保育料における寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しています

現在、未婚のひとり親については税法上の寡婦(夫)控除が適用されないため、婚姻歴のあるひとり親と比べ、保育料の負担が重くなってしまう場合があります。

そこで、未婚のひとり親についても寡婦(夫)控除をみなし適用し、負担軽減を図ります。

対象者

婚姻歴のないひとり親で、申請日時点でも婚姻していない者。

手続き

みなし適用を希望される方は、事前に子育て施設課の窓口(前橋市保健センター2階)までお越しいただくか、お電話でお問い合わせください。

申請に必要なものや提出書類について、説明させていただきます。

(注意)寡婦(夫)控除のみなし適用を行っても、保育料が変わらない場合があります。

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 子育て施設課

電話:027-220-5705 ファクス:027-243-6474
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日