スクリーンリーダー用ショートカット

 

情報公開審査会(第29回会議)

最終更新日:2015年9月2日(水)ページID:015223印刷する

審議会 会議録

審議会名

情報公開審査会

会議名

情報公開審査会(第29回会議)

日時

2014年5月8日
午前11時から午前11時50分まで

場所

市議会庁舎3階第二委員会室

出席者

情報公開審査会
小磯委員、小林委員、杉原委員、須田委員、西村委員
事務局
中島総務部長、関谷行政管理課長、狩野行政管理課長補佐 
 

議題

審議事項

  1. 会長の選出等
  2. 平成25年度情報公開の実施状況について
  3. 情報公開制度の見直しについて

問い合わせ先

住所
〒371-8611
前橋市大手町二丁目12番1号
担当課
行政管理課
電話番号
027-898-6533(直通)
Eメール
gyoukan@city.maebashi.gunma.jp

会議の内容

(1) 会長の選出等

 委員の互選により、会長に杉原委員が選出され、会長が、会長の職務を代理する者に小磯委員を指名した。また、会長が、議事録署名人に須田委員を指名した。

(2) 平成25年度情報公開の実施状況について

 関谷行政管理課長から、平成25年度における情報公開の実施状況について報告があった。

  1. 情報公開の請求等については、公開の請求は402件、申出は39件、合計で441件で、全部公開は136件、部分公開は128件、非公開は166件、取下げは11件であった。
  2. 平成25年度の請求等の件数は441件で、平成24年度の347件と比較すると、100件近い増加となっているが、このうちの130件は、同一人が同時に大量の請求を行ったものである。
  3. 情報公開請求をしたにもかかわらず、実際に行政情報の写しを受領していない案件が多数あり、90件ほどについて、資料が受領されないままとなっている。
  4. 部分公開となった128件の理由は、次のとおりであった。(複数の理由に該当するものあり)
    1. 条例第6条第2号の個人情報に該当する部分を非公開としたもの 74件
    2. 条例第6条第3号の法人情報に該当する部分を非公開としたもの 4件
    3. 条例第6条第4号の意思決定過程情報に該当する部分を非公開としたもの 4件
    4. 条例第6条第5号の事務事業執行情報に該当する部分を非公開としたもの 2件
    5. 条例第6条第6号の国等協力情報に該当する部分を非公開としたもの 13件
    6. 条例第6条第7号の公共の安全情報に該当する部分を非公開としたもの 47件
    7. 条例第6条第8号の任意提供情報に該当する部分を非公開としたもの 1件
  5. 非公開となった166件のうち、該当する行政情報が不存在であるものが124件、第2号個人情報が3件、内容の補正を求め、期限までに回答を得られず非公開としたものが37件であった。また、非公開のうち2件については、平成24年度において数度にわたり公開決定等を行った行政情報を一度として交付を受けたことがないにもかかわらず、同様の内容の請求を繰り返し行うことは、実施機関に対する害意のある請求であり、権利の濫用に該当することを理由に、請求を拒否したものである。
  6. 不服申立ては、3件あり、いずれの案件も平成25年度中に答申済みのもである。

主な質疑

(須田委員)
 非公開となった案件のうち37件は、どういうものか。

(狩野行政管理課長補佐)
 内容の補正を求め、期限までに回答を得られず非公開としたものが37件ということである。情報公開事務の手引の54ページに記載されている前橋市情報公開条例第8条第3項の部分をご覧いただきたい。この規定により実施機関は、情報公開請求書に形式上の不備があった場合、相当な期間を定めて請求者に補正を求めることができる。例えば、情報公開及び個人情報保護制度の実施状況報告の17ページのNo.40以降のものだが、請求に係る行政情報の特定が困難であったため、請求者に補正を求めたが補正がなされないまま、期間を経過したため非公開の決定を行ったものである。この請求者は、遠隔地である等の理由により、書面にて補正を求めた、補正されることがなく行政情報の特定をすることができず、相当な期間の経過後、非公開としたものである。

(須田委員)
 分かった。

(杉原会長)
 他に何かあるか。

(西村委員)
 情報公開及び個人情報保護制度の実施状況報告28ページのNo.109で、訴訟の判決文が公開されているが、判決文も行政情報に当たるのか。

(狩野行政管理課長補佐)
 前橋市情報公開条例第2条第2号に行政情報の定義がある。「実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画、写真、フィルム及び電磁的記録であって、当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、実施機関が管理しているものをいう。」と定義されており、判決文については、この規定に照らすと職員が取得した文書ということで行政情報という扱いとなる。

(西村委員)
 私たちが判決文を入手するときは、判例集に載るのを待っている。判決文が被告自治体にとって、行政情報公開請求の対象となる行政情報であるという解釈が一般的なものであるとすれば、どこの被告自治体に対して請求しても判決文を手に入れることができるというということか。

(西村委員)
 裁判所の許可は、要らないのか。

(関谷行政管理課長)
 No.109については、前橋市が原告で被告が群馬県であり、前橋市が当事者になり、地裁の判決文を保有しているため、前橋市情報公開条例第2条第2号に規定する行政情報に当たると判断したものである。

(西村委員)
 被告であっても原告であっても考え方は同様か。

(関谷行政管理課長)
 被告である群馬県の考え方次第だが、群馬県も情報公開条例を持っているので、情報公開請求があれば、条例の規定に照らして判断するのではないかと考えられる。

(杉原会長)
 前橋市の取扱いは、理解した。今回は、たまたま自治体間の紛争だが、個人と自治体間での場合も同様の扱いか。

(狩野行政管理課長補佐)
 前橋市が原告又は被告となり、判決文を取得した場合、その判決文は、行政情報に該当するという考え方である。

(杉原会長)
 情報公開制度を利用することで、市の訴訟状況が分かるということと捉える。

(杉原会長)
 他に意見がないようなので、実施状況についての審議は、これで終了する。

(3)情報公開制度の見直しについて

 狩野行政管理課長補佐から情報公開制度の見直しについて、これまでの経緯及び今後の見直し案の説明があり、その後、委員から意見を聴取した。

○主な質疑

(杉原会長)
 事務局の説明に対し、何か意見はあるか。

(杉原会長)
 今後の予定としては、条例見直し案及び基準案を作成することになると思うが、基準案については、条例とは別で作成するのか。

(関谷行政管理課長)
 前回の審査会において、条例案を示し、審査会の意見をいただいたが、今後は、条例案及び基準案を市民に示し、意見を伺いたい。詳細は、市の内部で検討しているところである。

(杉原会長)
 今後、条例案と同時に基準案を作成し、併せてパブリックコメントを実施するということか。他に意見はあるか。

(杉原会長)
 事務局から、これまでの審査会の意見を踏まえ、前橋市情報公開条例を改正し、一定の基準を超える権利濫用に当たる請求を拒否できるという規定を設ける方向で調整中であると報告があった。改正案については、後日各委員宛に送付されるということで、よろしいか。

(関谷行政管理課長)
 先ほど申し上げたとおり、現在庁内での調整段階である。市民へのパブリックコメントを実施する段階で、各委員にも送付させていただく。そこで意見があれば、反映させていただきながら、最終的に議会に改正案を提出できれば、と考えている。庁内でも調整中のため、はっきりとしたことは申し上げられないが、各委員には、随時情報を提供していきたい。

(杉原会長)
 改正案等を確認し、何か意見があれば個別に意見を述べさせていただく。  

(4)その他

  議事録については、事務局で案を作成した後、各委員に郵送で案を送付し、確認していただきたい。意見がある場合は、事務局に連絡をいただきたい。承認いただける場合は、承認書を返送していただき、各委員の承認が得られたら、会長と議事録署名人の須田委員に署名をしていただくというように考えている。会議の開催件数については、定例的なものは年1回とするが、年度途中で異議申立て等があった場合には、随時会議を開催し、審議をお願いしたい。

 以上について事務局から説明があり、了承された。

(5)閉会

 午前11時50分

お問い合わせ先

行政管理課 

  • 電話:027-898-6537
  • ファクス:027-224-3003

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)