スクリーンリーダー用ショートカット

 

平成25年度前橋市健康づくり推進協議会及び健康まえばし21計画推進部会会議

最終更新日:2013年7月29日(月)ページID:011347印刷する

審議会 会議録

審議会名

前橋市健康づくり推進協議会

会議名

平成25年度前橋市健康づくり推進協議会及び健康まえばし21計画推進部会会議

日時

平成25年7月4日(木) 午後1時30分  ~ 午後2時30分

場所

前橋市保健センター 4階 集団指導室

出席者

 

(委 員)八木委員、佐藤委員、石井委員、梅澤委員、金澤委員、北爪委員、過外委員、関口委員、中村委員、野中委員、橋本委員、東園委員、樋口委員、細川委員、本間委員、三浦委員

(事務局)塚田健康部長、服部保健所長、塚越健康増進課長、木村係長、関口係長、吉井係長、手島所長、鹿川副主幹、杉本主任保健師、小暮主事、福島課長(こども課)、町田係長(こども課)、宮田係長(こども課)

(傍聴者)なし

欠席者

岩上委員、荻原委員、渋澤委員、星野委員

議題

 

1)平成24年度事業実績について

   平成24年度健康まえばし21推進内容について

(2)平成25年度事業概要について

(3)平成25年度主な重点事業について

(4)「健康まえばし21」次期計画策定について

(5)その他 配布資料

配布資料

 

資料1  平成24年度事業実績について

資料2  平成24年度健康まえばし21推進内容について

資料3  平成25年度事業概要について

資料4  平成25年度主な重点事業について

資料5  「健康まえばし21」次期計画策定について

資料6 骨子について

参考資料 ・計画策定スケジュール

       ・53項目

会議の内容

 

*新委員の委嘱状交付式(司会:塚越健康増進課長)

 

1 開会(司会:塚越健康増進課長)

(塚田健康部長)あいさつ

 

2 資料確認(司会:塚越健康増進課長)

 

~各委員自己紹介~

 

3  (議長:八木会長)

(1)      平成24年度事業実績について

   平成24年度健康まえばし21推進内容について

(木村係長)

資料1、2。説明については、省略。補足として、資料1は、健康増進課・こども課事業を国報告の分類に基づきまとめたもの。資料2は、同じ事業実績だが、健康まえばし21の取り組み視点でまとめたもの。資料1 P.2の各種健康教室にて平成23・24年度で、回数・受講者人数とも飛躍的に伸びている。昨年の推進協議会にて、いきいき健康教室のPRをさせていただいき、参加申込につながったおかげであるのでお礼申し上げる。引き続き今年度も、充実・拡大の予定のため、機会がありましたらお声がけ、お繋ぎいただければと思う。質疑については、特になし。

 

(2)      平成25年度事業概要について

(木村係長)

資料3については、今年度の健康増進課・こども課の取り組み事業である。説明については、省略。質疑については、特になし。

 

(3)      平成25年度主な重点事業について

資料4により、各課担当者が説明を行なった。

(八木会長)

委員のみなさまは、先ほど説明のありましたことについて何かありますか。

(石井委員)

エリアマネージャーとサービスマネージャーについて

(木村係長)

サービスマネージャーは、それぞれの業務に特化している。その業務について前橋市内を網羅しているような位置付け。サービスマネージャーの中でも担当地区がある。エリアマネージャーは、地区で何かあった場合に、より専門的な関係課に繋いだほうが良いとか、専門的な知識やアドバイスをもらいたいときはそのサービスマネージャーと連携を取って問題解決に臨むというような位置づけである。

(石井委員)

1つゆくゆくのお願いだが、例えば、介護高齢課で看護師、管理栄養士、作業療法士などが出ているが歯科衛生士を入れることを考えていただきたい。医療の問題等口腔ケアは大きな問題のため、より専門的な知識を持った歯科衛生士にみていただかないと歯科医師に伝わる情報が十分でない。よりよい歯を守ることで肺炎等も防ぐことができる。

(木村係長)

次年度に向けて、そのような体制を考えていきたい。

 

(4)      「健康まえばし21」次期計画策定について

(木村係長)資料5、6により説明。

健康増進計画については、冊子「健康まえばし21」のP.4参照。健康まえばし21は国の健康増進法に定める市町村の計画という位置づけ。市町村の定める計画の上に、国の健康日本21という上位計画があり、群馬県においては、元気県ぐんま21という計画がある。21というのは、21世紀における国民の健康づくり運動という意味。前橋市では、一番大きな上位計画の第6次前橋市総合計画があり、健康に関する部分も入っている。保健福祉分野の計画がそれぞれその下にあり、その中に健康増進計画「健康まえばし21」がある。他の計画と違うところは、国民の健康づくり運動を受けて作成している計画であり、現計画のスローガンが皆で取り組む健康づくりである。行政が一方的に作るのではなく、行政と市民側とで知恵を出し合い、一緒に健康づくりを進めていくための計画という位置づけである。自らが実践できるもの、日々取り組めるものを計画に盛り込むことが大事ではないかと考えている。是非委員さんの意見をいただきたいと考える。P.5の表参照。現計画の健康まえばし21は今年度限りの計画となっている。次年度からの第2次の計画を策定することが今年度課せられた位置づけとなる。国・県については、今年度4月から新しい計画がスタートしている。

次期計画策定にあたり、これまでの経過とすると、市民アンケートを昨年11~12月に保健推進員さんの協力を得て、市民3,000人に実施。その結果が、資料5となる。

資料5の説明。資料5のアンケートの結果の最後についているものは、21の取り組み目標を現状値にまとめたもの。

資料6の説明。アンケート結果をふまえて、庁内関係17課よりそれぞれ委員を選出し、ワーキングを開催した。資料6は、ワーキングの中でそれぞれライフステージごとの視点でまとめたもの。行政側の視点でまとめたものなので、地域・学校・職場で協力し合って、健康づくりという同じ目標に向かって取り組める計画にしたいと考える。骨子(案)に基づき具体的な計画をこれから策定してくが、所属団体の活動の中で日頃感じていることや現状、できることなどご意見を出していただき、今後の計画に取り込みたいと考えるのでご協議をお願いいたしたい。

 

(八木会長)

委員のみなさまは、先ほど説明のありましたことについて何かありますか。

(三浦委員)

先ほどの追加計画のことだが、分かりづらいが、健康部の中に4つ課があるなかで、国保の特定健診等の実施計画が今年で最後である。同じ部の中でどういう整合性をとろうとしているか。あと、10年計画のワーキンググループの高齢期(4グループ)に国保の人が入っていない。

(木村係長)

整合性については、健康増進計画は一次予防の発症予防と、二次予防の重症化予防の2つの視点がある。一次予防的には広く周知を行い、重症化予防については、国保の特定保健指導とも兼ね合いがあるが、国保に入っていない企業・組合等の保険者も含め、一次予防を考えていきたい。重症化予防では、医療機関の先生とも今後連携もあるかと思うが、栄養士の話や運動について教えて欲しいなどは加入している健康保険に関係なく、市民であれば対応したい。さらに国保とは連携を取り合い、国保の特定保健指導まではいかない方の相談などあれば、健康増進課で対応したい。4グループ(高齢期)の中に国民健康保険課が入っていない点については、関係課から1名ずつ選出しており、3グループ(青年期・壮年期)に入っているためである。実際に計画策定をする中では、それぞれの年齢のすき間を上手く埋めていく様な計画を作りたいと考えている。今後事務局が中心となり、調整しながら作成していく予定である。

(塚田健康部長)

特定健診は、昔は市町村が行っていたが、今は保険者ごとに基本健診を行っている。我々市役所職員だと、共済組合が行っている。保険者ごとに行っているので、前橋市は国民健康保険の保険者であるため、国保加入者には直接、前橋市が健康診査を行っている。ただ、我々のように共済保険やお勤めの社会保険に加入していると、それぞれの保険者で健康診査を行う。それとは、別として、前橋市34万市民の健康についてどうするかで、市民全員の健康づくりをしていく位置づけをここでしていきたい。その中には、先ほど見ていただいた計画のとおり、子供やお年寄りの計画があり、個別の分野ごとに計画がある。国が国民運動として健康づくりを進めるという大きな目標を掲げており、53項目の目標値を示している。そういった所とうまく絡めて指標としながら、みなさんと一緒に健康づくりをしていきたい。行政がああしましょう。こうしましょう。と言うだけでない計画づくりが出来て、市民一人ひとりが歩くことを目標に持つとか、食事の制限をしながらとかそういうことをやっていけるような行政からの働きかけであったり、今日お集まりの医療関係者の皆さんやそれぞれの団体等でそういったことを一緒に取り組んでいただけると地域ぐるみの健康づくり運動となっていく。そんな計画になるといいなと。健康まえばし21といった大きい範囲となり分かりにくさはあるが、そんなことを意識して市民の皆さんにも分かっていただける計画が出来ると良いなと。そんなことを頭に置いていただければありがたい。よろしくお願いいたします。

(八木会長)

それでは、三浦委員よろしいでしょうか。

(三浦委員)

はい。

 

(八木会長)

それでは、これで資料6を次期計画の骨子として、計画策定を進めてよろしいでしょうか。賛成の方は手を挙げていただけますでしょうか。

皆さん賛成ということで、本日の議題は以上です。その他に事務局から何かありますでしょうか。

(事務局)

ありません。

(八木会長)

委員さんからは、ご質問等何かありますでしょうか。

ないようですので、本日、委員さんから頂いた意見等を前橋市のこれからの保健医療に積極的に取り入れ、市民の健康の維持増進に役立ていただきます。本日は、ありがとうございました。これで、私の議長の席を下ろさせていただきます。

 

 

 お礼のあいさつ(服部保健所長)

 

4 閉会(司会:塚越健康増進課長)

 

                               以上

問い合わせ先

健康増進課 予防指導係   027-220-5784

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

健康増進課 

  • 電話:027-220-5783
  • ファクス:027-223-8849

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)