スクリーンリーダー用ショートカット

 

平成27年度前橋市健康づくり推進協議会

最終更新日:2015年9月2日(水)ページID:015233印刷する

審議会 会議録

審議会名

前橋市健康づくり推進協議会

会議名

平成27年度前橋市健康づくり推進協議会

日時

平成27年7月29日(水)午後1時30分~午後3時00分

場所

前橋市保健センター 4階 集団指導室

出席者

(委 員)岸川委員、佐藤(由)委員、梅澤委員、北爪委員、小出委員、近藤委員、佐藤(智)委員、細川委員、本間委員、村上委員、吉田委員、上原委員、大山委員、山上委員
(事務局)塚越健康部長、遠藤保健所長
(健康増進課)酒井課長、木村課長補佐、関沼副主幹、杉本主任保健師、今井準常勤職員
(傍聴者)なし

欠席者

(委 員)岩上委員、金井委員、熊田委員、松村委員

議題

(1)  前橋市第二次健康増進計画「健康まえばし21(第2次計画)」について
    ア 平成26年度状況
(2)  平成27年度取り組み状況について
    ア がん対策
    イ 脳血管疾患対策
    ウ 歯と口の健康(成人歯科健診の受診率向上)
    エ 糖尿病対策(HbA1cの周知)
    オ 熱中症予防
    カ デング熱
(3)  「平成28年度 健康まえばし21 健康づくり講演会」及び「平成28年度 健康づくりのテーマとおすすめ健康情報」のテーマについて
(4)その他

配布資料

 資料1-1 健康まえばし21(第2次計画)本市が取り組む23項目の指標
 資料1-2 健康まえばし21(第2次計画)年間スケジュール
 資料1-3 平成27年度市民みんなで取り組む 健康づくりのテーマとおすすめ健康情報
 資料2-1 がん対策
 資料2-2 脳血管疾患対策
 資料2-3 定期的に!成人歯科検診を受けましょう!
 資料2-4 HbA1c ヘモグロビン・エイワンシー?
 資料2-5 桂萱地区保健推進員おすすめ!ウォーキングコース
 資料2-6 熱中症を予防しよう!
 資料2-7 蚊にご注意!

問い合わせ先

 健康増進課 地域保健係   027-220-5708

会議の内容

  

会 議 の 概 要

 

1 開会 (司会:酒井健康増進課長)

 

2 自己紹介

  各委員自己紹介 

 

3 議事 (議長:岸川会長)

(1)  前橋市第二次健康増進計画「健康まえばし21(第2次計画)」について

  ア 平成26年度状況 (資料1-1 1-2 1-3)

    事務局より説明

  質疑なし

 

(2)  平成27年度取組について

  ア がん対策(資料2-1)

  イ 脳血管疾患対策(資料2-2)

  ウ 歯と口の健康(成人歯科検診の受診率向上)(資料2-3)

  エ 糖尿病対策(HbA1cの周知)(資料2-4 2-5)

  オ 熱中症予防(資料2-6)

  カ デング熱(資料7)

    事務局より説明

  

(岸川会長)

 先ほど説明のありましたことについて何かご意見ありますか。

 がん対策についてどうでしょうか。

 統計上の数字部分について私から申し上げますとある意味専門的なものになっています。前橋市が、国のがん検診をどうするかというのは細かく決められていて、さらに前橋市は行政が手厚く取り組んでいます。また、前橋市ではがん検診については無料で、他にも工夫しながら取り組んでいるので、受診率等についての数字は上がってきています。

 他にがん検診についてご質問ありますか。

 脳血管疾患対策についていかがですか。

 データで示されたところについてご質問ありますか。

 脳血管疾患について男性がなかなか減っていないようですが、前橋市は脳卒中の救急については整備されていて、脳卒中等のいわゆるブレーンストロークに対する救急医療が向上して、首都圏とも遜色がないようになっており、発症から15分以内に治療できれば回復の状態が良いという状況になっていると思います。また、消防についても、前橋は赤城山までと広いですが、旧市街であれば数分で行けるので、そうしたことも踏まえて、是非男性に関して脳血管疾患の死亡率が低下するように、皆様方のご協力をいただきながら来年度に向けてさらなる取組みをしていただきたいと思います。

 歯と口の健康、成人歯科検診についてご質問ありますか。

 歯科医師会の村上委員さんいかがですか。

(村上委員)

 追加資料の下部分棒グラフは、喫煙と、糖尿病と、歯周疾患・歯周病とのそれぞれの因果関係を示していて、これはエビデンス的にも確立されており、喫煙習慣のある方や糖尿病の治療中の方の歯周病の割合が非常に増えているということです。

 成人歯科検診については前橋市歯科医師会の先生でないと受けられません。またこの検診について費用は無料ですが、その後で要指導・要精検になった場合は治療の勧告をさせていただいています。治療は無料ではありませんが、治療勧告を受けたからといって、その日のうちに治療をしなければいけないということではないので、治療をどうするかは、担当の歯科医師の先生と患者さんがよくご相談されて選択していただきたいと思います。

 毎年、成人歯科検診についての啓発チラシを見直していますが、皆様の目から見ていただいて改善点などがあれば、ご意見をお願いしたいと思います

(岸川会長)

 北爪委員さんいかがですか。

(北爪委員)

 歯科衛生士会として乳幼児歯科健診や高齢者の歯科検診の場などで、かかりつけの歯科医を持ち定期健診を受けましょう、というお話はさせていただいています。また、最近の新聞等ではかかりつけの歯科医を持ち定期健診を受けている方のほうが長生きであるというような記事もでていたので、今後も話していきたいと思います。

(岸川会長)

 他の委員さんで何かありますか。

 糖尿病対策についていかがですか。

 特に食事の問題等について近藤委員さんいかがですか。

(近藤委員)

 食改推でも減塩の話はしています。私個人としては、糖尿病の薬を飲んでいる方も、薬を飲んでいるから大丈夫と思わずに、薬を飲むとともに、少しでも食事等を工夫して改善していける方法があればと良いと思います。

(岸川会長)

 栄養士の立場から、吉田委員さんいかがですか。

(吉田委員)

 栄養士会は、昨年度一般の人向けに料理講習を3回ほどしています。そうした中で今後も取り組みをしていきたいと思います。

(岸川会長)

 HbA1cについて、エリアマネージャーがエリアごとに数字を取りまとめたということですが、保健推進員として細川さんいかがですか。

(細川委員)

 保健推進員もエリアマネージャーと一緒に、糖尿病について、HbA1cについての勉強会をしています。また、エリアマネージャーからの報告と共に「いきいき長生き教室」でチラシ等を配布しています。町内のふれあい教室では、前橋市は透析している人が多いと話すと、皆さんとても驚かれるので、食事や運動で予防していくこともできることを話しています。皆様方のご協力をいただきながらこれからも続けていきたいと思います。

(岸川会長)

 運動というとカロリー消費のためにしている人が多いと思いますが、それもありますが、筋肉にブドウ糖を取り込んで全身の筋肉を動かすことでインシュリンの活性を上げていくことも大切なので、カロリー消費だけでなくそちらも周知啓発していただければと思います

 他に糖尿病対策についてご意見ありますか。

(保健所長)

 食事をする前に運動することはどうでしょうか。

(岸川会長)

 急激な運動について食直後はあまり良くないと思います。できれば通常の食事をしていただいて、ある程度時間を置いてからとし、空腹時は過激な運動は避けたほうが良いと思います。早朝ランニング等についても過剰な運動にならないよう安全管理に気をつけて行っていただきたいと思います。

(大谷委員)

 自分も今糖尿病の治療中ですが、先生にご指導いただきながら食事療法・運動療法等で努力しているところです。また、糖尿病の合併症についても心配ですが、先生と相談しながらやっていきたいと思っています。

(岸川会長)

 糖尿病対策は糖尿病にならないよう予防に気をつけるということが多いのですが、糖尿病で治療中の方にも考慮しながらこれからも進めていただければと思います。

(佐藤由委員)

 他の市町村でも自分のHbA1cの値を知らない人が多いようです。検診結果の異常の有無だけでなく、経年的に自分の数値の変化を知ることはとても大切なので、HbA1cのチラシの裏面に各地区の結果が載っているのは、HbA1cの理解を深めながら身近に感じることができるので大変良いことだと思います。今後も是非続けてほしいと思います。

(本間委員)

 糖尿病の薬を飲み、歩いたりしていますがなかなか運動が続けられないのですが、運動量についてはどうでしょうか。

(岸川会長)

 糖尿病の治療中の方とそうでない方との運動量の目安は違うので、主治医の先生と相談しながらしていくことが必要であり大切だと思います。

 熱中症予防についていかがですか。

高齢者がクローズアップされることが多いのですが、今夏休みで、子どもの外遊び等について小出委員いかがですか。

(小出委員)

 体育館での集会等でも倒れる子はいます。急なことでもあり、その時の対応に先生方も困っているようです。また、自転車通学時でも多いと聞いています。

(岸川会長)

 養護教諭だけでなく他の先生方にもそのようなことに対処するための研修が必要であると考えます。行政としても、児童生徒たちに対応する側のトレーニング等についても考えていただきたいと思います。

 佐藤委員さんいかがですか。

(佐藤智委員)

 私の保育園では外遊びをする時は帽子を着用していますし、水筒を持ってきていただいて時間ごとに補給しています。また、食事時やお昼寝時、暑い時など適時クーラーや扇風機を使用しています。

(岸川会長)

 梅澤委員いかがですか。

(梅澤委員)

 高齢者に対しては無理せず過ごし、水分だけでなく塩分も一緒に摂るよう話しています。また、具合が悪くなったら我慢せず主治医の先生にかかるよう話しています。

(岸川会長)

 他にありますか。

(保健所長)

 学校でも暑い時は、運動は控える等の熱中症対策はしているのでしょうか。

(小出委員)

 小中学校でも水筒持参になっています。対策は様々なようです。

(岸川委員)

 熱中症のパンフレットにも書いてありますが、太い動脈の通っている首や股の付け根、わきの下などは冷たい水や氷で冷やしていいですが、それ以外は常温の水をかけるのが良いと思います。熱中症の人に対応する側のトレーニングも必要であると思います。一人暮らしの高齢者には、霧吹きを用意しておくよう指導しています。

熱中症について、行政・消防また地域の方々も含めて周知活動をしていくことが必要であり、また、気候が昔とは変わってきているので、それなりの対応が必要になってきていると思います。

 デング熱についていかがですか。

 今年の発生についてはどうですか。

(保健所長)

 今年は今のところありません。

(岸川会長)

 デング熱については、草刈等の環境整備につながってくると思いますが、本間委員さんいかがでしょうか。

(本間委員)

 前橋市の山間部では刈ってくれるところもあるようです。地域でも消毒等していきたいと考えているので、消毒について良い案があれば是非教えていただきたいと思います。

(岸川会長)

 全体を通して何かありますか。

 上原委員さんいかがですか。

(上原委員)

 糖尿病について、チラシを見て群馬県が全国ワースト6位であることに驚きました。40歳以上の人が受ける特定健診で初めて気づくよりも、予防のためにも、早いうちからの食事習慣や運動習慣等が大切であると感じました。

(岸川会長)

 大山委員さんいかがですか

(大山委員)

 高齢者が元気でいることが大切だと思いますし、自分も運動教室を続けることで、正しい運動の仕方や運動習慣の大切さを感じましたので、元気ひろげたいそうを継続していただきたいと思います。また、幼稚園・小学校・中学校において、先生や生徒にラジオ体操の正しいやり方を指導していく人も必要だと思います。

(細川委員)

 地域づくりの中で、子どもには「子育て広場」、高齢者には「いきいきふれあいサロン」を前橋市でしています。そこは65歳以上であれば誰でも参加でき、ピンシャン元気体操、お口元気アップ体操、ロコモに関する体操等いろいろな体操をしています。自治会、民生委員、保健推進員等の地域の皆様、社協の看護師さん、市の保健師さん等の方々とともに活動していますので、皆さん是非そちらに参加していただければ良いかと思います。また「いきいき長生き教室」も開催されています。このように、みんなで運動や脳トレ等を行い仲間と交流して過ごせる楽しい場が、自分の住んでいる近くに前橋市にはたくさんあるということをここでお知らせして、是非皆様に参加していただきたいと思います。

(事務局)

 現在運動に関することについて市役所庁内関係課で話し合っているところです。

(岸川会長)

 山上委員さんいかがですか。

(山上委員)

 資料2-1のがん対策について、がん検診で何をするのかわからないという不安がある人もいると思うので、「痛くない」等の知らせがあると安心できて良いのではないかと思いました。また、がん対策について、受診率に重きが置かれているよう感じましたが、1次予防について運動や食事について周知啓発していることがあれば教えていただきたいと思います。

 資料2-2の脳卒中対策について、症状を早く見つけ対処していく、救急に連絡するといったことなどの周知について何かされているようであれば教えていただきたいと思います。

(事務局)

 がん検診の受け方がわからないというのは、検診を所管している部署として大変参考になりました。これからがん検診を受診される方に向け周知するために、スマイル健診時にチラシ配布等でお知らせしたいと思います。また、いきいき健康教室の中で、たばこの話をしながら肺がん検診について話しています。

脳卒中については、本人だけでなく周りの人への周知啓発の対策も考えていきたいと思います。

(佐藤由委員)

 がん検診の受け方についてわからないというのは、確かにそうだと思いましたので、健康のしおりに受け方を載せていただいたのは良いと思いました。また、若い女性の子宮頸がん検診について、いきいき健康教室で丁寧に指導していただいているので、引き続きこれからもお願いしたいと思います。

 

(3)「平成27年度 健康まえばし21 健康づくり講演会」及び「平成28年度 健康づくりのテーマとおすすめ健康情報」のテーマについて 

     事務局より説明

(岸川会長)

 質問等あればお願いします。

(上原委員)

 テーマについて運動・栄養・食生活も加えていただいて糖尿病予防等につなげていただけるよう検討していただければと思います。

(事務局)

 本日皆様よりいただきました意見を踏まえ、庁内ワーキングにて検討させていただきたいと思います。

 

 (4)その他

(岸川会長)

 会議全体を通して何かありますか。

 これで本日の予定された全ての議事終了とさせていただきます。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 

 保健所長 お礼のあいさつ

 

4 閉 会 (酒井健康増進課長)

 

 

                                                                      以上

 

 

 

 

 

 

                               

 

 

 

 

 

 

 

 

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

健康増進課 

  • 電話:027-220-5783
  • ファクス:027-223-8849

〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)