スクリーンリーダー用ショートカット

 

(Q&A)免除されていた国民年金の保険料は、後で納めることができますか。

最終更新日:2013年12月2日(月)ページID:004453印刷する

Q(質問)

免除されていた国民年金の保険料は、後で納めることができますか。

A(回答)

保険料の免除や学生納付特例の適用が承認された期間がある場合は、保険料を全額納付したときに比べ、受け取る年金額が少なくなります。 このため、これらの期間は、その承認がされた月の前10年以内であれば、後から保険料を納付すること(追納)ができます。保険料の免除、もしくは納付猶予の承認を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、承認を受けた当時の保険料額に、経過期間に応じた加算額が上乗せされます。
保険料の追納には納付書が必要です。納付書の発行には申し込みが必要ですので、前橋年金事務所にお問い合わせください。
前橋年金事務所のホームページはこちらから(新しいウィンドウで開きます)

日本年金機構のホームページはこちらから(新しいウインドウで開きます)

質問送付

 siminka@city.maebashi.gunma.jp

担当部署

 市民課 年金係

電話番号

 027-898-6254

お問い合わせ先

市民課  年金係

  • 電話:027-898-6254
  • ファクス:027-243-3906

〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号(地図・開庁時間等)

ページアンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。なお、返信が必要な場合は、各ページ記載の「お問い合わせ先」欄にある電話・ファクス・Eメールに問い合わせてください。
(このページアンケート(コメントを書く)からのご意見やお問い合わせなどには返信できませんので、ご了承ください。)

コメントを書く(新しいウインドウで開きます)