スクリーンリーダー用ショートカット

 

(Q&A)年の途中で売買のあった資産(土地・家屋)の固定資産税(都市計画税)は、どちらが納めるのですか。

最終更新日:2012年8月31日(金)ページID:004319印刷する

Q(質問)

年の途中で売買のあった資産(土地・家屋)の固定資産税(都市計画税)は、どちらが納めるのですか。

A(回答)

 固定資産税(都市計画税)は、地方税法の規定により、毎年1月1日時点に台帳登録されている所有者に課税されることになっていますので、1月1日の所有者が全額納めることになります。
 なお、売買契約の際に買主が負担するという契約がなされる場合もありますが、その売買契約にもとづいた取り決めで、固定資産税(都市計画税)の課税とは関係ありません。

お問い合わせ先

資産税課 

  • 電話:027-898-6216
  • ファクス:027-221-3125

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)