スクリーンリーダー用ショートカット

 

第8回前橋市景観審議会

最終更新日:2015年7月16日(木)ページID:015083印刷する

審議会 会議録

審議会名

前橋市景観審議会

会議名

第8回前橋市景観審議会

日時

2015年5月29日(金)午前10:00~11:40

場所

前橋市議会庁舎第三委員会室

出席者

【委員】
小林会長、秋山委員、岡委員、金井委員、諏訪委員、能登委員、三田委員、中島委員(代理:佐藤様)、信太委員(代理:伏見様)
【事務局】
中西都市計画部長、簑輪都市計画課長、関口景観係長、坂田副主幹、御供主任

欠席者

宮下会長職務代理、金子委員、鷲頭委員、田村委員、林委員

議題

 1 開  会
 2 あいさつ
 3 議事録署名人の選出
 4 協議事項
(1)前橋市景観重要建造物の候補選定について
 5 報告事項
(1)前橋市違反広告物是正指導の進捗状況について
(2)広瀬川河畔地区における景観形成の取組みについて
(3)総社山王地区における景観形成の取組みについて
 6 そ の 他
 7 閉  会

配布資料

次第(PDF形式:12KB)
資料1(PDF形式:8KB)
資料2(PDF形式:8KB)
資料3(PDF形式:9KB)
資料4(PDF形式:9KB)

問い合わせ先

住所
〒371-8601
前橋市大手町二丁目12番1号
担当課
都市計画課
電話番号
027-898-6974(直通)
Eメール
toshikeikaku@city.maebashi.gunma.jp

会議の内容

 1 開会

 委員14人中9人の出席により過半数を満たしており、審議会の成立が報告された。
 議事録が市ホームページに掲載される等、審議会が公開であること、傍聴者がいないことが報告された。

2 あいさつ

 小林会長
 中西都市計画部長

3 議事録署名人の選出

 議長(小林会長)より、金井委員と諏訪委員が議事録署名人として指名された。

4 協議事項


(1)前橋市景観重要建造物の候補選定について  資料1

   事務局説明 

 小林会長

 景観計画に位置づけられている景観重要建造物の候補について、悉皆調査のデータをベースに事務局で絞り込んだという説明があった。
 市の方針としては20件程度の景観重要建造物の指定をしたいということで、22件の候補案が挙げられている。これらが妥当なものであるかということについて議論いただきたい。 

 金井委員

 一部外壁が剥離している物件があるが、将来的に修復する感じがあるのだろうか。
 このままの状態では物件としてはどうかと思う。

 小林会長

 今回考えていただくのは、本格的な調査に入るための候補物件の選定ということでお願いします。

 諏訪委員

 公のものは見慣れているし、迫力あるし、歴史あるので把握しやすいが、一般住宅を含めて20件に絞り込むというのは、実際に見ていないとその根拠が難しい。
 所有者の中にも制度を嫌う人もいるだろうし、多めにしておいた方がいいように思う。

 能登委員

 候補物件の中に登録文化財が入っている。一つの物件にいくつもプレートがつくのは如何なものか。
 評価基準に、地域の歴史や文化を感じさせるもの、とあるが、それは文化財保護法のコンセプトと似ている。選定のときにこれを外してみれば違うコンセプトが出てくるのではないかと思う。
 地域のランドマークがとても重要だろうと思う。それが県外からの観光者・流入者にとってなのか、市民にとってなのか、というところを事務局で考え方を深化して選定のときの前提として、ここでのコンセプトを作ったほうがいいと思う。

 岡委員

 下の方にランクされたもので、建築家が見れば微妙でも、普通の人が見ればノスタルジックな雰囲気を感じるものがある。普通の人の感覚が反映されていない気がするので、そこがあるといいと思う。

 小林会長

 事務局に質問だが、今回で終わるわけではなくて、まずはこれでやってみよう、という考え方でよろしいか。

 事務局

 とりあえずこれでやってみて、所有者の意向をうかがった上で詳細調査に入り、指定していくということ。

 小林会長

 景観重要建造物のストックを少しずつ貯めていこう、ということであれば、今回とりあえずいくつか絞り込んで詳細調査をして妥当なものであるかどうかを検討するということで理解する。制度の検討については補助等の話しでよいか。

 事務局

 先進他都市の事例を参考に検討して行きたい。例えば、高崎市において6件ほどの景観重要建造物があり、補助制度もあると聞いている。

 小林会長

 景観の場合、外観に限られる、ということで、文化財とは守備範囲が少し違ってくる。
 景観法の趣旨は市民の財産という理念があり、外観も歴史性を反映させたものなので、そのものの価値を持つという観点から、歴史的要素も入らざるを得ない。文化財としての価値は文化財保護課のほうで当然調査されていますし、それが重複するのは当然のことだと思うのであえて分ける必要は無いと思う。
 我々が見ているのは物であって、たまたまそれが外観であったり中身、歴史性であるということであると思う。あえて重み付けをして判断するよりも、客観的・総合的に判断してたまたまそれが歴史性を持っている、等のニュアンスでいるというのが最初の段階ではいいのではないかと思う。

 岡委員

 弁天通りのアーケードとか、自分は見慣れているけど、外から来た人は珍しがるので、あの辺は真っ先に入るのかなという気もしていたのだが、偏りを感じる。

 金井委員

 視認性を重視するとあったが、外から来た人たちが、これはいい、というものも前橋の特徴として出せると思う。視認性で考えれば、前橋市はこういうものがある、あれが前橋のパンフレットに載っていたもの等、前橋の重要な建物だという認識を持ってもらうものだと思う。

 小林会長

 近代和風建築悉皆調査を主なベースにしている。公募という形で市民から募集している自治体もあり、前橋市の場合は行なっていないが、今後、市民目線で魅力的な場所・物件を抽出するような方法を取ればいいのではないか。最初事務局が説明したように、これ以外に何か候補となるような物件があれば、委員の皆さんから是非事務局に上げていただいて徐々にフォローしていければいいと思う。

 三田委員

 前橋でランドマークというと、県庁だと思う。そうすると周りの昭和庁舎や群馬会館に人が寄せられると思う。
 また、アーケードのようなものを取り上げていただいて、人が歩くような街にしたいと思いますので、アーケードは大賛成ですし、広瀬川周辺のものも取り上げていただきたい。活気があるものにしていただきたいと個人的には思う。

 小林委員

 景観とは有機的なのでまちづくり活性化や目立つとか観光に利用するとか色々な視点が可能だと思う。そういう観点でご推薦いただくということでよろしいかと思う。

 秋山委員

 先ほどランドマークの意味が市民にとってか、観光客にとってかという話があったが、弁天通りとか赤城大鳥居とか朔太郎橋とか、これに心を動かされてここに住もうと決めたので、観光客の方にもそういうところを見て欲しい。前橋の方は謙遜される市民性のようだが、本当にいい街だと思うので自信を持っていただきたいと思う。

 小林会長

  今までのご議論からすると景観重要建造物を発見するのに、視点を絞る必要は無い、様々な観点、外から見た視点、市民としての視点とか、そういうものをこれから少しずつ活かしてこれを足がかりに募集をかけたりして次に向けて動き出していくことを考えていきたい。
 徐々に改善して行くということで、今回は事務局の提案どおりで進めてみて、問題があったら改善していくということで取りまとめていきたいと思う。

5 報告事項

(1)前橋市違反広告物是正指導の進捗状況について  資料1

   事務局説明

 能登委員

 17号線のところがすっきりして大分雰囲気が変わった。

 諏訪委員

 赤城の第1優先路線も大分変った。

(2)広瀬川河畔地区における景観形成の取組みについて  資料2

   事務局説明

  (意見・発言なし)

(3)総社山王地区における景観形成の取り組みについて  資料3

   事務局説明

 能登委員

  文化財として重要伝統的建造物群の指定事業もあるが、ここでは景観形成重点地区を目指しているのか。

 事務局

  都市計画課で進めているのは景観形成重点地区、エリアで保存する、という制度。
  文化財の伝建地区の可能性も考慮して文化財保護課と共に勉強会を実施している。

 能登委員

  伝建と景観、違うものが一体化することはありえない。重伝建はここで、景観形成重点地区はここ、という線引きをしないとならない。
 山王の場合、両方で網をかけるときにどこで線引きするのかが課題。

 中西部長

 両方で網かけをするという形で取組みをしているわけではなく、制度としては景観的な視点もあるし、文化財保護の重伝建という取組みで行ってもいいかな、という地域。
 両方で進めるのではなく、今は都市計画主体で進めていて、文化財保護課にオブザーバー的に協力してもらって、景観形成重点地区で進めているところ。

 小林会長

 上物を整えていくときに色々な法制度がありまして、美観地区が景観地区に変わって景観法・都市計画法の規定である地区の誘導がある。景観の場合は外観をどうしていこう、とにかく良くしていこう、そのためにはどのような手段があるか、という考え方が優先されるので、今のところ文化財保護法に基づく地区指定とかとあまりかぶらないのではないかと思う。

6 その他

 

7 閉会  

お問い合わせ先

都市計画課 

  • 電話:027-898-6943
  • ファクス:027-221-2361

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)