スクリーンリーダー用ショートカット

 

平成25年度第3回社会教育委員会議

最終更新日:2014年1月24日(金)ページID:012343印刷する

審議会 会議録

審議会名

社会教育委員会議

会議名

平成25年度第3回社会教育委員会議

日時

2014年1月10日(金)
午後3時00分から午後4時45分

場所

中央公民館 51・52学習室

出席者

委員
樽井議長、安保副議長、大森委員、阿部委員、今野委員、横山委員、滋野委員、志村委員、原澤委員、蓑輪委員、石井委員

事務局
佐藤教育長、宮﨑指導部長、内田生涯学習課長、以下4名

欠席者

森谷委員

配布資料

01_次第(PDF形式:69KB) 

問い合わせ先

住所
〒371-0023 前橋市本町二丁目12-1 前橋プラザ元気21
担当課
生涯学習課
電話番号
027-210-2198(直通)
Eメール
gakushu@city.maebashi.gunma.jp
 

会議の内容  

1 教育長あいさつ

2 議長あいさつ

3 議事
※発言要旨
 (1) 協議
【 全体会 】
 ◆社会教育関係団体に対する補助金について
  生涯学習課長から平成26年度の社会教育関係団体に対する補助金について説明があった後、審議を行った。

 ◆提言書の作成に向けた今後の協議の進め方について 
(樽井議長)
 安保副議長から提言書の作成に向けた今後の協議の進め方について、説明をお願いしたい。

(安保副議長)
 平成19年度には、学びを地域に還元するための仕掛けをテーマに、平成23年度には、各ライフステージにおいて社会教育を推進するための人材の発掘・養成をテーマに提言書にまとめてきた。平成24年度には、社会性を育むための社会教育の可能性について協議を進めてきたが、平成26年度には、これまでの協議を踏まえた新たな提言書を作成したい。
 そのためには、全体会だけではなく、ライフステージごとに委員会を設置しピンポイントで協議を進める必要がある。各委員会で、対象の現状や課題、課題を解決するための対策や方策を調査、分析するとともに、具体策を検討したい。
 対象の現状や課題等を検討するに当たって、専門的な人材や市のデータ等が必要な場合に、対応が可能か。

(事務局)
 できる限りの対応をさせていただく。

(大森委員)
 提言書の作成に向けて、スケジュール的に厳しい状況である。委員会を個別に開催することは可能か。

(事務局)
 ぜひ、お願いしたい。

(安保副議長)
 各委員会でじっくりと調査、協議を深めることが可能ということなので、市民のためにすばらしい提言書にすべく、各委員会での作業を進めていきたい。

【 委員会 】
 ◆各委員会で「社会性の育成」を軸に、対象の年代が抱える課題や対策について協議を実施
  < 第1委員会 >
   乳幼児~高校生(0歳~18歳)
   構成員:大森委員(座長)、横山委員、原澤委員、蓑輪委員 

  < 第2委員会 >
   青年層(19歳~39歳)
   構成員:今野委員(座長)、志村委員、石井委員、森谷委員(欠席)

  < 第3委員会 >
   中高年層(40歳~) 
   構成員:安保副議長(座長)、樽井議長、阿部委員、滋野委員

   ※各委員会の協議内容の議事は省略

【 全体会 】
(樽井議長)
 各委員会で協議した主な内容を座長から発表してほしい。
 まず、第1委員会(乳幼児~高校生)についてお願いしたい。

(大森委員)
 第1委員会では、付箋紙と模造紙を活用し、KJ法で課題を洗い出した。
 主な意見としては、未就学児については、保護者の養育態度や地域社会への参画意識の醸成、小中高校生については社会性を育成するための環境づくりについて、検討を進める必要がある等が出た。

(樽井議長)
 続いて、第2委員会(青年層)についてお願いしたい。

(今野委員)
 第2委員会では、青年層については、データに基づいた実態が掴みにくい年代であるが、働いている方々の抱える課題(ワークライフバランス等)について様々な面から協議した。今後、課題を抱えた青年層を支援するための手立てについて検討したい等の意見が出た。

(樽井議長)
 最後に、第3委員会(中高年層)についてお願いしたい。

(安保副議長)
 第3委員会では、公民館等での学びを地域に十分還元できていないという課題に対して、スポーツや音楽、文化等を通した地域づくりや青少年健全育成という視点で検討したい等の意見が出た。
 また、ニートや引きこもりの問題については、青年層だけでなく、40・50歳代でも問題になっていることから、第二委員会と連携した協議も必要ではないかとの意見も出た。

(樽井議長)
 ニートや引きこもりの問題のように各年代で共通の軸もある。社会性については、ある年代から突然に問題になるわけではないので、全ての年代を通して考える必要がある。次回以降も、各委員会で協議を進めるとともに、全体会で共有することが重要である。

4 連絡
(1) 教育委員会組織機構改革について
(2) 今後の予定について

 

お問い合わせ先

生涯学習課 

  • 電話:027-210-2197
  • ファクス:027-237-0722

〒371-0023 群馬県前橋市本町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)