スクリーンリーダー用ショートカット

 

平成29年度第1回スポーツ推進審議会

最終更新日:2017年8月2日(水)ページID:018345印刷する

審議会 会議録

審議会名

スポーツ推進審議会

日時

平成29年7月13日(木) 午前10時~午前12時

場所

総合教育プラザ2階 21会議室

出席者

(委員:14人)
遠藤会長、内堀副会長、中島委員、蜂須委員、樺澤委員、村上委員、滋野委員、靜委員、北爪委員、清水委員、樫崎委員、樺沢委員、塚本委員、羽生委員

欠席者

福地委員

内容

1 開会

2 あいさつ

3 議題
 (1) 報告事項
  ア 平成28年度事業報告について
  イ 平成29年度事業説明について
  ウ その他
 (2) 審議事項
   スポーツ施設等の使用料等の見直しについて

4 その他

5 閉会

配布資料

次第(PDF形式:64KB)
委員名簿(PDF形式:76KB)

 報告事項資料

 01スポーツ課組織図(PDF形式:70KB)
02H29スポーツ行事(PDF形式:105KB)
03H29市民スポーツ祭計画(PDF形式:127KB)
04H29市民運動会開催計画(PDF形式:74KB)
05H29スポーツイベント(PDF形式:111KB)

審議事項資料

A01スポーツ施設等の使用料等の見直し(PDF形式:119KB)
A02施設の位置づけ(PDF形式:137KB)
B01使用料の見直し案(PDF形式:258KB)

問い合わせ先

スポーツ課スポーツ施設係 027-898-5832

会議の内容

 1 開会(事務局)
 あいさつに入る前に、2名、委員の交代があったので、説明をさせて頂きます。
 1人目は、前橋市小学校体育研究会の会長が後藤様から変更になりましたので、新会長の北爪様に審議会委員を委嘱させて頂きました。
 2人目は、群馬県高等学校体育連盟理事長が堀越様から変更になりましたので、新会長の樫崎様に審議会委員を委嘱させて頂きました。
 任期は、前任者の残任期間であります平成29年6月16日から平成30年6月30日までとなります。

2 あいさつ
 遠藤会長からあいさつがあった。
 続けて、髙梨文化スポーツ観光部長からあいさつがあった。

3 議題
 (1) 報告事項
  ア 平成28年度事業報告について
  イ 平成29年度事業説明について
 事務局より資料に基づき、報告があった。

(遠藤会長)
 ただいまの報告について、何か質問などはございますか。

 ないようなので、次に進みたいと思います。

 (2) 審議事項
   スポーツ施設等の使用料等の見直しについて

1 改正方針
(事務局)
 
使用料等の見直しについては、旧大胡・宮城・粕川地区の合併から10年以上経過しており、使用料や時間帯区分を統一するために昨年度2回にわたり審議会で協議していただき、見直しすることについては、基本的に合意して頂いておりました。
 昨年度から審議会で協議していただいた同種同規模の施設の使用料を統一することについては、統一した方針を決定するにためには、もう少し時間をかけて審議会で協議していただくため、来年4月の改正からは除きたいと考えています。
 したがって、事務局案としては、過去の審議会において委員の皆様に基本的には合意していただいているパターン1の「時間帯区分の統一」、「個人利用の統一等」について、来年4月の改正を目指していきたいと考えています。
(遠藤会長)
 
事務局案としては、パターン1の「時間帯区分の統一」、「個人利用の統一等」を来年4月の改正に向けて進めていきたいということであります。したがって、「使用料の統一」については、今回の審議からは除いて進めていきたいということでありますが、そのような進め方でよろしいでしょうか。
(委員)
 
はい。(異議なし)
(遠藤会長)
 
それでは、パターン1で進めることでお願いします。

2 時間帯区分の統一
(事務局)
 
単価は現行のまま据え置きとし、「占有利用」における時間帯区分を3時間単位に統一するものです。区分については、資料に記載のとおりとなります。
 ただし、宮城体育館については、部活動で平日に施設利用を行っており、基本的なパターンに統一した場合、部活動の利用時間が「17~19時」となっていることから、「15~18時」、「18~21時」の両方の枠を予約する必要があるため、一般の方が夜間に利用することができなくなってしまいます。したがって、宮城体育館については、例外とさせていただきたいと考えています。
(遠藤会長)
 
基本的なパターンは、資料の上の表の時間帯1.~時間帯5.に統一し、例外として宮城体育館については、下の表の時間帯1.~時間帯5.で統一をしていきたいということでありますが、これについて委員の皆様から何かご意見はありますか。
(中島委員)
 
宮城中には学校の体育館がないのですか。
(事務局)
 宮城中には学校の体育館もあります。
(中島委員)
 学校の体育館があるのになぜ宮城体育館は例外になるのでしょうか。
 他の中学校のことを考えるとなぜ例外にするのでしょうか。
(事務局)
 
宮城体育館は、旧宮城村時代に建設されたものであり、中学校の体育館がありながらも宮城中の体育館としても活用してほしいという強い地元要望があったようです。
(中島委員)
 
さきほども説明がありましたが、合併して10年以上経つのにそれだけがまだ残っているということでしょうか。
(事務局)
 
はい。仮に統一したパターンにした場合、部活動の時間を現在より短縮させる必要があり、教育活動に影響を及ぼしてしまうため、また、部活動終了後に一般利用者が利用可能とするため、宮城体育館は例外としたいと考えています。
(事務局)
 
補足説明になりますが、施設によっては、照明設備がなかったり、また、体育館については朝の枠がなかったりすることから時間帯1.や5.がない施設もあります。
 ただし、基本的には上の表の時間帯1.~時間帯5.で統一をしたいということであります。施設ごとについては、資料に詳細を記載しておりますので、そちらをご覧頂ければと思います。
(遠藤会長)
 
それでは、「2 時間帯区分の統一」については、宮城体育館は例外として、それ以外の施設については、3時間単位で統一する形でよろしいでしょうか。
(委員)
 はい。(異議なし)

3 「個人利用」の統一
 事務局より資料に基づき、説明があった。

(遠藤会長)
 
利用者の区分が今までばらばらだったのを「一般」と「中学生以下」に統一し、また、施設種別ごとの使用料を統一するということでありますが、これについて、委員の皆様から何かご意見はありますか。
(羽生委員)
 
日吉体育館と大胡体育館は今回新しく個人利用が導入されるということですが、現在の利用形態はどのようなものなのでしょうか。
(事務局)
 現在は、占有利用しかないため、基本的には団体で利用する形が多いと思います。
(羽生委員)
 
利用者から何か個人利用の希望があったことから改正を行うのでしょうか。
(事務局)
 
具体的に利用者から要望があったわけではありませんが、施設の有効活用やより利用しやすい施設という観点から新たに導入をしていきたいと考えています。
(遠藤会長)
 
ほかに何か質問などはございますか。

 ないようなので、これで進める形でよろしいでしょうか。
(委員)
 はい。(異議なし)

4 「年間練習」・「年間利用」の廃止
 事務局より資料に基づき、説明があった。

(遠藤会長)
 
ただいまの説明について、何か質問はありますか。
(樫崎委員)
 
王山運動場の陸上競技場は、市内の陸上競技部の多くの生徒が利用していると聞いております。
 他の部活動については、学校内の体育館などの施設で活動ができると思いますが、陸上競技については、特別な施設がない限り、活動が難しいと思います。
 現在は、ありがたいことに、年間1,610円で利用をさせて頂いておりますが、これが31年度から1回につき300円という形になると、高校生には負担になるのかなと思います。
 31年度からということで1年間猶予して頂く期間があるとは思いますが、高校生については、もう少し特別な措置をしていただければと思います。
(遠藤会長)
 
(王山運動場の陸上競技場の)実際の利用状況はどのようなものなのでしょうか。
(事務局)
 
平成28年度は、約4,900人の利用がありました。
(蜂須委員)
 
王山運動場は、中学生は陸上教室などで利用していると思います。
 高校生は、教室や部活動などで利用しているのでしょうか。
(樫崎委員)
 
高校生は、教室は行っていないと思いますが、合同練習などの日常の部活動で利用しています。
 基本的にはほぼ毎日利用をしていると思います。
(蜂須委員)
 
王山運動場は「全市対象施設」に分類されているので、(改正されると)高校生は300円、中学生以下は100円という負担を考えていく必要があるのかなと思います。
(靜委員)
 
王山運動場は全国的にも珍しい投てきのできる施設です。毎年インターハイなどで前橋市内の高校生が活躍をしていますが、それは王山運動場で練習ができるからだと思います。学校内で投てきをすると非常に危険です。もちろん王山運動場だから安全というわけではありませんが。そういうこともあって、各学校が集まって技術を磨いているのかなと思います。
 中学校については、東中や元総社中などの生徒が主に土日に活動をしており、夜については、一般のランナーや企業チームが利用している形だと思います。
(樫崎委員)
 
例えば、現在の1団体で1,610円というのは破格だと思うので、1人あたり1,610円に統一していただけると、他の地域と比べても特に高すぎるとは思いませんので、ご検討をお願いします。
(遠藤会長)
 
今の提案について、事務局はどうですか。
(事務局)
 
事務局としては、テニスコートと陸上競技場の両方とも年間練習・年間利用の廃止という提案させていただきましたが、利用状況を考慮すると、それぞれ性質が異なるので、テニスコートと陸上競技場を分けて考えることもできると思います。
 テニスコートについては廃止の方向で進めていき、陸上競技場については、高校生以下の利用も多いことから、樫崎委員の提案のような1人いくらというような形もあるのかなと思います。
(遠藤会長)
 
年間練習は、学生が中心になって利用している施設もあり、投てきについては学校で活動をするのが難しいということです。
 テニスコートの年間練習の利用者数はどれくらいですか。
(事務局)
 テニスコートの利用者は約6,000人です。
(遠藤会長)
 
利用者は中学生が多いとか、一般が多いとかどのような形なのでしょうか。
(樫崎委員)
 私がたまに行ったときに感じるのは、一般の方が多いのかなと思います。中学生などが部活で利用しているのはあまり見たことはありません。たまに親子でやっているのも見かけたりします。
(蜂須委員)
 
先ほど靜委員がおっしゃたように、特徴のある施設もあるので、高校生以下の競技力向上、育成という観点から特色を出していくのもいいのではないでしょうか。
(遠藤会長)
 
今までの話を聞くとテニスコート、陸上競技場のそれぞれの施設ごとに考えていく必要があるのではないかと思いますがどうでしょうか。
(靜委員)
 
陸上競技をとっても前橋総合運動公園は3種公認の陸上競技場で競技用の器具も揃っています。王山運動場は公認ではありませんので器具もあまりない状況です。この2つを比べるのはどうなのかなと思います。
 また、前橋総合運動公園の陸上競技場は照明設備がありませんので、一般の人がなかなか練習をすることができない状況だと思います。王山運動場はわずかな明かりですが防犯灯みたいなものがありますので、ある程度は練習ができる状況です。
 テニスについては、50年近くこの制度があると思います。利用者はおそらく一般というか平日自由に活動できる人が利用しているのではないかと思います。
 テニスの年間練習は三俣と王山だけで他の施設については、前橋総合を除いて面利用という形になっています。
(遠藤会長)
 
テニスについては、他の施設では年間練習ができないということでありますので、他との整合性をとっていかなくてはならないと思います。
 王山運動場のテニスコートは三俣と同じような使い方なのでしょうか。
(事務局)
 
そうです。
(遠藤会長)
 
今までの議論をふまえて、委員の皆様はどうでしょうか。
(靜委員)
 基本的には、年間利用は40~50年続いているものですが、他の施設と比較しておかしいというか安過ぎると思っており、本来であれば廃止するべきだと思います。
 ただし、その中で様々な利用状況があると思いますので、それをふまえた上で議論していくのも一つの方法なのかなと思います。出来れば廃止するべきだと思いますが、利用者の混乱もあると思いますので利用者の実態調査をもう少ししていく方がいいのかなと思います。
(遠藤会長)
 基本的には廃止ということで進めたいといことでありますが、施設によっては学生の利用が多い施設もあるので、もう少し実態調査をして検討していく形でよろしいでしょうか。
(内堀副会長)
 
できれば、テニスと陸上は分けて考えていく方がいいと思います。
(遠藤会長)
 
ではそのような形でよろしいでしょうか。
(事務局)
 
テニスについては、基本的には一般利用の方がメインで他の施設との差別化が中々難しい状況で、そこだけなぜ安いのか、不公平な状況が生まれています。
 陸上については、学生の利用が多いということがありますので、テニスについては廃止する方向で進めさせていただき、陸上については、もう少しデータを集めながら検討をしていくこととしたいと考えていますがいかかでしょうか。
(北爪委員)
 
小学生はスポーツ施設を利用することはあまりないと思いますが、本来スポーツの振興が目的であると思いますので、場所で考えることも一つの考え方であると思いますが、高校生以下というような学令で検討していただくのも一つの方法だと思います。
 例えばテニスコートなどは、あまり中高生は利用率が少ないかもしれませんが1人1回300円などの使用料となると少ない子に過剰負担がかかってしまうと思います。
(清水委員)
 
前橋市のスポーツ施設においては、(中学生の)減免という制度がないと思います。大会については予算を頂いているので実施することができますが、中学校の部活動については、減免制度自体はありませんが、(年間練習は)非常に安い料金で使わせていただいています。中学生の部活動については現在の制度のような配慮も必要かなと思います。
(遠藤会長)
 
テニスコートについては、廃止する方向で進め、陸上競技場については、ある程度利用状況をふまえて判断するということでよろしいでしょうか。
(委員)
 
はい。(異議なし)

5 「高齢者」の使用料
 事務局より資料に基づき、説明があった。

(遠藤会長)
 これは、高齢者の割引をしていこうということでしょうか。
(事務局)
 はい。平日の昼間に施設を利用されている方の多くが65歳以上の高齢者ですので、健康づくりの推進、また、施設の有効活用という面で割引制度を考えました。
(遠藤会長)
 
この提案については、今まで3,000円で3,300円分の回数券が購入できたのが、高齢者については、3,900円分の回数券を購入できるようになり、高齢者の健康増進を応援していくということであります。これについてはこの提案どおりでよろしいでしょうか。
(委員)
 はい。(異議なし)

6 「占有利用」における「若年層」の使用料
 事務局より資料に基づき、説明があった。

(蜂須委員)
 
課題の部分で使用料収入が大幅に減少するとありますが、これは市としては使用料収入を増やしたいという意図があるのでしょうか。
(事務局)
 
仮に現行の使用料のまま、高校生以下の使用料を割引いた場合、単純に収入減になってしまいます。事務局としては、全体の使用料の見直し、統一とあわせて検討をしていきたいと考えています。
 この議題については、みなさんに承知していただきたいというものであり、今後、「占有利用」の料金の見直しをしていく際には、この3施設は「高校生以下」の割引があるということを頭に入れて頂いて、議論をして頂ければと思います。

(遠藤会長)
 
最後に今後のスケジュールと今日のまとめをお願いします。
(事務局)
 
本日の審議会をまとめさせていただくと、「時間帯区分の統一」、「個人利用の統一」については、同意をいただきました。
 年間練習・年間利用の廃止については、テニスコートと陸上競技場を分けて考え、陸上競技場については、学生の利用もあることから利用状況を考慮しながら引き続き検討を行い、テニスコートについては、基本的には廃止ということで同意をいただきました。
 高齢者の使用料については、事務局案のとおり、市内在住の65歳以上については、回数券の割引を行っていくということで同意をいただきました。
 「占有利用」における「若年層」の使用料については、現在3施設のみ導入がされているという状況について、認識していただきました。
 スケジュールについては、本日の同意内容をふまえて、12月に行われる第4回の定例市議会において、30年4月1日からの施行に向け、条例改正の事務手続きを進めたいと思います。改正条例の議決後は、速やかに利用者や関係団体へ十分に周知をしていきたいと考えています。
(遠藤会長)
 本日の審議について、以上のまとめでよろしいでしょうか。
(委員)
 
はい。(異議なし)
(遠藤会長)
 
それでは、これで議長をおろさせて頂きます。
 ご協力ありがとうございました。

4 その他

5 閉会

お問い合わせ先

スポーツ課 

  • 電話:027-898-5832
  • ファクス:027-243-5173

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)