新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金が支給されます【申請期間が延長になります】

新型コロナウイルス感染症が長期化する現状を踏まえ、緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯(※)で一定の要件を満たす生活困窮世帯に対し、国の施策に基づき「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

※群馬県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付の借入額が上限に達している、再貸付を不承認とされた等、特例貸付を利用できない世帯

申請期間が令和3年11月30日(火曜日)まで延長になりました

支給対象者

群馬県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付の借入額が上限に達している、再貸付を不承認とされた等、特例貸付を利用できない世帯のうち、以下の1~3のすべてを満たす世帯

1 世帯収入が(1)市町村民税均等割非課税額の1/12+(2)住宅扶助基準額以下の世帯(前橋市では単身世帯11.5万円、2人世帯16.4万円、3人世帯20.1万円)

2 世帯の預貯金額が(1)の6倍以下(ただし100万円以下)の世帯(前橋市では単身世帯48.6万円、2人世帯73.8万円、3人世帯94.2万円)

3 ハローワークに求職の申し込みをし、常用就職を目指し以下に該当する求職活動を行う、もしくは、生活保護の申請中となっていること

ア) 月1回以上、自立相談支援機関の面接等支援を受ける

イ) 月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受ける

ウ) 原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受ける

※生活保護受給中の方は対象になりません

支給額

単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円

申請月から最大3か月支給します

支給金申請手続きなど

給付金を受け取るには申請が必要です。

初回申請の手続き

下記必要書類を準備のうえ、前橋市役所1階社会福祉課の新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請相談窓口へお持ちいただくか、各種申請書と必要書類を下記お問合せ先へ郵送にてお送りください。提出いただいた書類を審査して支給要件を満たす世帯に対し、給付金を指定口座へ振り込みます。

1 本人及び世帯構成の確認書類

□  運転免許証、住民票の写しなど

2 総合支援資金の再貸付の状況がわかる書類 

□  再貸付の借用書(控)の写し(再貸付の貸付決定通知書の写しでも可)(※1) 

□  再貸付の振込状況がわかる通帳(※2)の写し 

3 収入関係書類 

□  申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のうち、収入がある者についての申請日が属する月の収入が確認できる書類の写し(例:給与明細や給与が振り込まれる金融機関の通帳の写しなど)

4 金融資産関係書類 

□  申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の、申請日時点で保有する金融機関の通帳(※2)の写し

5 求職活動関係書類

□  公共職業安定所から交付を受けた求職受付票(ハローワークカード)の写し

6 振込先口座(※2)が分かる書類 

□  通帳の該当部分の写し等 

※1 社会福祉協議会から発行された書類が用意できない場合、社会福祉協議会に対し、書類の再交付を受けること等は不要です

※2 電子的にのみ管理している場合(いわゆるweb通帳の場合)はその画面の写しでかまいません。

申請者の状況によっては、上記以外にも書類の提出が必要となる場合があります。

2か月目以降の手続き

支給決定時に市からお渡しする「求職確認書類」を準備のうえ、返信用封筒で郵送にてお送りください。

提出された求職状況を審査して支給要件を満たす世帯に対し、給付金を指定口座へ振り込みます。

申請期間

令和3年7月1日(木曜日)から令和3年11月30日(火曜日)まで(郵送は当日消印有効)

申請窓口での受付は8時30分から17時15分まで

※休日・祝日は受付できません

この記事に関する
お問い合わせ先

更新日:2021年08月23日