産婦健康診査費の助成について

出産後間もない時期はホルモンバランスの大きな変化や赤ちゃん中心の生活に変わることから、お母さんのこころとからだには疲れが溜まりやすくなります。産婦健康診査を受け、こころとからだの健康状態を確認しましょう。交付された産婦健康診査受診票を使用し受診すると、費用の一部を助成します。

健診内容

健康状態・育児環境の把握、体重・血圧測定、尿検査、こころの健康チェック

(注意)全ての健診項目を実施した場合、助成の対象となります。

(注意)上記以外の検査、治療、投薬等に係る費用については助成の対象外です。

(注意)健診結果は医療機関等から市に報告され、支援が必要な場合には前橋市から受診者に連絡を取らせていただくことがあります。

助成金額・助成回数

・1回の健診につき5,000円を上限として、産婦1人につき2回助成します。

(5,000円を超えた分は自己負担となります。)

※受診票に上限4,900円と記載されていても、令和4年4日1日以降に受診した場合は5,000円を上限として助成します。

・受診票交付枚数 2枚

1. 産婦健康診査受診票1(産後約2週間)

(産婦の入院が長くなり、入院中に産後2週間を経過した場合は、退院後約1週間を目安に受診)

2. 産婦健康診査受診票2(産後約1か月)

 

受診票は群馬県内の医療機関等で使用できます。表面の太枠と裏面を記入し、受診してください。受診票は金券と同じ扱いのため、紛失しないよう大切に管理してください。

転入された場合

・前住所地で産婦健康診査受診票を交付されている方

受診前に必ず子育て支援課窓口にて前橋市の受診票と差し替えをしてください。

・前住所地で産婦健康診査受診票を交付されていない方

受診前であれば子育て支援課窓口で受診票を交付します。

転出された場合

前橋市で交付した受診票は使用できません。転出先の市町村へお問い合わせください。

出産をした医療機関等で産婦健康診査が受けられない場合

下記の医療機関は他医療機関等で出産した方の産婦健診も実施しています。あらかじめお問い合わせいただき、予約の上受診してください。

 

最初の列に医療機関名、所在地、電話番号が見出しとしてあり、詳細が記載されています。
医療機関名 所在地 電話番号
群馬中央病院(産婦人科外来) 紅雲町1-7-13 221-8165
道下産婦人科医院 平和町1-7-3 231-7821
中野産婦人科医院 国領町2-2-12 233-5588
前橋協立病院(産婦人科) 朝倉町828-1 265-3511
いとうレディースクリニック(1か月のみ) 朝倉町867-3 290-3531
横田マタニティーホスピタル 下小出町1-5-22 219-4103
上毛病院(婦人科) 下大島町596-1 266-1482
小沢医院 樋越町15-1 283-2009

(令和4年4月1日現在)

群馬県外の医療機関等で産婦健康診査を受診する場合

県外の医療機関等で産婦健康診査を受診する場合、一定の条件を満たすことで、健診費用の一部を助成します。

詳細は、下記ページをご確認ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 子育て支援課 地域子育て係

電話:027-212-8337 ファクス:027-243-6474
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年04月01日