家庭で使用したスプレー缶・カセットボンベなどの危険ごみは「資源の日」に黄色のコンテナへ

家庭で使用して、不要になったスプレー缶、 カセットボンベ、ライター、乾電池は、次のとおりの出し方で適正に処理してください。

「不燃ごみの日」に出さないよう、ご協力をお願いいたします。

事業所や飲食店など事業活動で使用したものは集積場所には出せません。

スプレー缶・カセットボンベ・ライターの出し方

中身を使い切ってから、「資源の日」に黄色のコンテナボックスに入れてください。

(注意)スプレー缶やカセットボンベの穴空けをする必要はありません。穴空けは、爆発事故・火災事故の原因にもなり危険です。中身が残っている場合は出し方をメーカーやエアゾール協会(03-5207-9850)に確認してください。

乾電池の出し方

透明の袋に入れてから、「資源の日」に黄色のコンテナボックスに入れてください。

小型充電式電池は集積場所には出せません。

危険・有害ごみは黄色いコンテナに入れる

関連記事

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 ごみ減量課

電話:027-898-6272 ファクス:027-223-8524
〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月01日