スクリーンリーダー用ショートカット

 

(Q&A)家屋が老朽化していますが、評価額はゼロにはならないのですか。

最終更新日:2012年8月31日(金)ページID:004344印刷する

Q(質問)

家屋が老朽化していますが、評価額はゼロにはならないのですか。

A(回答)

 評価額の減価は当初の2割をもって底に達します。当初を1とした場合の残存価格が0.2ということです。ですから、どんなに古くなった家屋でも、存在する限りは課税対象となります。

 

お問い合わせ先

資産税課 

  • 電話:027-898-6216
  • ファクス:027-221-3125

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)