前橋市空家等対策計画を策定しました

 人口減少や既存建築物の老朽化や社会ニーズの変化等に伴い、居住その他の使用がされていない「空家等」が年々増加しており、火災の危険性や倒壊のおそれなどの安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観の阻害等多岐にわたる問題が生じており、今後、空家等が増加すれば、これらの問題が一層深刻化することが懸念されます。
 こういった状況を背景として、平成26年11月27日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が公布されるなど、国においても本格的な空家等対策に取り組むこととなりました。
 本市においても平成27年6月26日に既存の条例の全部改正を行い、「前橋市空家等対策の推進及び空家等の活用の促進に関する条例」を公布・施行しました。
 これらの経緯を踏まえ、市民の生命、身体及び財産を保護することにより、安全にかつ、安心して暮らすことのできる生活環境を確保するとともに、空家等の活用を促進することにより、まちづくり活動の活性化を図ることを目的として、法及び条例に基づき、本計画を策定いたしました。
 本計画は、前橋市の空家等対策を総合的かつ計画的に実施するための基本的な考え方を示すものであり、今後はこの計画に従って、空家等に関する様々な施策を展開していきます。

前橋市空家等対策計画

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

都市計画部 建築住宅課 空家利活用センター

電話:027-898-6081 ファクス:027-243-3512
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日