スクリーンリーダー用ショートカット

 

国指定天然記念物岩神の飛石環境整備委員委嘱式並びに平成25年度第1回会議

最終更新日:2013年11月5日(火)ページID:011772印刷する

審議会 会議録

審議会名

国指定天然記念物岩神の飛石環境整備委員会

会議名

国指定天然記念物岩神の飛石環境整備委員委嘱式並びに平成25年度第1回会議

日時

2013年8月20日
午後3時から午後5時

場所

市庁舎3階 33会議室

出席者

委員 敬称略 ※五十音順
梅澤重昭委員、片山満秋委員、小池洋七委員、瀬尾茂委員、野村哲委員
指導助言
文化庁 桂雄三主任調査官、群馬県教育委員会 田島輝之指導主事、群馬県立自然史博物館 菅原久誠学芸員
事務局
佐藤教育長、中島管理部長、松村文化財保護課長、小島課長補佐兼文化財保護係長、能登文化財整備指導員、岩瀬副主幹、小沼主任、小川主任、宮沢主任

欠席者

なし

議題

  1. 今年度事業について 
  2. 協議(樹木伐採、囲柵の設置・撤去、測量図面作成委託及び巨岩隙間幅定点設置、測量、岩石成分分析)
  3. その他 

配布資料

会議次第(PDF形式:29KB)
会議資料(PDF形式:199KB)

問い合わせ先

住所
〒371-0018  前橋市三俣町二丁目10番1号
担当課
文化財保護課
電話番号
027-231-9875(直通)
Eメール
bunkazai@city.maebashi.gunma.jp

会議の内容

  • 委嘱状交付(教育長より、委嘱状を交付しました。)
  • あいさつ(教育長より、あいさつがありました。)
  • 会長選出(委員の互選により、会長を選出し、会長から就任のあいさつがありました。)

議事

(1)今年度事業について
事務局より、国指定天然記念物岩神の飛石の概要及び事業履歴、今年度実施される事業の概要について説明しました。

(2)協議

事務局より、今年度実施される事業内容(樹木の伐採、囲柵の設置撤去、測量図面作成委託及び巨岩隙間幅定点設置測量、岩石成分分析)について説明しました。その後、これらについて協議を行いました。
(委員)
天然記念物というのは、自然に即して対象物が現在存在しているという立場にあります。よって、樹木の伐採は、対象物に悪影響を及ぼしているあるいは、及ぼしそうなものを除きながら、記念物の永い保存を図ることにあります。ただ、樹木が神社の敷地に繁茂していることも考え、両者のバランスを考えながら実施することも大切かと考えます。
(主任調査官)
指定されているのは岩体であります。よって保存上、それを阻害するものは除去するのが当然であり、日常的に見つけては除去すべきであると考えます。しかしながら、周辺の風景は、ある程度の時間を重ねてきています。したがって、地元や所有者さんのご意見を伺いながら進めていくのが妥当かと考えます。
(委員)
囲柵の設置範囲については、現在設置されている範囲で行われるのがよいかと思います。
(学芸員)
岩神の飛石については、赤城山由来説、浅間山由来説と来歴が定かでない部分があります。本事業において岩石成分分析を行い、どこ由来であるか、あるいは全く別の由来であるかをはっきりとさせていければと考えております。
(委員)
岩石成分分析で明らかになった事柄については、是非、専門家が議論できるような学術論文として整えて欲しい。
(委員)
岩石成分分析等の調査では、是非、層位学的な出来る形でも進めていけるといいのではないかと考えています。

(3)その他

閉会

管理部長より閉会のあいさつがありました。

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

文化財保護課 

  • 電話:027-280-6511
  • ファクス:027-251-1700

〒371-0853 前橋市総社町3-11-4(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)