猫の去勢・不妊手術費の一部を補助します(4月1日受付開始)

目的

 猫の飼い主等に対し、去勢・不妊手術に要した費用の一部を補助することにより、殺処分になる猫(望まれない妊娠により生まれた猫)を減らすこと及び猫に起因する被害等の防止を図り、もって良好な生活環境を保持することを目的とします。

受付期間

 平成31年4月1日(月曜日)から平成32(2020)年3月31日(火曜日)まで
 ただし、期間内であっても予算額に達した時点で受付を終了します。

補助の対象

1. 対象となる方

次に掲げる要件の全てに該当する個人

  • 市内に住民登録があり、かつ居住していること。
  • 市内において、猫(営利を目的として飼育している猫を除く。)を飼育管理している者又は所有者の判明しない猫を、責任を持って世話している者。

補助金額(1匹当たりの上限)

 猫の去勢・不妊手術に要した費用の一部として次に掲げる額を限度とし、予算の範囲内で補助します。
 ただし、手術に要した費用が限度額を下回る場合は当該要した金額とします。

  • 去勢手術 1匹につき3,000円
  • 不妊手術 1匹につき5,000円

 ただし、補助金交付は1世帯につき6匹を限度とします。(平成31年度から6匹に変更)

申請方法

(注意)平成31年4月1日以降に手術を実施したものが対象になりますのでご注意ください。

1. 手術

獣医師から領収書を発行してもらってください。(複数匹申請の場合、1匹ごとに領収書を発行してもらってください)
以下の8点が記載されていれば結構です

  1. 申請者の氏名(フルネームで)
  2. 手術の対象が猫であることの記載
  3. 去勢または不妊手術の別
  4. 手術費(去勢または不妊手術の金額を明記)
  5. 日付(平成31年4月1日以降に実施したものが対象)
  6. 「領収しました」という文言
  7. 動物病院名と院長名
  8. 領収印(病院印または院長の個人印)
    (注意)記載漏れがありますと、補助金が交付できないことがありますのでご注意ください
領収書の参考例
領収書

【申請者氏名】様

金 ○○○○○ 円

ただし、猫の不妊・去勢手術費として

上記正に領収いたしました。

平成××年△月□日

○○動物病院
院長 前橋 太郎 印

2. 申請

(注意)手術完了日から3か月以内(手術完了日が平成32(2020)年1月1日以降の場合は、平成32年3月31日まで)に申請してください 。

手術が完了した日(猫の去勢・不妊手術を行い、その手術に要した費用を支払った日)から3か月以内(手術完了日が平成32年1月1日以降の場合は、平成32年3月31日まで)に、衛生検査課窓口で「交付申請書兼実績報告書」に必要事項を記入、押印の上、提出してください。(郵送による書類提出は受付できません)

申請に必要なもの

  1. 印鑑(認印でかまいませんが、スタンプは不可)
  2. 領収書原本(感熱紙は不可。複数匹申請の場合、1匹ごとに領収書を発行してもらってください)
  3. 補助金を振り込むにあたっての、申請者名義の口座の情報(通帳等)

3. 決定通知

交付申請書兼実績報告書が提出されたら市が審査し、補助金交付の可否を決定し、受理した日から30日以内に通知します。

4. 交付金振込

補助金の交付決定日から30日以内に補助金を振り込みます。

申請時の注意点について

  • 複数の補助金交付申請をする場合には、頭数分の申請書が必要になります。
  • 補助金交付は、受付期間内であっても予算額に達した場合は、その時点で受付を終了します。
  • 申請者と振込先の口座名義人は同一となります。
  • 印鑑は、スタンプ形式ではないものを使用してください。
  • 郵送による書類提出は受付できません。保健所衛生検査課窓口に直接提出してください。

詳しくは、保健所衛生検査課生活衛生係までお問い合わせください。

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 衛生検査課 生活衛生係

電話:027-220-5777 ファクス:027-223-8835
群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月27日