簡易型条件付き一般競争入札(事後審査方式)の導入について

 前橋市では平成27年度より、簡易型条件付き一般競争入札(事後審査方式)を導入いたします。

事後審査方式とは

 一般競争入札において、入札公告等に定める入札参加資格の審査を開札後に、有効な最低価格入札者から順に行って、適格者を落札決定する入札の方法です。
 発注者側は審査に係る事務量の軽減、受注者側は配置予定技術者の確保期間の短縮が図られ、受発注者双方の入札契約手続に伴う時間、事務負担の軽減が期待できる方式です。

対象案件

  1. 建設工事
    設計金額5,000万以上1億円未満 
  2. 測量、建設コンサルタント業務等
    設計金額1,000万以上

取扱要領

事後審査方式の流れ

申請書等の書式

 前橋市ホームページの下記のページに掲載してありますので、ダウンロードして作成、提出してください。

注意事項

  • 参加申請書はぐんま電子入札共同システムにより、案件ごとに提出してください。
  • 記載内容に誤りがある場合、失格とすることがあります。
  • 事後審査方式では、申請時の入札参加資格の確認は行いません。参加資格確認通知書においては、暫定的に「有り」で発行します。当該通知により入札参加資格を決定するものではありませんので、ご注意ください。
  • 設計図書については、ぐんま電子入札共同システムからダウンロードしてください。
  • 事後審査方式では、落札候補者のみ入札参加資格の審査を行うため、落札候補者のみ審査書類の提出を求めます。
  • 審査書類については、入札公告にて事前に指定しますので、落札候補者となった場合、速やかに審査書類の提出ができるよう、技術者等配置・施工実績などを考慮し、事前の準備をお願いします。
  • 落札候補者への連絡は、入札後、電話連絡します。審査書類の提出は、契約監理課へ持参していただきます。
  • 審査書類を提出期限内に提出しない場合は、原則として入札を無効としますのでご承知ください。
  • 審査後、入札参加資格があると認めた場合には、落札者として決定します。なお、審査の結果、落札者が決定したときは、他の入札参加者は、審査しないものとします。

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 契約監理課 審査契約室

電話:027-898-6288 ファクス:027-243-3522
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年05月11日