スクリーンリーダー用ショートカット

 

第12回富士見地区地域審議会

最終更新日:2014年12月15日(月)ページID:014070印刷する

審議会 会議録

審議会名

富士見地区地域審議会

会議名

第12回富士見地区地域審議会

日時

平成26年10月29日(水) 午前9時56分~10時56分

場所

富士見支所庁舎 2階大会議室

出席者

<委員>
 金澤賢会長、中嶋清一副会長、青木朱美委員、青木泰孝委員、新井安正委員、宇田克巳委員、岡田聖行委員、狩野きみ子委員、狩野亮一委員、樺澤静代委員、樺澤壽美子委員、塩原純子委員、関次男委員、関口喜弘委員、中根たみ子委員、松村信子委員、森田輝征委員、山本洋二委員、綿貫恒好委員

 <市>
山本市長、細野副市長、佐藤教育長、福田財務部長、高橋建設部長、橋本政策推進課長、根岸財政課長、渡辺道路建設課長、中西都市計画課長、簑輪危機管理室長、町田資産税課長、狩野富士見支所長、事務局(富士見支所地域振興課長、地域振興課職員1人、政策推進課職員3人、財政課職員1人、道路建設課職員3人)

欠席者

柳井定義委員

議題

 議事

 (1) 新市基本計画事業の進捗状況
   1)平成25年度前橋市決算について
   2)5年間の実績について
   3)  道路整備計画について

 (2)その他


会議の内容

1 開会
(須田富士見支所地域振興課長)
<資料確認>

2 市長あいさつ
(山本市長) 

3 議題
 (1)新市基本計画事業の進捗状況
(金澤会長)
 委員の皆さんには、何かとご多忙なところご出席いただきまして大変ご苦労様でございます。
 この審議会もご案内のように、今回で設置期間10年の半分になるということで、前期の計画に基づいた事業が実施されたところであります。
 後で説明もあると思いますが、この5年間の事業を振りかって見ますと市当局のご配慮と関係職員の努力の賜物により、大変順調に推移して来たと思っております。
 また、委員の皆様にもご理解をいただき、いろいろな作業が順調に進んだという事もございます。今日は、前期の中の最終協議でありまして、いろいろな説明があると思いますが、十分ご審議いただきたいと思います。それと同時に平成27年度からは後期に入るわけでございまして、これも引き続いていろいろ皆様方からご協力いただいた中、また行政のご指導の中で進めていかなければならないと思います。そういう事で、十分今日は審議いただきますようお願い申し上げます。
 それでは早速でありますが、議事に入らせていただきます。まず、議事の(1)新市基本計画の進捗状況について、1.「平成25年度前橋市決算」、2.「5年間の実績」、3.「道路整備計画」とございますので、順次事務局から説明をお願いします。

 <根岸課長より資料1「平成25年度前橋市決算」について説明> 

 <狩野富士見支所長より資料2「新市基本計画事業(主なハード事業)5年間の実績」について説明> 

 <渡辺道路建設課長より資料3「道路整備計画」について説明>

(金澤会長)
 説明が終わりました、大変ありがとうございました。
 質疑に入りたいと思いますが、事務局から説明がありました、新市基本計画事業に関連した、意見やご質問等をお願いしたいと思います。

(関委員)
 関でございます。それでは新市基本計画の関係ですが、先ほど説明がありましたように上期につきましては、概ね予定したとおりの事業が出来たと我々委員も考えています。
 そこで先ほど説明がありました中で下期に入りましての主要事業の中で検討中という事業がいくつかあると思いますが、その中で特にお尋ねしたいのが5ページになりますが、放課後児童クラブの整備、原小学校の児童クラブの整備についてですが、これにつきましては検討中ということでございますが、ご承知のとおり現在の学童につきましても建物も借りておりますし、大変老朽化しております、また当然耐震も出来ていない状況でございます。
 それにつきまして、早期な設置を願うものでございます。その設置につきまして場所のことですが、現在、出来ております時沢、石井につきましても、学校の隣接地あるいは学校敷地内にできておりまして、非常に管理の方もし易いかと思います。従いまして、原小学校の学童につきましても、原小学校の隣接地あるいは敷地内に設置をお願いできればと思っております。
 それから、これは合せて一体的に考えた方が良いと思いますが、8ページの学校敷地、原小学校の校庭整備、これにつきましても、今申し上げましたとおり一体的に考え、整備された方が良いと思います。原小学校の校庭整備につきましては、恐らく平成27年度から用地取得の計画かと思いますが、それらについて、すでに予算編成時期かと思いますので、それらについても進んでいると思いますが、今後どのように推移していくのか、お尋ねしたいと思います。
 もう1点ですが、7ページの総合グランドの改修事業は実施中とのことですが、昨年の第10回地域審議会で整備構想図が示されております。駐車場350台くらい、それから野球のグランドでは観覧席を設置するという構想図がすでに我々には示されております。その中で、平成25年度には湧水対策、また今年度は改修内容の検討ということで予算的には50万円の予算がつけられておると思いますが、その中でどのような検討がされているのか、また、下期においてこれらをどのように整備して行くのか、その2点についてお聞かせください。

(市 長)
 私の方から概略だけで、細かい事は職員の方に聞いていただきたいと思います。
 原の児童クラブは検討中ということで、何か研究しているようなイメージでございますが、やるべき事は明確になっておりますので、その中で、教育委員会の方から施設整備の方向性、PTAとの調整、土地の地主さんとの話し合い、そういう事を具体的につめる段階になって来ていると聞いていますので、検討中というより、実施に向けての前段階に入っているということだと思います。
 教育委員会の方から報告させていただきます。
 富士見のグランドにつきましても、新市基本計画でございますので、やるべき事として順調に進んでいるかと思いますが、思った以上に土壌、地盤の問題にコストがかかりそうな話しがきております。そういうことも含めまして、私の現在の個人的な見解では、スポーツ施設の整備の場所としてあまりにもコストがかかるような地盤であるならば、むしろ、富士見の方々が代々集積いただいたスポーツ・学校の中に新しい可能性をみいだしても良いのではないかと考えているところでございますので、今回の前段階の諸調査の中でいろいろなものの具体的コストが明確になった段階で、私は率直に協議会といろんな議論ができれば良いと思っております。
 スポーツ担当部長は、今日は参加しておりませんが、私なりの私見だけ述べさせていただければと思います。

(教育長)
 お世話になります、教育長です。児童クラブ関係の話しと原小学校の校庭整備を含めてということですが、基本的に今年、国の方で放課後児童対策という大きなプロジェクトが動き出しまして、児童クラブにつきまして、今まで基本的には4年生までが対象であったが、6年生まで拡大をしていく。保護者の就労支援もありますし、子ども達の安全対策ということで、国でも動いております。
 前橋市は、児童クラブの設置位置については基本的には校地内、学校の敷地内、もし空き教室でもあれば、校舎内に入れることもある。あとは校地内、どうしてもなければ校地に隣接したところに土地を求めましょう。今のところ全部がそのようにいっている訳ではないのですが、基本的にはそのようにしてあります。
 原小の場合には先日からいろいろお話しをいただいて、基本的に校地が比較的狭いので、その中に児童クラブを造るのは、やめましょうということで、隣に今駐車場になっている土地と下がっているのですが畑の土地があります。
 前々からのお約束もあって、基本的には駐車場に児童クラブを造ったらどうか、ということで設計図を書き始めております。合わせて、そこの駐車場が手狭になりますので、今後のことということで、その上の土地を購入等検討して行くというように考えています。
 そんな事でよろしいでしょうか。現状はそのような感じですが、ただ、農地がだいぶ下がっているものですから、それを全部上げるとかなり膨大な金もかかるので、それは皆様と検討しながらということになります。

(関委員)
 学童の関係ですが、現在、プールの西の駐車場という事ですね。そこへ学童施設を造ると駐車場がなくなってしまう。
 また、教職員の駐車場も校舎裏で、かなり手狭なところに置いていると思いますが、以前の話になりますが、3階の外壁が落ちたりして、危険な時もあったようです。それと学校行事等で、そこの駐車場が無くなると路上駐車等が増えてくると思いますので、それらにつきましても関係部署で連携を取りながら、早急に駐車場用地もある程度の面積を確保できるよう、ご検討いただければと思います。

(金澤会長)
 他にございましょうか。

(新井委員)
 よろしいですか、新井でございます。直接今の3点に関わることではないのですが、新市基本計画ということなので、お伺いしたいと思います。
 今、用途地域が3箇所あります。事業しているところは小暮地区が主力だと思いますが、何時からかは、はっきり覚えていませんが、都市計画税が発生するのではないかと思います。何時頃から、どのような方法でするのでしょうか。

(福田財務部長)
 財務部長の福田でございます。今、都市計画税のご質問がございました。前回、前々回ですか、都市計画課の方からも都市計画の線引きの関係で、いろいろ説明会の報告やら日程についてもご説明させていただきましたが、5年間が経過をしますので、合併の特例で合併から5年間は都市計画税を課税しないと言う形で来ました。今年度で合併から5年が経過しますので、来年度、平成27年度から都市計画税が課税されることになります。
 今ご質問いただいたように3地区、用途指定がされています3地区について、だいたい該当するお宅は1,800件強あると見込んでおりますが、該当する地権者の方については、資産税課の方から事前にお知らせをさせていただく準備をしております。
 納税通知書の前に、都市計画税が来年度から課税されます、という内容でお知らせをする準備をしておりますので、土地、家屋で1,800件強くらいの方が新しく都市計画税が課税されることになります。

(新井委員)
 これは、今までの計画どおりに進んでいない場所が一杯ある訳ですね、こういう所にも、やはり課税されるのですか。

(福田財務部長)
 これは、法律でこのように決まっているものですから、都市計画の線引きとの関係で、用途地域については、都市計画税を課税しなければならないことになっていますので、これは課税になってしまいます。
 これは、大胡地区でも用途地域がございますので、課税されておりますし、同様な扱いとなります。

(新井委員)
 よろしいですか、現実にうちの地区は駄目ですよという所がはっきりある訳ですね。事業できませんよ、用途地域にはなっていますが事業はできません。
 公共下水に関しては入っている所がありますから、その1点だけは納得していただけると思うのですが、後は、道路にしろ、水路にしろ、現状のまま当分続くのではないかと懸念されるのですが、それでもこれは決まりだから、税を課税しますよということになりますと、納得される方は殆んどいないのではないかと思いますが、納得させる自信はあるのでしょうか、強引に取ることになるのですか。

(福田財務部長)
 これは、地方税法上でも都市計画法上でもそのような内容で規定されていますので、課税させていただくということしか、今はご説明のしようがなくて、前回、前々回でもそういうことでお話しをさせていただいてきたと思いますので、都市計画税が来年度から課税されますというお知らせは以前から、それぞれの地区でも説明会を開き説明してきておりますので、今おっしゃるようなご指摘の部分もあろうかと思いますが、それは、今後の問題として市の方で検討して行くことになろうかと思いまが、課税については、来年度から課税させていただかなければならないということで、ご理解いただければと思います。

(新井委員)
 市長さんのお考えは。

(市 長)
 福田部長さんがおっしゃる方針で、我々は進んでいくしかないと考えています。

(新井委員)
 税に対してはそれでいくとしても、その地域に対しての説明をどのようにするか。

(市 長)
 その地域に対しての説明は、納得の得られるように努力するというお約束しか出来ませんが、頑張って行きたいと思います。
 また、税の対価をきちんと皆様が感じられるような取り組みを合わせて進めて参りたいと思います。

(新井委員)
 これは、来年から始まるわけですので、早急に検討していただきたいと思います。

(金澤会長)
 他にございますか。完成したそれぞれの事業についての皆様の感想とか利活用などでも結構ですから、何かありましたらお願いします。

(宇田委員)
 新市基本計画事業の主なハード事業の7ページ教育・文化で富士見公民館の整備、平成26年度に公民館の大規模改修で、夏、改修の検討委員会があって、改修していただくことは大変ありがたいわけですが、まだ設計が示されていないのでどの程度の期間使えなくなるのか判りませんが、公民館が良くなることは良いことですが、公民館を主な活動場所としている文化協会の団体、240団体、600人くらいの会員やどこにも属していない団体なども使えなくなり、よわったと頭をかかえている訳です。
 具体的な改修計画が示されていませんので、何時から何時までか未だ分かりませんが、その間活動場所がなくなり、よわっているところです。
 生涯学習課の方では、南橘とか芳賀とか近隣の公民館を使っていただければ、同じように使えますと言っていますが、年寄りで足も不自由な人は、自分の地域の公民館に来るにも旦那さんに送ってもらい来ているような人もいる訳です。
 そんな中で、隣の地域の公民館まで行くのは元気な人の考えで、とても都合はできない。例えば、どのようなところがその間使えるのか、支所の中にはそのような場所があるのか。

(狩野富士見支所長)
 私の方の支所では、ご覧の通りここの部屋と中会議室と言うこの2つの部屋です。ここのところで、定例で使うということになりますと、今、使っているのが自治会と民生委員さんが定期で使っております。
 富士見公民館の整備の時には、それらの利用関係と平行しながら利用団体さんと調整しながら利活用を図れればと思っております。
 その他、今支所で管理している場所では改善センターがございます。そちらの方もここよりは若干広い100平方メートル強程あるところですが、利用団体もありますが、それらも含めながら調整を図れれば利活用できるのではないかと思います。
 ここに自治会連合会長さんもおりますが、私の考えで申し訳ありませんが、自治会もかなり大きな施設を持っております。
 あくまでも私案ですが、空いているとすれば自治会連合会とも相談しながら、空いている会館等があれば、それらも含めながら検討してはどうかと思います。
 ただ、自治会の会館にもいろいろ制約があると思いますので、今後、連合会とも調整しなければならないと思いますが、富士見地区にある施設といえば、その程度だと思いますので、なるべくその中で、連携を図りながら一時期をうまく調整できれば良いかと思っています。

(宇田委員)
 使いたい団体が、個別に貸してくれませんかと言っても非常に難しいと思いますので、上の方から、こういう公民館の改修計画があり公民館が使えなくなるので、協力してやってくれとか、そういうのを連合会の森田委員さんの方にお願いなのですが、そういう事で支所も含めてご協力していただけたらと、よろしくお願いします。

(教育長)
 お世話になります、教育長です。本当にご心配のとおりで、富士見地区は特に公民館を使われる団体等の数が非常に多いものですから、これは、たぶん富士見地区の様々な生涯学習活動が活発なのだと思います。
 生涯学習課が所管しているものですから、改修の件を含めていろいろな話しをしていたのですが、改修の期間をどうするかと生涯学習課と検討していたのですが、今、支所長さんからもお話がありましたが、生涯学習課が統括をして全体を見ながら連合会長さんとも相談させていただき、全体を見ていきたいと思っていますので、もう1回指示を改めてしておきますが相談させていただければと思います。
 いずれにしても、これで文化活動が低調になってしまったという訳にはいきませんので、出来る限りのことはして行きたいと思っておりますが、何分、場所が問題ですので、いろいろ調整して行きたいと思っております。

(森田委員)
 連合会長の森田でございます。私の方でもいろいろ心配しておりますが、地区の集会所とか公民館とかいろいろありますが、それぞれの地域の自治会が関与しておりまして、その管理の仕方、いろいろな規約がありまして、区民が使用する場合も有料なところが沢山ある訳で、それとの調整が問題になります。
 区民はお金を払って集会所を使う訳ですが、上の方から指示が出てきた団体には、無料で使わせてくれと言われても、管理費用は地元でもっていると言う話しが出てきかねない事を心配しております。
 以上です。

(狩野(き)委員)
 公民館の改修もとても楽しみですし、それから老人センターも一緒に改修するということで、すごく期待しています。
 介護予防の関係で少し老人センターにお世話になっていて、ずっと継続することが大事だと思いますので、今、公民館の生涯学習の話もでましたが、「なるべく近いところ」でというのは公民館の方と同じわけです。
 近くに保健センターがありますので、介護予防事業は、介護高齢課とも関係していますので、うまくその辺が連携できて、今の保健センターは昔の保健センターと比較しますと、赤ちゃんの検診とかしていませんし、中のフロアも一体になっていてバリアフリー化していますし、できれば生涯学習の人も同じなのですが、「なるべく近いところ」で皆ができることが理想だと思いますので、貸していただけるか分かりませんが、良い建物もそばにあるので検討の中の1つに施設として入れていただけると大変ありがたいと思います。
 よろしくお願いします。

(金澤会長)
 他にないでしょうか。先ほど出た公民館の改修また老人センターの改修は、当然行政の方からもこの地域に対して相談の問いかけ、改修の際の利活用の問題とか一時改修している期間、来年の9月か10月頃から始まるような話を聞いておりますが、行政の方からも投げかけられております。
 また、皆さんからも各利用団体からの意見が出されておりますので、これからも是非、お互いの話し合いというか、相談というか、情報交換をしていただければありがたいと思っております。
 先ほども出ましたが、私も地区の社会福祉協議会を預かっておりますが、そういう中でいろいろな行事を老人センターも含めて実施しておりますので、できれば富士見地域内の施設をその間だけは利活用させていただいて、やっていければ一番望ましいかと思います。
 先ほど連合会長さんからもお話しが出ましたが、当然、各地域の自治会の会館等を利用していただく場合、有料のところもある訳ですから、その場合には利用団体で負担していただくような形の話し合いをしていかなければならないと思っております。
 何か他にございましょうか。
<発言なし>
 よろしいでしょうか。
 この後、市長さんとの意見交換会もございますので、その他を含めた中でまたやっていただければ良いと思いますし、また、ご意見がありましたらお願いしたいと思います。
 それでは、以上で(1)の新市基本計画事業の進捗状況についての質問は終わりにさせていただきます。

(2)その他
(金澤会長)
 その次に(2)その他に移りたいと思います。
 その他につきまして、関連する事業等について何かございましたらお願いします。

(青木(泰)委員)
 その他と言うことで、産業にありました7.白樺牧場の牧柵改修、8.みずなら原生林の遊歩道等の整備に関わる維持管理を今後どのようにして行けば良いかと言う質問ですが、みずならの原生林も、先日、改修していただけるという話で地元として草刈をさせていただきました。
 白樺牧場の牛がまとまって来ると牧柵を押してしまって、柵が斜めになってしまう、そういうこともあるので、今後も維持管理を続けて補修していかなければならないと思いますので、その辺のところも加味して考えていただきたい。

(金澤会長)
 要望ですね。

(青木(泰)委員)
 はい、要望です。

(金澤会長)
 それについて、何かございますか。

(青木(泰)委員)
 今日は観光関係の方がいないのですが。

(市 長)
 今日、黒檜山に登っております。

(青木(泰)委員)
 それも1つ黒檜山の景観(ビュー)スポットと言う事で、今、桐生、沼田の両市と一緒に登ってもらいどうしたら良いか検討していただくようお話しを進める訳ですが、これも国有林の問題がありますので、最終的にはたぶん知事の認可が必要だと思いますが、黒檜山の山頂だけは前橋市の管轄ではないものですから、どうしても沼田市と桐生市の連名でないと話しが進まないと思いますので、その辺もよろしくお願いします。

(市 長)
 牧場の柵の関係や黒檜山の山頂の景観の見通しについては、今日、観光部長も登っておりますので、報告を受けて取り組んで参りたいと思います。

(青木(泰)委員)
 よろしくお願いします。それともう1点ですが、ご存知のとおりワカサギの放射能という関係で、大沼はなかなか進まない状況にあります。今後どのような対策を講じていけば、早く解除してもらえるか、すごく難しい問題であり、我々も県といろいろ協議しながら一緒に進めていますが、なかなか除染問題は難しい問題で、沼の中の底に問題があるものですから、それをいかに回収できるか、あるいはそれをどのように固定させるか、いろいろな方法を国と模索して調査させていただいていますが、なかなか費用的な問題がありまして、それをいかに国から引っ張り出してもらえるかと言うことが今後のお願いの段階に入って来ると思うので、その時には是非とも市全体で協力していただかなければ進まない問題だと思いますので、その辺もよろしくお願いします。

(市 長)
 知事の方もだいぶ頭を悩ませながら一生懸命やっているようでございますので、良く協力しながらやって参ります。

(青木(泰)委員)
 1番の違いが、海と違って内水面漁協は国でもあまりないものですから、なかなか話しが進まない、どちらかというと内水面漁協は観光と密接に関わっている漁協が多いものですから、その面で漁業を生活基盤としている海の漁協とはちょっと違いますので、国もその対応を後にして動いている関係から、なかなか話しが進んでいかない状況です。
 強く何度も言っていただかないと、話しが進まないと思いますので、すみませんがよろしくお願いします。

(市 長)
 そのように努めます。

(金澤会長)
 それでは、その他についても無いようなので、事務局の方から何かありますでしょうか。

(須田富士見支所地域振興課長)
 それでは事務局の方から事務連絡させていただきます。次回の審議会の開催についてですが、次回の審議会は来年の5月頃に開催するということで、ご承知おきをいただきたいと思います。
 具体的な日程等につきましては、概ね開催の1か月前に通知をさせていただきますので、よろしくお願いしたします。

(金澤会長)
 次回の開催は5月頃の予定でございますので、お含みおきを頂きたいと思います。
 それでは、本日の予定した議事は以上をもちまして終了します。
 議長の職をおろさせていただきます。
 ご協力ありがとうございました。

4 閉会
(須田富士見支所地域振興課長)
 それでは、審議の方ありがとうございました。
 以上をもちまして、前橋市富士見地区地域審議会の第12回会議を閉会いたします。 
 

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

富士見支所 

  • 電話:027-288-2211
  • ファクス:027-288-2214

〒371-0192 群馬県前橋市富士見町田島240(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)