スクリーンリーダー用ショートカット

 

(Q&A)新築住宅の固定資産税の軽減措置とは何ですか。

最終更新日:2014年4月9日(水)ページID:004346印刷する

Q(質問)

新築住宅の固定資産税の軽減措置とは何ですか。

A(回答)

 要件を満たす新築住宅について、新築後一定の間、その家屋のうち120平方メートルまでの住宅部分について税額が2分の1に軽減される制度です。
 軽減が受けられる要件は、

  1. 住宅であること(共同住宅及び併用住宅を含む。(併用住宅の場合は住宅部分の面積が全体の2分の1以上))
  2. 面積が50平方メートル以上(共同住宅は1戸あたり40平方メートル以上)、280平方メートル以下

であることです。
 減額される期間は、

  1. 一般住宅の場合・新築後3年間
  2. 3階建て以上の中高層耐火住宅の場合・新築後5年間
  3. 長期優良住宅は新築後5年間、3階建て以上の中高層耐火住宅の場合 7年間

です。詳しくは関連情報のページをご覧ください。

関連情報

 家屋について

お問い合わせ先

資産税課 

  • 電話:027-898-6216
  • ファクス:027-221-3125

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)