スクリーンリーダー用ショートカット

 

第20回前橋市宮城地区地域審議会

最終更新日:2013年11月28日(木)ページID:011194印刷する

審議会 会議録

審議会名

 第20回宮城地区地域審議会

日時

 平成25年5月9日(木)
 午後1時15分~午後2時27分

 場所

宮城公民館1階多目的ホール

出席者

 (委員)
櫻井敏道会長、萩原喜代壽副会長、阿久澤孝子委員、石川修司委員、梅澤光枝委員、大崎秀二委員、大﨑正信委員、北爪一郎委員、北爪かほる委員、櫻井善志委員、杉山直一委員、曾川友江委員、髙橋洋一委員、瀧澤勝美委員、野口光一委員、伴野照子委員、宮田光子委員、宮田紘子委員、六本木英夫委員

(市)
山本市長、細野副市長、関谷政策部長、福田財務部長、高橋建設部長、橋本政策推進課長、根岸財政課長、小林東部建設事務所長、小池都市計画課長、阿佐美総合教育プラザ館長、六本木宮城支所長
事務局(宮城支所地域振興課長、政策推進課職員3人、財政課職員2人、東部建設事務所職員2人、道路建設課職員1人、都市計画課職員2人)

欠席者

(委員)
 阿久澤武委員

議題


 (1)会長・副会長の選出について

 (2)地域審議会について

 (3)新市建設計画事業の進捗状況
  1. 平成25年度前橋市当初予算
  2. 新市建設計画事業平成24年度決算見込み、平成25年度当初予算
  3. 道路建設計画

(4)合併検証報告書について

 (5)その他

配布資料

  【次第】会議次第(PDF形式:72KB)
 【資料1】「地域審議会について」(PDF形式:24KB)
 【資料2】「合併まちづくり事業計画-新市建設計画」(PDF形式:304KB)
 【資料3-1】「平成25年度当初予算概要」(PDF形式:48KB)
 【資料3-2】「平成25年度当初予算」(PDF形式:4,066KB)
 【資料4】「合併まちづくり事業計画-新市建設計画-平成24年度実績(決算見込み)・平成25年度当初予算状況」(PDF形式:474KB)
 【資料5】「新市建設計画・宮城地区における主な事業の実施実績及び進捗状況」(PDF形式:204KB)
 【資料6】新市建設計画・道路整備計画図(PDF形式:2,008KB)
 【資料6添付】新市建設計画・道路整備計画図(PDF形式:3,689KB)
 【資料7】「土地利用について」(PDF形式:266KB)
 【資料8】「前橋市立幼稚園充実検討委員会について」(PDF形式:116KB)
 合併検証報告書(PDF形式:3,304KB)
 追加訂正資料(PDF形式:7KB)
 みやぎ千本桜の森概要(PDF形式:7KB)
 みやぎ千本桜の森 計画平面図(PDF形式:746KB)

問い合わせ先

  住所 〒371-0294 前橋市鼻毛石町1507-4
  担当課 宮城支所 地域振興課
 電話番号 027-283-2131
 Eメール miyagi@city.maebashi.gunnma.jp

会議の内容

1 開 会
(下田宮城支所地域振興課長)
 

2 委嘱状の交付
 山本市長より各委員に委嘱状を交付する。

 3 市長あいさつ
(山本市長)
 みなさんこんにちは。ご多用の中、本日地域審議会にご参集いただきまして誠にありがとうございます。2年目の初めての審議会となりました。そして、皆様方においても新しく委任を受けた方もどうぞよろしくお願いします。去年初めての審議会に来たときはとにかく早く新しい宮城をどうやって作っていくのか、皆さんにあせるような気持ちでお話をしましたけど、あれから早くも1年が経ちました。まだまだ、皆さんが思っているような宮城地区を作るにはいたっていませんけど、それでも、懸命に努力して参りたいと思います。
 エスコ事業や、自治会のご声援によりまして新しい宮城独自の地域づくりが行われればと思っています。
 さて、今日ご協議いただきます新市建設計画ですけど、着実に取り組んで参りました。その成果を六本木支所長や各担当からご説明申し上げます。
 その後、意見交換会その中ではこの地域審議会のいろんな議題に囚われず、宮城のいろんな思いを伝えていただければと思っております。どうぞよろしくお願いします。

4 自己紹介
  地域審議会委員の自己紹介
  副市長・出席職員の自己紹介

5 議事
(1)会長・副会長の選出について
(下田宮城支所地域振興課長)
 それでは、議事に移らせていただきます。
 議事は、会長が進行することになっておりますが、会長が選出されておりませんので、選出されるまでの間、私の方で議事を進めさせていただきたいと思いますのでご了承願います。
 それでは、次第の5(1)「会長・副会長の選出について」を議題といたします。資料1の6ページ7ページの「前橋市、勢多郡大胡町、同郡宮城村及び粕川村の廃置分合に伴う地域審議会の設置等に関する協議書」の第7条、7ページとなりますが、7条をご覧ください。
 第7条第1項で、地域審議会に会長及び副会長を置くことと規定しておりますので、会長、副会長の選出をお願いしたいと思います。
 なお、会長・副会長につきましては、審議会の委員の互選によることとされております。会長及び副会長の選出について、委員の皆様からご意見がございましたらお願いいたします。

(髙橋洋一委員)
 会長に櫻井敏道さん、副会長に萩原喜代壽さんを推薦したいと思いますが、よろしくお願いをいたします。

(下田宮城支所地域振興課長)
 ただ今、髙橋委員より、会長に櫻井敏道さん、副会長に萩原喜代壽さんとのご提案がありましたが皆さんいかがでしょうか。

(意義なしの声あり、委員全員の拍手)

 異議なしとの声がありましたので、ご承認いただきました。
 それでは、会長に櫻井委員さん、副会長に萩原委員さんにお願いいたします。
 櫻井会長さん、萩原副会長さんは、それぞれ指定のお席へお進みいただければと思います。
 それでは、櫻井会長さん、萩原副会長からご挨拶をいただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

(櫻井敏道会長)
 ただいま、宮城地区地域審議会の会長に選任されました苗ヶ島町の櫻井でございます。たまたま、合併の時に村長をさせてもらっていたことから、この大役をおおせつかったと思っておりますけど、なんせ、私は後期高齢者であります。したがいまして、本当に微力でございます。しかし、宮城地区、前橋市の発展のために、老骨にムチ打って一生懸命頑張りますので、なにとぞご協力ご指導の程お願い申し上げまして簡単でありますが、就任の挨拶とさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

(萩原喜代壽副会長)
 地域審議会の副会長でお世話になります、大前田町の萩原でございます。櫻井会長より年式が古そうに見えますけれど、だいぶ年式は私のほうが新しいと思っています。
 地域審議会は10年間の最後の2年間になると思いますけど、委員の皆さんには、宮城地区全般、前橋地区全体を見回してもらいまして、この地区が前橋市の一員に早く溶け込めるような努力をお願い申し上げたいと思います。今後ともご協力をお願い申し上げまして、簡単ですけどあいさつに代えさせていただきます。よろしくお願いします。

(下田宮城支所地域振興課長)
 ありがとうございました。
 それでは、ここからの進行につきましては、櫻井会長にお願いすることになりますが、本日の会議、そして、意見交換会では、皆様からの活発なご意見を頂きたいと考えておりますが、現地視察なども予定しておりますので、2時45分には終了とさせていただきますのでよろしくご協力をお願いします。
 時間も限られておりますので、このあとの事務局側からの説明は簡潔に行いますので、よろしくお願いします。
 それでは、櫻井会長よろしくお願いいたします。

(櫻井敏道会長)
 それでは、ご指名でございますのでしばらくの間議長を努めさせていただきます。なにとぞよろしくご協力の程よろしくお願いします。座らせていただきます。
 それでは早速議事に入らせていただきます。
 次第の5(2)地域審議会について、これは初めての方もいらっしゃいますので、地域審議会とはなんぞやということについて事務局からの説明をお願いします。

(2)地域審議会について
(資料1に基づき橋本政策推進課長説明)

(櫻井敏道会長)
 ただいま審議会の趣旨や役割について説明をいただきました。このことについて、皆さまからご質問がありましたらお受けいたしますのでよろしくお願いします。

(無しの声)

 特に無しのお声がありましたので、皆さんいかがでしょうか。
 それでは、ご理解いただいたものとします。
 次に、次第の(3)新市建設計画事業の進捗状況について、関連がありますので1.、2.、3.一括して事務局からの説明をお願いします。

(3)新市建設計画事業の進捗状況
  1.平成25年度前橋市当初予算
  (資料3-1、3-2に基づき根岸財政課長説明)

  2.新市建設計画事業平成24年度決算見込み、平成25年度当初予算
  (資料4、資料5に基づき六本木宮城支所長説明)

  3.道路建設計画
  (資料6に基づき小林東部建設事務所長説明)

(櫻井敏道会長)
 ありがとうございました。
 それでは、事務局から説明が終わりましたので、質疑応答に入ります。
 事務局から説明のありました新市建設計画事業に関連したご意見やご質問等ございましたらお願いします。いかがでしょうか。
 萩原委員お願いします。

(萩原喜代壽委員)
 道路の関係ですが、県道と市道が交差している場所7.ですが、他事業で実施済とありますが、353号線まで行くのに県道の点線は交差して左に登って行くが、これはどのように解釈したらよろしいか。

(小林東部建設事務所長)
 この場所ですが、建設事業という他に農村整備係で舗装改良等実施している所です。

(萩原喜代壽委員)
 新市建設計画ではないということですか。

(小林東部建設事務所長)
 新市建設計画ですが、一様に拡幅した箇所でなくて現道を舗装改良したり、最初の計画ですが、殆ど拡幅で計画した場所ですけど、地権者等の了解が得られた段階で工法の変更がされた場所です。

(櫻井善志委員)
 今の説明では何を言っているのか分からない。皆さん分かりますか。
 もう少し分かりやすく説明いただけますか。

(小林東部建設事務所長)
 東部建設事務所で一般的に建設だけの予算で事業をしたのでなく、農業関係の補助事業も使って事業を進めたので、他事業で実施した表現になっています。
 全体的に言えば市の事業で一緒ですが、費用の出所が農村関係の補助事業を使っていることです。

(櫻井善志委員)
 市長さん財布は一緒ですよね。地域の皆さんに説明するのには、一つの財布の中に仕切りがあるので、こっちから、あっちからと言われても分からない。

(櫻井敏道会長)
 櫻井さん、場所については分かりますよね。そうすればもう少し分かりやすく説明願いますか。

(山本市長)
 新市建設計画の約束どおり工事を施工させていただきました。その財源を建設部の財源以外に農政部の財源を使ったと。あえて説明しなくてもよかったのではないかと、余分な説明をしたので分かりづらかったと思います。お詫び申し上げます。

(櫻井善志委員)
 分かりました。

(櫻井敏道会長)
 他にありますか。
 特に無いようですので次第(4)合併検証報告書について、事務局の説明をお願いします。

(4)合併検証報告書について
(合併検証報告書により橋本政策推進課長説明)

(櫻井敏道会長)
 ありがとうございました。これが、いつか上毛新聞に出ていた、住民サービス4割評価せず。このことですね。評価しても良いと思うのですが。人それぞれ様々ですから。皆さんこのことについて何かご意見ありますか。

(瀧澤勝美委員)
 ただ今の合併検証報告書の中で、アンケート調査を中心としてお話がありましたけど、私、民生委員の関係で瀧澤ですが、8-9ページの関係で行政制度の中で9ページに健康福祉がありますが、エリアマネージャー制度実施がございます。この関係は平成24年度初めて市で取り入れ保健所の保健師を中心に、各地域へ自治会や各種団体の顔を見ながら環境づくりで地域づくり、健康づくりをしたいという話がありました。しかし、市から頂いたエリアマネージャーの体制について、私共の民児協に配られたものですが、どのようにやっているのか分からない。東部、北部グループの中に宮城はありますが、担当者の紹介は来てくれましたが、その後、どのような協働でやっているのか顔が見えてこない。たった一度保健師があいさつに来ただけで我々にどこからも説明がない。これがどのような発想で始まったのか。この審議会に最初担当課長が来ていたが、ここ最近福祉の人がまったく来ないのでお聞きしたいことが度々あるが、行政の予算担当の人ばかりなので、これから福祉の関係者も来ていただければ、分からない所を聞いて、地域に還元できればと思いまして。市長さんは分からないかもしれませんが、24年度はどのような効果がありましたか。あるいは、これから25年度26年度どのように進めていくか方針だけお伺したいと思います。

(細野副市長)
 保健師は前橋市にはたくさんいます。各課に保健師さんが何人かおりまして、今までは各課の行政が事業ごとに分かれていまして、保健師も母子なら母子、子どもなら子どもと、みんな縦割りになっていました。そういうのではいけないだろうと、24年度からエリアマネージャー制度を実施しまして、地区をきちんと保健師が定め、母子、子ども、高齢者と保健師の仕事を一括して、それぞれ地区を決めて、皆さんの顔が見える体制でしていこうと始めたものです。
 委員さんのほうに一度も顔を見せないのは申し訳ないですが、今後も25年度も引き続きやっていきますので、しっかりと顔の見える制度にして行きますので是非これからもご協力をお願いします。

(瀧澤勝美委員)
 概ね分かりましたけど、要望だけ申し上げたいと思います。
 新しいものができた時は、こと細かく各関係団体に説明をしてより効果が出るようなシステムを作るようにしていただければ、この制度がもっと良いことになってくると思います。せっかく顔の見えるものにしようというのに、ちょっと見えにくい所があるので要望します。

(山本市長)
 ありがとうございます。

(櫻井敏道会長)
 他にございますか。
 特にないようですので、次に次第の(5)その他ですが、土地利用について、事務局から説明をお願いします。

(5)  その他
 1. 土地利用について
(資料7に基づき小池都市計画課長説明)

(櫻井敏道会長)
 ありがとうございました。事務局からの説明が終わりましたので何かご質問がありましたらお願いします。いかがでしょうか。

(櫻井敏道会長)
 それでは持に質問もないようです。
 続きまして、資料8前橋市立幼稚園充実検討委員会について、事務局から説明をお願いします。

 2. 前橋市立幼稚園充実検討委員会について
(資料8に基づき阿佐美総合プラザ館長)

(櫻井敏道会長)
 ありがとうございました。事務局からの説明が終わりましたので何かご質問がありましたらお願いします。いかがでしょうか。

(萩原喜代壽委員)
 前回も統廃合の話になったのですが、その時今後検討して行くことになっていいんですが、実際の運営の仕方について不満があるのですが、平成25年度の個人の説明会で、送迎バスの運用について説明があったのですが、園児が変ってもルートが変らないので、そのルートの所まで親が送ってくるのが基本らしいですけど、そこまでかなり距離がありますが親が車に乗せてそこまで来ると納得したらしいですが、この地区には育心保育園がありまして、ここでは細かく庭先まで来るようなサービス、よって充足率は100%を超えています。宮城幼稚園に電話で確認したらそこの家庭は今は庭先まで送迎しているそうです。他の親御さんに聞くと車でバス停まで行くとあと5分走れば幼稚園に着いてしまうから、親が送り迎えをしていると聞いています。やはり、いかに園児数を確保すること、運営に関して父兄から話を聞いているとしても、出す親にしてみると子供が人質みたいな状態ですから言いたい事が言えないのが現状だと思います。今年入園する子供がどこに居るのか分かる訳ですから、改めてルートを考えるような事をしたほうが私は良いと思います。そういう検討はないのですか。

(阿佐美総合プラザ館長)
 宮城幼稚園を含め3園について送迎バスがあります。各園停留所と言いますか、子供達を送り迎えする所を決めています。それは、各園話し合いの元で行っていると思いますけれど、今のご意見を参考に幼稚園に確認したいと思います。

(萩原喜代壽委員)
 父兄と、幼稚園で相談しながらやっていると言い方をされていますが、父兄は相談でなくて、このルートだからと言われると、このルートが良いとなかなか言えないそうです。
 宮城幼稚園のほうから、新しく入る園児の家を地図に落としてこれでルートを変えようとか提案をしなければ、なかなか親御さんからは家の近くまでとは言えないそうです。その辺をもう少し考慮すれば園児数は増えると思います。
 今、宮城幼稚園の充足率は48%くらいですか。

(阿佐美総合プラザ館長)
 本年度の宮城幼稚園ですが、5クラスで定員180人のところ87人で48%になっています。今お話のあった事については十分伝えていきたい。

(萩原喜代壽委員)
 よろしくお願いします。

(櫻井敏道会長)
 他にございますか。
 特にないようですので、事務局から事務連絡をお願いします。

(下田宮城支所地域振興課長)
 事務局より2点ほど連絡させていただきます。
 次回の審議会について説明させていただきます。この地域審議会の開催は4月と10月の年2回を基本としておりますので、次回の審議会は10月に開催するということでお願いしたいと思います。
 具体的な日程につきましては、概ね1ヶ月前に通知をさせていただきますので、よろしくお願いします。
 2点目のお知らせですが、三夜沢町の赤城神社のヤマツツジが見ごろとなっています。今年は残念ながら花数が非常に少なく例年の半分くらいです。こういう状況ではありますが、明日、テレビ朝日の報道ステーションのお天気コーナーで生中継があります。現場はご存知のとおり駐車場が有りませんのでテレビで観ていただければと思います。

(櫻井敏道会長)
 次回の開催は10月でございますのでよろしくお願いします。
 それでは、本日予定していました全ての議事は終了いたしました。
 ここで議長の座を下ろさせていただきます。ご協力ありがとうございました。

(下田宮城支所地域振興課長)
以上を持ちまして、「前橋市宮城地区地域審議会」の第20回会議を閉会させていただきます。

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

宮城支所 

  • 電話:027-283-2131
  • ファクス:027-283-2358

〒371-0294 群馬県前橋市鼻毛石町1507番地4(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)