前橋市の新型コロナウイルス感染症患者情報(市内2例目・県内20例目)

3月31日(火曜日)

新型コロナウイルス感染症の疑いがある患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。
前橋市内では2例目の感染者です。

4月2日(木曜日)

濃厚接触者の調査の結果、41名が濃厚接触者であると確認されました。
41名については、14日間の健康観察と外出自粛を要請しています。

4月10日(金曜日)

患者の容態は安定しています。

濃厚接触者41名のうち、発熱はないが咳、鼻詰まり症状のある3人について、4月10日(金曜日)にPCR検査を実施しました。
結果は陰性です。
なお、当該3人以外にも咳、鼻詰まり症状のある3人が確認されており、4月3日(金曜日)にPCR検査を実施していましたが、3名とも陰性の結果が出ています。


濃厚接触者41名全員の健康観察期間が4月9日をもって終了しました。
健康観察が終了した選手及びスタッフは、引き続き、毎日の検温など、健康管理を実施していく予定です。

患者の概要(市内2例目・県内20例目)

概要

年齢

30代

性別

男性

居住地

群馬県前橋市

職業

サッカー選手(ザスパクサツ群馬所属)

症状及び経緯

  • 3月26日(木曜日) 夜、発熱感、倦怠感あり。
  • 3月27日(金曜日) 発熱(38度3分)、咳や息苦しさなし。
  • 3月28日(土曜日) 発熱(37度6分)、マスク着用し、チームドクターを受診。
  • 3月29日(日曜日) 発熱(37度1分)
  • 3月30日(月曜日) 発熱(37度5分)、倦怠感、のどの痛み、痰の絡みあり。
    患者からチームドクターに電話で症状について報告を行った。
    チームドクターから「帰国者・接触者相談センター」に相談があり、「帰国者・接触者外来」を受診。検体採取を行う。
    夕方には36度8分に解熱する。
  • 3月31日(火曜日) 群馬県衛生環境研究所にてPCR検査を実施し、陽性と判明。
  • 4月 1日(水曜日) 県内医療機関に入院。
  • 現在の容態は安定している。体温は、36度5分で倦怠感はなし。
  • 4月10日(金曜日)容態は安定している。
  • 4月15日(水曜日)退院しました。

行動歴

  • 3月22日・23日・24日に東京都内へ行っている。
  • 発症前の2週間は、サッカーの練習、練習試合を行っている。
  • 発症後は、マスクを着用していた。
  • 海外渡航歴なし

濃厚接触者

41名(トップチーム選手及びスタッフ)

発症日(3月26日)には、コーエイ前橋フットボールセンターにてトップチームの練習に参加しており、グランドでの練習のほか、クラブハウス内の更衣室、ジム、浴室を利用し、外食、寮での食事をしています。

患者と同時間にクラブハウス内の更衣室、ジムや浴室を利用及び食事を共にしたトップチーム選手及びスタッフ計41名を濃厚接触者として、14日間の健康観察と外出自粛を要請しました。

濃厚接触者41名のうち、発熱はないが咳、鼻詰まり症状のある3人について、4月10日(金曜日)にPCR検査を実施しました。
結果は陰性です。
なお、当該3人以外にも咳、鼻詰まり症状のある3人が確認されており、4月3日(金曜日)にPCR検査を実施していましたが、3名とも陰性の結果が出ています。


濃厚接触者41名全員の健康観察期間が4月9日(木曜日)をもって終了しました。
健康観察が終了した選手及びスタッフは、引き続き、毎日の検温など、健康管理を実施していく予定です。

報道発表資料

この記事に関する
お問い合わせ先

健康部 保健予防課 感染症対策係

電話:027-220-5779 ファクス:027-223-8835
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号(保健所2階)
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年08月13日