第6回前橋市市民活動表彰 表彰式を行いました

公益的な市民活動に地道に取り組む団体を表彰する「前橋市市民活動表彰」。
第6回目となった今年度も、推薦された団体から3団体を選考し、感謝状を贈呈しました。

例年はMサポふれあい祭り開会式の中で表彰式を行っていましたが、今年度は新型コロナウイルスの影響によるイベントの中止があったため、表彰式は前橋市市民活動支援センター(Mサポ)内において、関係者だけで執り行われました。

概要

前橋市市民活動表彰は、市内において公益的な市民活動を実施し、ひたむきで地道な取り組みを成果に結び付けている団体に対し、感謝状を贈呈し、その活動を讃えるものです。
第6回目となる今年度の表彰団体については、令和元年10月1日から2ヶ月間、自薦・他薦を問わず広く団体推薦を募集しました。その結果、4団体に推薦をいただきましたが、その中から3団体を今年度の表彰団体として選考しました。

表彰団体

(五十音順)

表彰団体の詳細
団体名 概要
元気21だんべえ踊り教室 2001年からまちなかに市民を呼び寄せるため、だんべえ踊りを活用した事業を開始、2008年から元気21を拠点とし、市民がだれでも予約や登録なしで気軽に参加できるだんべえ踊り教室を毎週月曜日に開催している。
毎年9月から「前橋まつり直前練習会」として規模を大きくして開催し、前橋まつり当日は誰でも入れる「チーム元気21」という団体を結成し、多くの市民が参加している。
特定非営利活動法人成幸カウンセリング協会 教育学や心理学を学び、コミュニケーション能力を向上させることを通して、人の話を聞けるカウンセリングの基本を指導しており、心身共に健全な社会をつくるため、まずは家庭内から「一家にひとりのカウンセラー」の実現を目指している。
カウンセリングの幅を広げるため、カウンセラー研修以外にも活動が多岐にわたり、悩んでいる人が多い分野でテーマを決めた講演会や若者に向けた事業なども実施している。
わくわく子どもまつり実行委員会 平成27年より毎年8月に子どもたちの夏休みの思い出づくりを目的とした「わくわく子どもまつり」を開催している。
市内の市民活動団体が中心となって実行委員会を組織し、当日は30を超えるブースや発表で子どもたちを迎える。
子どもの夢や思い出づくり、体験を通しての教育につながるほか、参加する団体同士の交流や活性化にもつながっている。

表彰式

令和2年2月22日(土曜日)、前橋市市民活動支援センター(Mサポ)において表彰式を行い、市長から3団体に対し感謝状を贈呈しました。

受賞団体集合写真

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 地域づくり係

電話:027-898-6510 ファクス:027-243-3522
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年02月26日