スクリーンリーダー用ショートカット

 

(第5期)第7回高齢者福祉専門分科会(26.12.25)

最終更新日:2015年1月15日(木)ページID:014185印刷する

審議会 会議録

審議会名

社会福祉審議会 高齢者福祉専門分科会

会議名

(第5期)第7回高齢者福祉専門分科会

日時

平成26年12月25日(木)
午後1時30~午後3時00分

場所

前橋市役所 3階 31会議室

出席者

(委員 敬称略)13名
梅澤朋子分科会長、戸所仁治委員、小中俊太郎委員、西野郁生委員、牧野協子委員、大谷七郎委員、 高玉真光委員、瀧澤勝美委員、  田邊裕委員、寺嶌祐子委員、永井武委員、金子陽子委員、森幸隆委員
(事務局)14名
山口福祉部長、石倉介護高齢課長、塚越介護保険室長、信澤課長補佐、船戸課長補佐、石坂課長補佐、岡本室長補佐、中西室長補佐、井上室長補佐、鴫原係長、星野主任、池田主任、林主任、阿久沢主事   

欠席者

佐藤由美職務代理者、 閑野強委員、神垣孝江委員  

議題

1 開会
2 あいさつ
3 議事
(1)第6期まえばしスマイルプランの課題と対応する主な事業について
(2)第6期まえばしスマイルプランの基盤整備計画(介護老人福祉施設)について
(3)第6期まえばしスマイルプランの素案について
(4)第6期まえばしスマイルプラン(素案)のパブリックコメントの実施について
4 その他
(1)<参考>日常生活圏域ごとの介護保険関係基礎データについて
(2)<参考>国の動向について(介護報酬改定に関する審議報告案)
5 閉会

配布資料

次第(PDF形式:55KB)
出席者名簿(PDF形式:182KB)
資料1 第6期まえばしスマイルプランの課題と対応する主な事業について(PDF形式:697KB)
資料2 第6期まえばしスマイルプランの基盤整備計画(介護老人福祉施設)について(PDF形式:162KB)
資料3 第6期まえばしスマイルプラン(素案)(PDF形式:1,505KB)
資料4 第6期まえばしスマイルプラン(素案)のパブリックコメントの実施について(PDF形式:393KB)
参考資料1 日常生活圏域ごとの介護保険関係基礎データ(PDF形式:561KB)
参考資料2 国の動向について(介護報酬改定に関する審議報告案)(PDF形式:283KB)
 

問い合わせ先

住所
〒371-8601 前橋市大手町二丁目12-1
担当課
介護高齢課 計画指導係
電話番号
027-898-6152(直通)
Eメール
kaigo_kourei@city.maebashi.gunma.jp

会議の内容

1 開会

石倉介護高齢課長
・委員16名中13名の出席により本分科会が成立していることを報告
・会議及び会議録が公開であることを報告

2 あいさつ

山口福祉部長
・消費増税が見送られ、新聞等の報道では子育て支援については優先実施をするが、医療介護については若干、実施時期が調整される可能性もある。
・具体的な連絡事項は国から届いていないため、今まで組み立ててきた事業計画の作成に向けて、予定どおり事務を進めている。
・今回の会議を含め残り3回で市長への答申をすることとなる。円滑な審議、また、たくさんの意見をいただきたい。

3 議事

(1)第6期まえばしスマイルプランの課題と対応する主な事業について
 資料1に基づき事務局(林主任)から説明
・地域包括ケアシステム構築の実現に向けた取り組み
・施設整備の計画的な推進
・給付の適正化
<質疑等>
牧野委員
  5ページに特別養護老人ホームを市の中心部に計画していると記載されている。街中に出てみると、市の中心部が静かすぎて活性化されていない印象がある。市の中心部は著しく高齢者が多いということか。        
事務局
  市内平均の高齢化率26%程度に対して、市の中心部は高齢化率30%を超える地域がほとんどである。それを鑑みつつ、必要性の高い地域を優先して整備を進めていく。

(2)第6期まえばしスマイルプランの基盤整備計画(介護老人福祉施設)について
 資料2に基づき事務局(信澤課長補佐)から説明
・検討継続であった介護老人福祉施設について、新規創設・既存施設の増設により250床を整備
・高齢化の著しい市内中心部を優先して整備
梅澤会長
   今回提示された基盤整備計画に基づき策定事務を進めていくことでよろしいか。
委員一同
   承認

(3)第6期まえばしスマイルプランの素案について
 資料3に基づき事務局(林主任)から説明
・事業評価シートを各担当で作成し、その中身を抽出したものがスマイルプランの素案となっている。
・第5期の達成状況、昨年行った日常生活圏域ニーズ調査、分科会での審議内容を踏まえて素案を作成している。
・素案がパブリックコメントの資料となる。
梅澤会長
   今までこの分科会で検討してきた内容が盛り込まれたものとなっている。素案は今回提示した内容とすることで了承いただけるか。
委員一同
   承認

(4)第6期まえばしスマイルプラン(素案)のパブリックコメントの実施について
 資料4に基づき事務局(信澤課長補佐)から説明
・意見募集期間は平成27年1月6日(火)から平成27年2月5日(木)
・ホームページ、市庁舎、各支所・各市民サービスセンター・公民館等で資料を公表 

4 その他

(1)<参考>日常生活圏域ごとの介護保険関係基礎データについて
 参考資料1に基づき林主任から説明
(2)<参考>国の動向について(介護報酬改定に関する審議報告案)
 
参考資料2に基づき林主任から説明
・厚生労働省 社会保障審議会 介護給付費分科会第117回(平成26年12月19日)資料から抜粋
・中重度の要介護者や認知症高齢者への対応の更なる強化
・介護人材確保対策の推進
・サービス評価の適正化と効率的なサービス提供体制の構築
<質疑等>
高玉委員
 国の方針として介護報酬を6%削減するという発表があった。それに対して、福祉施設や介護老人保健施設は署名運動をし、140万票ほど厚労省に届けた。来年早々には日比谷公会堂に集まろうと、反対運動も検討している。参考資料に記載されているとおり、介護人材確保に対しては強化して増加してもらわないと困る。サービス付き高齢者向け住宅が地域包括ケアシステムの実現のために増えていて、病院に入院する方は在宅からではなくサービス付き高齢者向け住宅から入院してくる方が多い。そうすると、サービス付き高齢者向け住宅に家賃を払い、入院費も払うというように利用者の負担が増えるため、できるだけ早くサービス付き高齢者向け住宅に帰す努力をしなければならない。このような状況のため、急性期病院や療養型病床に長く入院することが難しい。サービス付き高齢者向け住宅の人件費を削減するようなことがあってはならないと反対しているところである。人材確保の面からも、介護福祉士養成学校の卒業生に対する充足率が30~50%になっているのは問題になってくるのではないかと思うので、福祉の費用を削減しないようにお願いしたい。

<次回の開催について>
事務局(信澤課長補佐)から説明
 平成27年2月26日(木)午後1時30分から市役所3階31会議室にて開催を予定

5 閉会

お問い合わせ先

介護高齢課 

  • 電話:027-898-6152
  • ファクス:027-223-4400

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)