前橋市消費生活センター

前橋市消費生活センターでは、悪質商法や契約でのトラブル、多重債務相談など様々な相談に応じています。市民が安全で安心して暮らせる豊かな生活の実現に向け、国の支援のもとこれからも将来にわたり消費者行政の維持、強化に努めてまいりたいと思います。

前橋市長 山本 龍

前橋市消費生活センターでは、皆さんからの相談や情報提供を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

催眠商法で脅されている様子の写真

前橋市消費生活啓発員の会による寸劇風景(SF(催眠)商法)

新着情報

消費生活相談

 消費生活に関するさまざまな相談や苦情について、専門の相談員がみなさんとともに考え、解決のためのお手伝いをしています。訪問販売や商品の購入、サービスの利用にともなって事業者との間に生じたトラブルや疑問・不審な点があったときは、お気軽にご相談ください。
(注意)消費生活相談については、電話または来所での相談となっております。メールでの相談は対応しておりません。

多重債務(借金問題)相談

 ひとりで悩んでいませんか?借金のこと 解決の一歩はまず相談から!

 多重債務に関する相談を随時行っております。一番良い債務解決方法をともに考え、法律専門家に相談をつなぎます。

消費生活相談 多重債務相談

相談時間:午前9時から午後5時まで
(注意)土曜日・日曜日および祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除きます
前橋市消費生活センター 電話027-230-1755

講座・セミナーの開催

 消費生活センターでは、市民のみなさまのくらしに役立つ講座やセミナーを開催しています。
 参加費は無料ですのでぜひ、参加してください。「広報まえばし」等でお知らせします。

消費者講座

消費生活に関するテーマを取り上げ、多くの皆さんに参加していただける講座です。

くらしのセミナー

自立した主体性のある消費者になるために、生活知識などを専門的に学習します。

パソコン等に関するトラブル事例

セキュリティに関するトラブル(国民生活センター)
遠隔操作によるプロバイダ変更トラブル(国民生活センター)
突然現れるパソコンの警告表示をすぐにクリックしないこと!(国民生活センター)

コンピュータウィルス110番(IPA(独立行政法人 情報処理推進機構))…
コンピュータウィルスの相談窓口として、コンピュータウィルス110番の電話を設けております。
コンピューターウィルスに関連にある事はこちらにご相談下さい。

出前講座

悪質商法に気をつけよう!

 悪質商法の手口にだまされないためには、どういう事に気をつけたらいいのか、契約トラブルや悪質商法から身を守る知識などの出前講座を実施しています。市内どこでも無料で出前講座に伺います。(時間により消費生活啓発員による寸劇もあります)希望に添えない事もありますので、まずは、お電話で問い合わせ下さるようお願いします。

無料商法で契約させられる様子の写真
点検商法で公的機関を語っている様子の様子

開催時間等

平日午前10時から午後3時まで
参加人数は、10名以上
所要時間は30分から1時間30分までです。講座のお時間等、お気軽にご相談下さい

申込・問い合わせ先

前橋市消費生活センター 電話027-230-1755

貸し出し用啓発DVD・ビデオ

 高齢者向けや若者向けの啓発用DVDやビデオを貸し出しております。自治会のサロンや学校の授業等でご利用下さい。

見守り新鮮情報(消費者被害から暮らしを守る最新情報)

見守り新鮮情報…各地の消費生活センターなどに寄せられた悪質商法の手口や、注意すべき製品事故などの情報をイラスト入りのリーフレットで分かりやすく掲載しています。

問題商法(悪質商法)の代表例

主な勧誘の手口・特徴と問題点の一覧

SF(催眠)商法

「景品をプレゼントします」「健康に良い話をする」と言って、日用品の無料配布や安売りで会場に誘い、最後に何十万円もする健康食品や羽毛布団などを売りつける商法です。

点検商法

「無料で床下や配管を点検します」と業者が来訪し、「床下が湿気ている」「シロアリがいる」などといって床下換気扇などを設置し、工事代などを請求をする商法です。なかには公的機関をかたるケースもあります。

次々販売

言葉巧みに近づいて、消費者が一度契約をすると、必要のない商品やサービスを次々と販売して過剰な量の契約をさせます。布団や床下工事などがあり、複数の業者が入れ替わり次々と販売するケースもあります。

利殖商法

「値上がり確実」「必ずもうかる」など利殖になることを強調し、投資や出資を勧誘します。

内職商法(サイドビジネス商法)

「在宅ビジネスで高収入が得られる」「資格・技術を身につけて在宅ワーク」などと勧誘し、実際は高額な教材や内職教材を売りつけるもの。ほとんど収入は得られないうえ、支払いだけが残ります。最近では、インターネットを利用した手軽なサイドビジネスに関する相談が目立っています。

被害にあった人を勧誘(二次被害)

以前契約した商品・サービスについて「解約してあげる」「損を取り戻してあげる」などと電話で説明し、これまでにあった被害の救済を装って金銭を支払わせます。または以前契約した講座が継続中と誤認させ、別の教材などを購入させます。

かたり商法(身分詐称)

販売業者が有名企業や、市役所・消費生活センターなどの公的機関、適格消費者団体の職員、またはその関係者であるかのように思わせて商品やサービスを契約させます。

無料商法

「無料サービス」「無料体験」「無料で閲覧」など「無料」であることを強調して勧誘し、商品・サービスを契約させる商法です。「無料」をうたったサイトで利用料を請求されたという相談が多くなっています。携帯電話の無料占いサイトや出会い系サイトなど無料と思い登録したところ、高額な金額の請求メールが来ることがあります。

デート商法

出会い系サイトや間違い電話・メールで販売目的を隠して近づき、勧誘時に言葉巧みな話術で好意を抱かせ、それに付け込んで商品等を販売する商法です。異性の感情を利用して断りにくい状況で勧誘し、契約を迫ります。契約後、行方をくらますなど連絡がつかなくなります。

アポイントメントセールス

「抽選に当たったので景品を取りに来て」「特別モニターに選ばれた」などと販売目的を明らかにしないで、または著しく有利な条件で取引できると言って、電話やメール、ファクス、郵便で喫茶店や事務所へ呼び出し、契約しないと帰れない状況にするなどして商品やサービスを契約させます。

キャッチセールス

駅や繁華街の路上でアンケート調査などと称して呼び止めて、喫茶店や営業所に連れて行き、不安をあおるなどして商品やサービスを契約させます。

マルチ商法

販売組織の加入者が消費者に商品などを契約させて、その販売組織に加入させることによりマージンを得る仕組みの商法です。ネットワークビジネスなどと説明する場合もあります。消費者にとっては勧誘時のもうけ話と違って思うように売れず、借金と商品の在庫を抱えてしまいます。

ワンクリック請求

パソコンや携帯電話のアダルトサイトなどで、利用料金や利用規約を明確にせず、消費者がクリックすると、即座に「契約完了」「料金請求」などと表示し、高額な料金を請求する商法。

クーリング・オフについて

 クーリング・オフは、訪問販売など一定の取引について、消費者が契約した後に冷静に考え直す時間を与え、一定の期間内であれば、無理由。無条件で契約を解除できる制度です。
(注意)ただし、お店に出向いての購入や通信販売、乗用車、使用してしまった消耗品など一部適用されないものもあります。
 クーリング・オフについては、詳しくは下記リンクをご覧ください。

食品等に含まれる放射性物質検査の実施について

 前橋市では、食品等に含まれる放射性物質の検査を行っています。前橋市民を対象で、測定は無料です。
 食品等に含まれる放射性物質の検査を行っています…詳しくは下記リンクをご覧下さい。

消費生活センター関連外部リンク

消費者庁ホームページ
国民生活センターホームページ…消費生活、消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています
独立行政法人 製品評価技術基盤機構ホームページ…事故情報や注意喚起等を多数掲載しています
リコール情報…製品等のリコール情報が掲載されています。

施設案内

前橋市消費生活センター

住所

〒371-0022
群馬県前橋市千代田町二丁目5-5 シーズポート2階

電話番号(代表)

027-230-1755

ファックス番号

027-230-1756

交通案内

JR前橋駅より徒歩20分、上毛電鉄中央前橋駅より徒歩15分。
関越交通・群馬バス「千代田町二丁目」下車、徒歩1分。
マイバス「共通4・前橋中央駐車場入口」下車、徒歩3分。
(注意)車でお越しの方は、市営パーク千代田・市営パーク五番街駐車場をご利用下さい。

地図

関連書類

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 生活課 消費生活センター

電話:027-230-1755 ファクス:027-230-1756
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町二丁目5-5 シーズ・ポート2階
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年05月01日