警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について(水害・土砂災害)

国のガイドライン改定に基づき、2019年6月から、水害や土砂災害に関して、避難情報や防災気象情報を住民が取るべき行動と関連付けて分かりやすく伝えるため、5段階の警戒レベルを付けて発表することになりました。
※ 避難情報の発令基準や気象情報の発表基準が変わるものではありません。

警戒レベルについて

水害や土砂災害について、避難情報や防災気象情報を5段階に整理し、住民が直感的に災害のおそれを感じ主体的な避難行動等をとれるよう支援するため、国がガイドラインを改定し、全国的に導入されたものです。
※警戒レベル3、警戒レベル4が発令された地域にお住いの方は、地域で声をかけあって、速やかに避難をしてください。(警戒レベル4で全員避難を完了してください。)
※警戒レベル5は既に災害が発生しているとても危険な状況です。
※警戒レベルは1から5の順番で発表されるとは限りません。

キャプチャ

警戒レベル相当情報

更に、住民が自主的な避難行動をとりやすくするため、市が避難情報の発令判断を行う際に参考にしている気象台や群馬県から発表されている情報にも、「警戒レベル相当情報」が付されることになりました。
※避難情報は、「警戒レベル相当情報」や実際の気象状況等を踏まえて、市が総合的に判断して発令します。
キャプチャ2

避難情報等の入手手段

避難情報や防災気象情報は、様々な方法、複数の手段で発信します。
災害発生の可能性の高まりに応じて、積極的に情報を入手し、最新情報の取得に努めましょう。

図

警戒レベルに関するお知らせ(内閣府作成)

こちらもご覧ください。
【チラシ】警戒レベル(PDF:8.2MB)

お住まいの地域の危険箇所を確認しましょう!

市では、土砂災害や浸水などの災害が発生したときに、被害が及びそうな場所を地図に示した「ハザードマップ」を作成しています。
お住まいの地域の危険箇所を確認し、避難の場所や避難経路を確認しておきましょう。

防災マップ等(ハザードマップ)

関連情報(内閣府)

更新日:2019年06月14日