【5月21日更新】市内保育所(園)及び認定こども園への登園の自粛の終了

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から要請していた登園の自粛については、5月31日(日曜日)をもって終了いたします。

※6月1日(月曜日)から市内保育所(園)及び認定こども園は通常保育となります。

(保護者の皆様へのお願い)

登園自粛の要請期間は終了となりますが、引き続き感染症対策としてお子様の健康状態の観察等を徹底していただくようお願いします。発熱や咳などの症状があるときは、登園を控えていただくようお願いします。

保育所(園)、認定こども園登園自粛要請の終了について(PDF:104KB)

保育料に関する取扱い

※登園自粛要請による日割り計算の取扱いは5月31日(日曜日)で終了します。

登園の自粛に伴う入所要件等の柔軟な取扱い

新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する対応として、令和2年4月及び5月入所者で一時的に育児休業を延長等する必要がある場合については、柔軟な取り扱いとして、復職予定日を最大2カ月まで延長することができます。

※6月以降の入所予定者の方は、復職予定日での復職をお願いします。

 

 

 

【4月24日更新】市内保育所(園)及び認定こども園への登園の自粛

子どもたちの健康と安全を第一として感染リスクにあらかじめ備える必要があることから、県立学校及び前橋市内の市立学校の臨時休業が延長となりました。つきましては、市内の保育所(園)及び認定こども園等を利用する保護者に対し、やむを得ない場合を除き、保育所(園)及び認定こども園への登園の自粛を要請する期間を5月31日(日曜日)まで延長します。

要請期間

令和2年4月13日(月曜日)から令和2年5月31日(日曜日)まで

要請対象

市内保育所(園)及び認定こども園(計88施設)へ在籍する児童の保護者

保育に関する考え方

原則として上記要請期間は、出来る限り登園を自粛してください。

ただし、保護者の職務上の都合等により、やむを得ない場合で家庭保育ができない場合は、引き続き受け入れを行い、保育を実施するよう市から各施設へ要請しています。

保育料に関する取扱い

保護者の皆さまにご負担いただく保育料は、登園自粛要請により欠席した日がある場合は日割りで計算して減額します。

月額で支払い済みや処理が間に合わなかった場合等は、後日還付や翌月以降の保育料への充当をする予定です。

登園の自粛に伴う入所要件等の柔軟な取り扱い

令和2年4月及び5月入所者の保護者が育児休業を延長した場合の入所(園)の継続

育児休業からの復職により保育所等を利用する場合、本市の通常の取り扱いでは、復職日から1か月まで前倒しでの入所を認めているところですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する対応として一時的に育児休業を延長等する必要がある場合については、柔軟な取り扱いとして、復職予定日を最大2か月まで延長することができます。

なお、6月以降入所予定者の方への取扱いについては未定です。

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 子育て施設課

電話:027-220-5705 ファクス:027-243-6474
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年05月22日