スクリーンリーダー用ショートカット

 

(Q&A)延滞金はどのくらいの割合でつくのですか。

最終更新日:2016年12月21日(水)ページID:004378印刷する

Q(質問)

延滞金はどのくらいの割合でつくのですか。

A(回答)

 納期限を過ぎると、納期限の翌日から納付した日までの日数に応じ、下記の表の割合で計算した額の延滞金が加算されます。  

 延滞金の割合の推移

 特例基準割合(注1)は、各年の前年の11月30日を経過する時における日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率に年4%を加算した割合です。
 特例基準割合(注2)は、租税特別措置法第93条第2項の規定により財務大臣が各年の前年の12月15日までに告示する割合(各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合)に年1%の割合を加算した割合です。

 

質問送付

 syunou@city.maebashi.gunma.jp

担当部署

 収納課

電話番号

 027-898-6229

お問い合わせ先

収納課 

  • 電話:027-898-6226
  • ファクス:027-221-3125

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)