物置・カーポートの新築・増築は建築確認申請が必要です

建築物とは

 建築基準法において「屋根及び柱若しくは壁を有するもの」は「建築物」と定義されており、プレハブ製の物置やカーポートなども壁の有無に関係無く「建築物」に該当します(農業用ビニールハウスなどの例外はあります)。

建築確認申請が必要な物置・カーポート

 建築物を建築するためには建築確認申請が必要になります。物置やカーポートについても同様です。ただし例外があり、規模と地域によっては申請手続きを省略してもよいことになっています。

フローチャートの画像

 上図のように防火・準防火地域以外であって、かつ、増築部分の面積が10平方メートル以下の場合は、建築確認申請を省略できます。ただし、10平方メートル以下であっても、新築の場合はどの地域であっても必要です。また、建築確認申請が不要であっても、建築基準法に適合する必要があります。
 確認申請が必要であるにも関わらず、無申請で建築物を建築した場合は、法律上違反建築物とみなされ、場合によっては自己負担で撤去していただくこともあります。
 プレハブ製の物置やカーポートを建築する場合にも、正しい手続きを行い、法令違反が生じないようご注意ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

都市計画部 建築指導課

電話:027-898-6754 ファクス:027-223-8527
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日