教育長メッセージ(市立小・中・特別支援学校の保護者の皆さまへ)

2学期の始業に向けて

 

保護者の皆さま

 

日頃、本市の学校教育にご支援とご協力をいただき、感謝申しあげます。

明日から2学期が始まります。前橋市教育委員会では、第5波といわれる感染状況において、どのように学校を再開すべきか、検討を重ねました。

その中で、「学校は学習機会と学力の保障だけでなく、子どもたちの居場所やセーフティーネットとして、健康を保障する福祉的な役割を担い、その重要性は感染症が拡大している中でも変わらない。」との文部科学大臣の言葉のとおり、今まさに社会を支えてくださっている医療関係者やエッセンシャルワーカーの皆様とともに、その役割を果たすときであるとの結論に至りました。

第5波においては、特に「換気」が重要であると、保健所から助言を受けています。関係機関と連携をとりながら、感染防止対策を徹底したうえで、子どもたちの学びが止まらないよう、努めてまいります。

 

1 適切な自宅待機のお願い

ご家族の中での感染の確率が高まっています。学校での感染防止には、保護者の皆さまのご協力は不可欠です。以下の場合は、自宅待機をお願いいたします。いずれも、欠席扱いにはなりません。

・お子様またはご家族にかぜのような症状がある場合

・お子様、ご家族がPCR検査を受けることになった場合(速やかに学校までご連絡ください)

 

2 自宅待機などにおける学習支援について

濃厚接触者となった場合や感染に対する不安で登校できない場合には、配布しているタブレット端末を活用した学習支援を行っていきます。

*現在、学校のICT機材の更新をしております。感染拡大の影響で作業が一部遅れています。具体的な支援内容については、各学校にご相談ください。

・感染者、濃厚接触者は欠席扱いになりません。

・感染に対する不安で登校できない場合でも、県の警戒度が3に下がるまで欠席扱いとはなりません。

 

今後も、感染状況を注視し、対応してまいります。

引き続き、保護者の皆様のご理解と協力をお願いします。

 

令和3年8月26日

前橋市教育長 吉川 真由美

この記事に関する
お問い合わせ先

教育委員会事務局 総務課

電話:027-898-5802 ファクス:027-243-7190
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年08月26日