自転車の通行方法が一部変わります

道路交通法の一部が改正され、12月1日から自転車などの軽車両が路側帯を通行する時は、「道路左側の路側帯」に限られます。自転車は車の仲間です。ルールを守り、自転車の安全利用を心掛けましょう。

自転車等の通行について

路側帯の通行(12月1日から)

今回の改正で、自転車は右側の路側帯内を通行できなくなります。

図1

自転車は、今回の道路交通法の一部改正により、道路右側の路側帯を通行できなくなりました。通行できるのは、「道路の左端」と「道路左側の路側帯」に限られます。(図1)
右側通行した場合は、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金になる可能性がありますので、ご注意ください。

歩道の通行

歩道の通行のイラスト

図2

自転車は、原則として歩道を通行することができませんが、自転車歩道通行可の標識がある場合は、左右どちらの歩道も通行することができます。(図2)
ただし、自転車と歩行者の通行エリアが分ける路面表示がある場合は、そのマークに従って通行してください。

例外

次の方は、自転車歩道通行可の標識がない歩道、左右どちらでも通行することができます。

  • 13歳未満の幼児・児童
  • 70歳以上の高齢の方
  • 身体に障害をお持ちの方

ブレーキに不備のある自転車(12月1日から)

ブレーキがなかったり不備のある自転車は、警察官が停止・検査し、必要に応じて応急措置や運転の中止を命じることができるようになりました。
検査拒否や命令違反をすると5万円以下の罰金になる可能性があります。

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

政策部 交通政策課

電話:027-898-6263 ファクス:027-224-3003
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日