平成30年度朝倉児童館運営委員会

審議会名

朝倉児童館運営委員会

会議名

平成30年度朝倉児童館運営委員会

日時

平成30年5月14日(月曜日)
午前10時30分~正午

場所

朝倉児童館視聴覚室

出席者

委員

三輪仁一副会長、諸岡孝委員、大島明委員、川端淳子委員、井原悦子委員、湯澤昭委員、都所敬尚委員

事務局

子育て施設課:小坂課長、内田係長、富沢主事
朝倉児童館:田村館長、石原厚生員、鈴木厚生員

欠席者

丸橋哲郎会長、南雲隆夫副会長、徳江明美委員

議題

平成29年度事業報告について
平成30年度事業計画について
児童館運営について(意見交換)

会議の内容

  • 委員への委嘱状交付。
  • 内田係長の開会に続き、小坂課長からあいさつ、委員の自己紹介、事務局側の自己紹介。
  • 会長、副会長の選任。
  • 三輪副会長が議長となり、議事に入る。

会議資料の「平成29年度事業報告について」「平成30年度事業計画について」を事務局(朝倉児童館長)より説明する。

主な意見・質疑応答

都所委員

児童館の活動内容を改めて理解した。平成30年度事業計画の目標に挙げられていたものは、どれも大切なこと。今後も学校と連携して児童の健全育成をお願いしたい。わかば小学校の児童もたくさんお世話になっていることが分かったので、課題や気づきがあったら、連絡をいただきたい。

三輪副会長

小学生は児童館に一人で来館してよいものなのか。

石原厚生員

小学生は一人で来館してよい。乳児は保護者同伴が基本となっている。

三輪会長

来館者には不審者対策等の防犯についてよく教えてあげてほしい。

石原厚生員

来館者には、来館前に保護者の方と帰宅時間や帰宅方法について、事前に話すよう指導している。不審者は外見によらないことも話している。

都所委員

何かあったら大声を出して逃げることを教えておくことが大事。市が提供している不審者情報も子どもに伝える必要がある。

湯澤委員

児童館の運営にはどれくらいお金が使えるのか。

田村館長

消耗品費は年に15万円ほど。

小坂課長

その他29年度は砂場の屋根の設置工事費や、寄付金より一輪車等遊具の購入もあった。また、行事の際の講師謝礼は別途ある。使える財源を工夫して見つけていくことも必要である。

三輪会長、湯澤委員、諸岡委員

もっと多くの予算をつけてほしい。

田村館長

児童館は子供の居場所づくりに貢献している施設だが、施設の存在、活動内容を知らない人もいる。そういった方に、児童館は安全に楽しく遊べる施設だということ等、利用してわかる良さをPRしていきたい。

配布資料

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 子育て施設課

電話:027-220-5705 ファクス:027-243-6474
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日