施設の使用再開に伴うレジオネラ症への感染防止対策

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ、使用の制限等で休業していた公衆浴場やプール、特定建築物の使用を再開する際には、レジオネラ症への感染防止対策として、下記についてご留意ください。

公衆浴場について

休止後の再開時は、レジオネラ属菌が増殖している危険性が高いので、十分に消毒した後に営業開始、再開するようにしてください。

プールについて

気泡浴槽、採暖槽等の設備その他のエアロゾルを発生させやすい設備又は水温が比較的高めの設備等の循環式浴槽と同様の設備が設けられている場合も、公衆浴場に準じた対応を取るようにしてください。

特定建築物について

長期間使用を休止していた特定建築物の使用を再開する際には、加湿装置、冷却水、給湯設備等の適切な点検を実施し、必要な措置を講ずるようにしてください。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 衛生検査課 生活衛生係

電話:027-220-5777 ファクス:027-223-8835
群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年05月14日