて・・    読み聞かせ
    校庭と体育館で地域の方がサポターとして大活躍
     

(3)福祉部会

  • 子ども、青年、子育て世代、シニア世代、高齢者の方までが天川地区の施設や団体のことをもっと知り、活用・交流することができるような工夫をする。
    1.第五中学校の生徒によるボランティア活動の充実に向けてのサポート
    2.「ひと声運動」啓蒙活動の推進
    3.「緑のマップ」の作成

お問い合わせ先

生活課地域づくり係

  • 電話:027-898-6510
  • ファクス:027-243-3522

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)