スクリーンリーダー用ショートカット

 

平成26年度第1回芳賀公民館運営推進委員会

最終更新日:2014年7月17日(木)ページID:013399印刷する

審議会 会議録

審議会名

芳賀公民館運営推進委員会

会議名

平成26年度第1回芳賀公民館運営推進委員会

日時

平成26年7月10日(木)

午前10時~午前10時50分

場所

芳賀公民館 会議室

出席者

 (委員)

長岡映忠委員長、吉田叶副委員長、中西孝雄委員、佐藤英教委員、中山洋子委員、佐藤久子委員、椛澤真由美委員、福島道子委員、宮内幸男委員、近藤喜代美委員

(公民館)

篠田館長、中村主任

欠席者

なし

議題

1 平成26年度 公民館事業(案)について

2 その他

配布資料

1 公民館運営推進委員に関する条例・規則

2 公民館の運営方針

3 公民館主催事業(主なもの)について

4 公民館・サービスセンターの利用統計

問い合わせ先

芳賀公民館 電話269-6724

会議の内容

 1 開会 

2 委嘱状の交付

  (中西孝雄委員、椛澤真由美委員)

○公民館運営推進委員について

 前橋市公民館条例、前橋市公民館運営推進委員会規則等に基づき、公民館運営推進委員の役割について、篠田館長が説明する。

3 長岡委員長のあいさつに引き続き、議長になってもらい、以下の議事を進める。

4 議事

(1)平成26年度芳賀公民館の運営方針について

 資料に基づき、経営のねらい、本年度の重点施策、重点施策実施上の留意点について篠田館長が説明する。

(2)平成26年度公民館主催事業(主なもの)について

 平成26年度の公民館主催事業について中村主任が説明し、意見を求めた。

1.   少年教室では、6月にじゃがいも掘り体験教室、8月に夏休みチャレンジ教室(絵画教室)を開催している。じゃがいも堀り体験は、子供たちに「地産地消」の大切さを教えることができた。また、夏休みチャレンジ教室は、色々な体験や学習をとおし、学年の枠を超えた交流を図りながら、子どもたちの自主性や豊かな感性を養い育てることを目的として絵画教室を行う。

2.   はつらつ教室のネーミングで開催している高齢者教室は健康の維持と教養の充実を学習課題とし、全7回にわたって講座を開催する。運営等については、地区の長寿会連合会を中心に「はつらつ教室運営委員会」を設置し、内容を協議した。

3.   地域づくり講座は、今年度も引き続き、自主学習グループとして活動している囲碁クラブに指導をお願いし「初心者のための囲碁教室」を全5回開催する。

また、今年度は若者を中心に急速に普及しているスマートフォンについて、なかなか触れる機会がない方に実際に操作をしていただき、新しい情報媒体としての理解を深めてもらうことを目的に「初心者のためのスマホ講座」を行う。

4.   家庭教育学級では、アンケートの中で、地域交流が希薄な現在、子どもをつれて手軽に行く場所のない親子にとって、この事業に参加して公民館に来ることが楽しみだった、という声が多数寄せられたので、今年度も就園前の親子を対象に全6回の教室を開催する。その中で託児付の講座では、保健推進員さんにご協力をいただきながら2回開催する。

5.   子育て支援ボランティア講座では、昨年度に引き続き、家庭教育学級の託児や地域の子育て支援をするために必要な基本的知識や技術を学ぶ、地域ボランティアの育成を目的として開催している。

6.   自主学習グループ支援事業では、利用グループ連絡協議会終了後に「いきいき健康教室」を開催した。内容等については利用グループ連絡協議会本部役員を中心に企画をした。また、今後の事業として、利用グループ連絡協議会会員を対象に視察研修会(東京方面)を予定している。

7.   生涯学習奨励員研修事業については奨励員と自治会長が一緒に研修視察を実施し、相互の連携を深めるとともに、知識と教養を深め今後の生涯学習活動の一助とする。

8.   情報提供事業については、館報を毎月2回発行している。A4版、両面刷り、地区内全戸(3,878戸)及び関係機関に配布している。公民館の主催事業や各種団体の事業についてのお知らせや結果の報告、サービスセンター業務のお知らせ、図書室新刊図書の案内(15日号)をしている。毎回芳賀公民館のホームページに掲載している。毎号裏面については、地区の広報ボランティア会で、企画・取材・執筆したものを編集し、掲載している。

昨年度より引き続き、フェイスブックの前橋市ページにおいて、芳賀地区の情報を発信している。

その他といたしまして、利用グループ連絡協議会でまなび連協を年2回発行している。

(3)公民館関係業務の説明

   資料に基づき、公民館関係の利用状況、サービスセンターの業務状況等を篠田所長が説明し、意見を求めた。

5 主な意見について

 ・じゃがいも堀り体験教室では父親の参加割合はどのくらいあったか(中山委員)

  →父親を含む家族での参加者が多かった。(20家族中10家族くらい)

 ・昨年度の公民館運営推進委員会で家庭教育学級での父親参加はとても大事であるので参加PRをして欲しいと申し上げたが、今年度はどのような広報の仕方をしたか教えて欲しい。(中山委員)

  →申し込みをしてくださった参加者にお父さんの参加も呼びかけた。また、家庭教育学級開講式でもPRをしていきたい。

 ・今年度の生涯学習奨励員研修事業の予定について(佐藤英委員)

  →今年度は未定であるが、芳賀地区の再発見をする為にも、秋頃にうずら山ハイキングを企画しても良いのではとの意見もある。(中山委員)

 ・調理室の冷蔵庫の利用について、1団体が占領することなく、他の団体も責任を持って使用できるように公民館から指導して欲しい。調理器具の表示もしっかりして欲しい。また、調理器具の使用簿も作成して欲しい(中山委員)

  →次の利用団体が気持ち良く利用できるように各団体に周知していきたい。

 ・公民館利用状況の推移について平成23年度の人数が他年度と比較して大幅に多いのは、どのような利用があったのか。また、サービスセンター関係業務の文書送達事務について、平成23年度の件数が他年度と比較して大幅に少ないのはどうしてか。(中山委員)

  →後日確認いたします。(利用状況はカウントの方法が違っていたことが判明。文書送達は該当年度の当初に記載漏れがあったことが判明した。)

お問い合わせ先

芳賀市民サービスセンター(公民館) 

  • 電話:027-269-6724
  • ファクス:027-269-7051

〒371-0131 群馬県前橋市鳥取町817(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)