スクリーンリーダー用ショートカット

 

平成27年度第1回城南公民館運営推進委員会

最終更新日:2015年7月31日(金)ページID:015202印刷する

審議会 会議録

審議会名

城南公民館運営推進委員会

会議名

平成27年度第1回城南公民館運営推進委員会

日時

平成27年7月14日(火)午前10時~11時20分

場所

城南公民館 第一会議室

出席者

委員
松村委員長、島田副委員長、村山委員、原嶋委員、太田委員、井田委員、橋本委員、氏家委員
事務局
川端館長、五十嵐

欠席者

品川委員、青木委員

議題

(1)委員委嘱式
(2)平成27年度城南公民館経営の基本事項について
(3)平成27年度城南公民館事業計画について
(4)意見交換

配布資料

問い合わせ先

住所
〒371-2117 前橋市二之宮町1320番地
担当課
前橋市教育委員会事務局生涯学習課 城南公民館
電話番号
027(268)2111(直通)
Eメール
d410222@city.maebashi.gunma.jp

会議の内容

 委員長のあいさつの後、委員長が議長となり議事に入る。 事務局から報告、議題について了承され、その後意見交換。

【主な質疑応答】
◎中学生ボランティアについて
(松村委員長)
 過日行なわれた「のびゆくこどものつどい」の際、来館した教育長が中学生ボランティアの数の多さに驚いていた。大きなイベントが、実はボランティアの力で成り立っているということを学生のうちから肌で感じることは大事なことである。災害時のボランティアにもつながると思う。社会に出てからいきなりできることではないと思うので、そういった意味からも重点施策(4)中学生や一般成人の公民館事業や地域行事への参画参加を承認する という項目は非常に良いと思う。


 ◎戦後70周年に向けて
(原嶋委員)
 自分の住む飯土井町では生涯学習奨励員と協力して、「先人の話を聞く」という戦争にまつわる講演会を開催したところ、大変盛況であった。城南地区全体を見れば、もっとたくさんの戦争体験者がいると思う。今年は戦後70周年であり、そのような方々にお願いして、ひとつの町単位の地域ではなく、城南地区として考えてみる機会を持つのはどうだろうか。

(事務局)
 実は、公民館としても今年は親子で戦争体験者からの話を聞く講座を検討中である。

(島田副委員長)
 大室小学校では、大東亜戦争が始まった12月8日に毎年講演会を開催し、私は戦争体験者として何度も話をしているが、子供達が涙ぐみながら聞いている姿に、こちらも胸が熱くなる。戦争の話というのは、戦争の惨めさだけを伝えるのではなく、そこから子供達が何を感じるかが大事なことで、そのような機会を公民館で持つのも非常に良いことだと思う。
 

(館長)
 公民館事業を進める中で、実際に利用していただいている皆さんの意見を聞くことは、我々にとって大変意義のあることと思っている。せっかくの機会なので、是非皆さんの日頃感じていることを聞かせていただきたい。

   (各委員から町の状況、所属団体の状況等報告)
 

(松村委員長)
 今後も委員の皆さんには公民館運営に協力していただきたい。
 

(島田副委員長)
 城南公民館のこの建物ができて、今年で20年である。1月が落成式だったので、今年度の1月でちょうど20周年ということになる。ここの公民館の職員は支所用務が多く、執務時間中は公民館業務に集中できない状況もよくわかっているが、その中でもお互いに協力して地域の中での公民館の役割を果たしていきましょう。

お問い合わせ先

城南支所 

  • 電話:027-268-2111
  • ファクス:027-268-5038

〒379-2117 群馬県前橋市二之宮町1320(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)