スクリーンリーダー用ショートカット

 

第3回前橋市産業振興ビジョン協議会

最終更新日:2016年3月30日(水)ページID:016227印刷する

審議会 会議録

審議会名

 前橋市産業振興ビジョン協議会

会議名

 第3回前橋市産業振興ビジョン協議会

日時

 平成27年8月26日(水)午前10時00分~11時15分

場所

 前橋市役所3階 32会議室

出席者

 (委員側)
 吉田委員長、根岸副委員長、阿部委員、五十嵐委員、石田委員、岩﨑委員、植木委員、狩野委員、下田委員、高橋委員、橋本委員、政田委員、増田委員
(市 側)
岩佐産業経済部長、川端産業政策課長、細井係長、木村補佐、若島係長、石原副主幹、にぎわい商業課 田村副参事

欠席者

 石川委員、太田委員、鈴木委員、奈良委員、茂木委員

議題

  1開 会  
  2委員の委嘱
  3委員自己紹介(新しく委嘱された委員)
  4委員長挨拶
    5議 題 産業振興ビジョンについて
    6その他
    7閉 会  

配布資料

数値目標資料(PDF形式:387KB)
第三回資料P1(PDF形式:206KB)
第三回資料P2(PDF形式:180KB)
第三回資料P3(PDF形式:187KB)
第三回資料P4(PDF形式:193KB)


 


問い合わせ先

住 所
〒371-8601 前橋市大手町二丁目12-1
担当課
産業政策課 産業政策係
電話番号
027-898-6983(直通)
Eメール
kougyou@city.maebashi.gunma.jp

会議の内容


 

(資料に基づき細井係長からの説明)・・・・・・・・・・・・・

 

吉田委員長

ただ今事務局から説明がありましたが、どなたかございましたら・・

 

根岸副委員長

 計画どおりで全体的にはいいと思います。その中で2ページ目の御用聞きの企業訪問で、今までに46社コーディネーターが先行訪問して、3者により、5社を訪問したということですね。訪問によりどんな要望があり、市としてどんなことをやってきているのか?そのへんの進捗状況を教えてください。

 

細井係長

 御用聞き型企業訪問では、コーディネーターの方に先行して46社訪問いただいているわけです。その際に報告書をまとめていただいています。その後、毎月 3者で集まった連絡会議で報告書を基に回るべきものを決めています。

 

根岸副委員長

 具体的に市に対する要望は出てきていないですか?

 

細井係長

 補助を充実して欲しいといのはあります。コーディネーターが訪問して、一見でいろいろ聞きだせるといのは難しい現状があります。

 

石原副主幹

 企業によって、課題が製品開発であったり、代替わりであったり、様々なので、個々の課題に対しては、今ある市の制度を紹介するとか、産業技術センターを紹介するとか、対応はしています。

 

根岸副委員長

 それが大事なんだと思います。

 

岩佐部長

 訪問した結果についても、まとめて状況について報告したいと思います。

 

吉田委員長

 訪問先はどうやって決めてますか?

 

細井係長

 会議所とも連携しているので、会議所の会員や、市の施策等で知った企業等で選んでいます。要望があれば訪問しますが、制度の周知が図られていない部分もありますので。。

 

吉田委員長

 他にありますか?

 

橋本委員

 2ページの新製品開発による特許の出願率ですが、共同特許はどうやってカウントするんですか?

 

細井係長

 市の支援で実現に至ったというカウントです。

 

増田委員

 人材確保に若い人ということですが、若い人ばかりだと、高齢者も必要となってくる。実はうちも御用聞き型企業訪問のコーディネーターに入っていただいて、若い人との調整についてなかなか言いにくいことを言っていただいて、それをルール化してシステム化してしまおうとしています。あと現場をしっかり管理できる高齢者が必要になっていて、そういった方をご紹介いただけるようなものも必要になっています。そいったものも入れていただければと思います。

 

岩佐部長

 とりあえず若者の離職率が高いとか、埋もれた人材の活用だとか、まず先に取り組んでいますが、将来的にはシニアバンクの様なものも必要なのかと思います。

 

 

岩崎委員

 産業人材の獲得ですが、企業が人材の獲得についてどう考えているのか?学生が県内企業にどんな感覚をもっているか?感覚の齟齬というのはあると思います。企業を学生が知らないというのは大きな課題だと思います。

 

岩佐部長

 高校生に対しては実業高校でキャリアセミナーを開催して、企業から高校へ行って頂き、説明をいただいています。

 県に聞くと県外に進学するのは毎年6千人くらいで、戻って来るのは2千人なんだそうです。県も危機感をもっていて、なるべく県内に戻ってくる施策をしたいとのことでした。

 工科大の学生に限ると、840~850人くらいのうち、市内に就職は5%程度です。また市内の学生が工科大に行くのも僅かなんです。工科大の学生に市内にもっと就職してもらいたいので、魅力を発信しなければと思います。

 企業の人材については、マイスターと言われる人も段々少なくなっているので、シニア層の技術をどうやって伝承していくかといのが大切だと思っています。

 

吉田委員長

 他にありますか?

 

政田委員

 いろいろな施策をとっていって、概ね計画どおりで、という認識でよろしいですね?施策をやっていって結果どうなるのかというところで、最後の目標値については、平均所得についてはクリアしているということですね。

 

細井係長

 28年度の目標数値なので、28年度の時に達成する必要があります。

 

政田委員

 その他の2つについてはどうでしょうか。経済センサスについて古いデータというのは分かるが、見込が分かるようなものはないでしょうか?

 

細井係長

 ビジョンの策定の中で、こうして数値目標を掲げて現在に至るわけですが、ビジョンに掲げた施策が、こうした数値目標に必ずしも直接に影響するとは言えないのが現実です。また、今回こうした数値目標としておりますが、次回のビジョンに向けてはより良い指標がないか、研究したいと考えております。

 

政田委員

 ここに掲げた数値目標を変えるべきだというのではなく、これはこのままでいいですが、何か見込みが掴めるものがないかと思っているのだが。

 

岩佐部長

 何か目標が必要というので定めたが、もっとタイムラグがあるので、もっと良い数値があればと思っています。

 

吉田委員長

 結果について、具体的な分からないので次回から訪問件数が何件で、問題点が何件で、解決が何件でグラフにしてもらうようだと分かりやすい。

 

阿部委員

 4の起業に対する支援ネットワークですが、保証協会も8月からシルキークレインを発足しました。保証協会としても活用いただければと思います。

 

細井係長

 先日 シルキークレインのお話をいただきまして、是非 女性の創業ということで連携させていただきたいと考えております。

 

吉田委員長

 コーディネーターの先行訪問により、それまで見えなかった開発支援のニーズが見えてきた。とはどういうことですか?

 

細井係長

 自社製品の開発に関する具体的な話が出来きたり、生産管理の上での具体的な課題が出てきて、具体的支援機関を紹介するなど出来てきたことです。

 

岩佐部長

 インキュベーション施設の設置ですが、皆様の協力をいただきまして、ようやく着工できることになりました。中央駐車場の前ですが、元カラオケ店をリニューアルして、運営は公募で募り、1階にはチャレンジショップが入ります。希望者がいらっしゃれば、ご紹介ください。

 

根岸副委員長

 どのくらいの事業者が入れますか?

 

岩佐部長

 大小あって14室です。会議室 ラボなどを予定しています。インキュベーションなので長くは入居させることはしません。

 

根岸副委員長

 事業費はどのくらいですか?

 

岩佐部長

 設備で2千万円 運営で2千万円 くらいですね。

 

石田委員

 この会議の対象は製造業ということですか?

 

岩佐部長

 そうではありません。農業は対象ではありませんが、全体を対象としています。

 

下田委員

 ここで公募型共同研究の結果を報告します。3年やって 18社と共同研究しました。特許は9件。実用化は6件です。研究に関わって、企業とマッチングした学生は4人です。企業からも研究担当者がドクターコースに入学しました。教員の学会発表が22件でした。研究代表者は18人。また教員のほぼ半分が研究に加わりました。今年度も継続してやっております。

 

吉田委員長

 有難うございました。以上で会議を終了いたします。

 

  

関連書類

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

産業政策課 

  • 電話:027-898-6983
  • ファクス:027-224-1188

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)