洪水浸水想定区域

前橋市総合防災マップ

  前橋市総合防災マップは、A1判のハザードマップとA3判の防災啓発がセットになっています。A1判のハザードマップでは、市域を北部と南部に分け、北部版では主に土砂災害に関するハザード情報を、南部版では主に洪水・浸水害に関するハザード情報を掲載しています。A3判の防災啓発では、前橋市が抱える災害の危険性をお知らせするとともに、災害が発生したときに皆さんにとっていただきたい行動を紹介しています。
 このマップを有効にご活用いただき、もしものときに備えてください。
※前橋市総合防災マップは市役所、各支所、各市民サービスセンターで配布しております。

総合防災マップの改訂(令和3年6月)

主な改訂内容は、下記のとおりです。(広報まえばし令和3年6月号と合わせて配布します。)

(1) 洪水浸水想定区域の追加

・自然災害の激甚化が進み、昨今では、水位周知河川(本市では、利根川、桃ノ木川、広瀬川、荒砥川、赤城白川が該当)以外の中小河川でも洪水災害が発生しています。

・そこで、水位周知河川に加え、全ての一級河川に係る「洪水浸水想定区域」をマップに追加しました。

・「洪水浸水想定区域」は、群馬県が作成・公表したデータをもとに、『想定最大規模降雨』があった場合に浸水する区域を、深さに応じて5段階に色分けして表示しています。

・『想定最大規模降雨』とは、およそ千年に一度の豪雨と呼ばれるもので、本市の場合は、約400ミリ~約600ミリの雨が1日~3日で降る状況です。これは、1年間に前橋市に降る雨(約1,200ミリ)の1/2から1/3の量に相当します。

(2) 避難情報の改正

災害対策基本法の改正を受け、全国統一で運用している避難情報の表記を次のとおり改正しました。詳細はこちら

避難情報

(3) 指定避難所の更新

学校統合を受け、春日中学校及び広瀬中学校を指定避難所から除外し、明桜中学校を追加しました。

前橋市総合防災マップに使用しているデータ(想定雨量等)について

前橋市総合防災マップは河川管理者である群馬県が作成した洪水浸水想定区域図のデータを利用しております。各河川の想定雨量や水位周知区間については下記のリンク先の群馬県ホームページを参照してください。

さーちずまえばしで防災マップを確認できます

前橋市地図情報システム“さーちずまえばし”で、防災マップを閲覧することができます。

(注意)スマートフォンやタブレットで、「メニュー → 場所を探す → 現在地」と操作すると、地図上に、現在地を表示できます。

宅地建物取引業者の皆様は下記のリンクも参考にしてください

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 防災危機管理課

電話:027-898-5935 ファクス:027-221-2813
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2021年05月25日