病気やケガをしたとき

国保では、皆さんが病気やケガをしても安心して医療が受けられるよう、次のような給付を行っています。

療養の給付と自己負担

 病気やケガでお医者さんにかかるとき、保険証を窓口に提示すれば医療費の7割(年齢や所得によって異なります。)を国保で負担します。

療養の給付と自己負担割合詳細
  0歳~義務教育就学前 義務教育就学後~69歳 70歳~74歳 70歳~74歳
(現役並み所得の人)
療養の給付
(国保負担割合)
8割 7割 8割 7割
自己負担割合
(窓口負担)
2割 3割
  • 昭和19年4月2日以降生まれの方
    2割
  • 昭和19年4月1日以前生まれの方
    (注釈)1割
3割

(注釈)自己負担割合は、本来は2割ですが1割分を国が負担しますので実際の窓口負担は1割になります。
(注意)75歳以上の人は、後期高齢者医療制度の対象になります。

入院時食事療養費と生活療養費

病気やケガで入院したとき、かかった食事代なども国保で負担します。ただし、標準的な食事代などは自己負担となります。詳しくは、下記リンク「入院したときの食事療養費と生活療養費」をご覧ください。

訪問看護療養費

お医者さんが必要であると認める寝たきりの人は、訪問看護ステーションなどを利用した費用も国保で負担します。(負担割合は療養の給付と同じです。)

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 国民健康保険課 国保医療係

電話:027-898-6249 ファクス:027-243-9243
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日