Where good things grow. 良いものが育つまち、まえばし

  • まえばしで子育て
  • 赤城山サイクリング
  • cptop
  • まえばしで子育て

TOPICSトピックス

トピックス一覧へ

めぶく。

Where good things grow.

その芽は、まだ小さい。
風に吹かれ、雨を待ち、太陽の熱さにその身をあずける。
そしていつか、枝をつけ、葉を繁らせ、
強く太い幹となる日を夢見ている。
人は芽だ。この地は芽だ。そしてつながりは芽だ。
いまは幼い芽だけれど、未来の大樹を隠し持つ芽だ。

Where good things grow.

この地ではじまる、芽ぐみ。
ここから、よきものが伸びてゆく。
いくつもの芽が育ち、やがては大きな森をつくっていくだろう。

Where good things grow.

わたしたちは、この地の芽吹きのために、
未来に希望の森を見るために、
厳しくも優しい風になろう。
慈しみの雨になろう。
そして、なによりも熱い太陽になろう。

Where good things grow.

きっと、芽吹く。
前橋の大地の下にはたくさんの種が 、そのときを待っている。

前橋ビジョン「めぶく。」

前橋ビジョン発表会

前橋ビジョン「めぶく。」は、行政と市民が共有するまちづくりの基本概念であり、50年経っても100年経っても変わらない前橋の共通した価値、強み、どこに向かうのかを表現した指針・将来像です。

このビジョンは、官民協働事業として一般社団法人田中仁財団とともに策定を進め、本市出身のコピーライター・糸井重里さんの協力を得て、平成28年8月に発表されました。

平成30年3月には、このビジョンに賛同し設立した起業家有志による「太陽の会」等の尽力により、市街地を流れる広瀬川河畔に日本を代表する芸術家である岡本太郎氏の作品「太陽の鐘」が設置され、本市の新しいシンボルになりました。

前橋市は、これからもビジョンに基づき、さまざまな魅力がめぶき、溢れ続けます。

 

前橋ビジョンについての詳細はこちらをご覧ください。

 

太陽の鐘ダンス
太陽の鐘

くわしく見る