障害福祉サービス等の寡婦(夫)控除のみなし適用

障害福祉サービス等において、「寡婦(夫)控除のみなし適用」の制度が開始されました。

以下の要件に該当する未婚のひとり親の方は、障害福祉サービス等の利用者負担等について、寡婦(寡夫)控除のみなし適用の対象となる可能性があります。

 

◎対象者

【女性】

  • 未婚の母で現在婚姻(婚姻には、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。)をしていない。
  • 扶養親族(合計所得金額38万円以下)又は生計同一の子(総所得金額等が38万円以下)がいる。

【男性】

  • 未婚の父で現在婚姻(婚姻には、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。)をしていない。
  • 生計同一の子(総所得金額等が38万円以下)がいる。
  • 合計所得金額が500万円以下である。 

 

◎寡婦(寡夫)控除のみなし適用の対象となる障害福祉サービス等の費用

  • 障害児通所給付費
  • 特例障害児通所給付費
  • 肢体不自由児通所医療費
  • 介護給付費
  • 特例介護給付費
  • 自立支援医療費
  • 療養介護医療費
  • 補装具費
  • 障害児施設徴収金
  • やむを得ない事由により措置を行った場合の利用者負担額 

 

◎申請方法

寡婦(夫)控除等のみなし適用申請書に、以下の添付書類を添えて障害福祉課へ提出してください。

【添付書類】

  • 寡婦(夫)控除等のみなし適用の対象となる者本人の戸籍全部事項証明書
  • 子の所得証明書(総所得金額等がわかるもの)

※所得の額の計算に必要な書類として、その他の書類の提出を求めることがあります。

 

◎注意事項

  • 生活保護受給者、市民税非課税者は対象外です。また、みなし適用を実施しても結果として負担上限月額等が変わらない場合があります。
  • 申請内容に虚偽があった場合、寡婦(夫)控除等のみなし適用を取り消され、当該申請に基づき適用された自己負担額の減額分の一部又は全額の返還を求められる場合があります。

 

 

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 生活支援係

電話:027-220-5712 ファクス:027-223-8856
〒371-0014 群馬県前橋市朝日町三丁目36番17号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月05日