新議会庁舎の整備手法について

新議会庁舎の整備手法について方向性を定めました。

整備手法の検討経過

 新議会庁舎の整備について、平成28年2月に市議会の市庁舎周辺整備特別委員会より提言(注釈)がありました。このことを踏まえて、平成28年5月に「市庁舎周辺整備に係る基本方針」を策定し、さらに、平成29年5月に「図書館本館への議会機能等検証」を実施し、新議会庁舎の整備手法について検討してまいりました。

(注釈)市庁舎周辺整備特別委員会の提言概要(新議会庁舎に係る部分を抜粋)

  • 新議会庁舎は、現図書館本館の敷地に整備することとし、現在の図書館本館の建物を活かした整備方法を検討すべきである。
  • 行政機能との合築について検討すべきである。
  • 本庁舎の将来構想も視野に入れて施設整備を検討すべきである。

整備手法の検討結果

 検討結果について、平成29年9月に市議会の各派代表者会議にて、次のとおり報告しました。
 なお、報告内容の詳細は「新議会庁舎の整備手法について」をご覧ください。

  1. 新議会庁舎は、現図書館本館の敷地以外の場所に新築整備したい。その際は、行政機能との合築についても検討したい。
  2. 新議会庁舎の整備から事業を開始したい。

基本構想の策定について

 新議会庁舎について整備手法の方向性が定まりましたので、このことを基本に、基本構想の策定に取り組むこととします。

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

財務部 資産経営課

電話:027-898-6653 ファクス:027-243-6144
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日